爆~速の公道

 さてお外は雨、そんな中、今日も真面目にこのお話を書いている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今週末に行われるF1からこんなコースのお話です。
(これ、ま~た無理やり埋めるんやろ、ミーシャ。)

XPB_820496_HiRes-941x529_convert_20170621065917.jpg

67de072e_convert_20170621065928.png

 今月はこちら。原油で世界的に有名なアゼルバイジャンのバクーにある「バクー・シティ・サーキット」(バクー市街地コース)です。近年のバクーはユーロビジョン・ソング・コンテスト2012、2015年ユーロオリンピック、サッカーのUEFA ユーロ2020などの国際的イベントの誘致に熱心な姿勢を見せています。また次の次、2018‐19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグの決勝の開催地に立候補しています。(ちなみに2017‐18シーズンはそれぞれキエフ(ウクライナ)、リヨン(フランス)で行われます。またこの開催地は9月のUEFAの理事会で決まります。)そんなカスピ海に面するバクーの新旧市街地を舞台にした左回りのコース。1周約6003mは、F1開催コースの中ではベルギーGPが行われるスパ・フランコルシャン(7004m)に次ぐ長さです。当初の予想は平均速度211km/h、最高速度340km/hを記録すると予想されたが、それよりもっと速い370km/hを叩き出しています。(ちなみに市街地コースの代名詞、モナコ、モンテカルロ市街では160km/hほどです。)本来、市街地コースではダウンフォースを稼ぐ空力セッティング(やたらとバカでかいウイング、数の多いフラップなどをハリネズミのようにおったてるなどがあります。)を施すのですが、バクーは直線区間が長いため、ドラッグを減らす妥協点を見つける必要があります。

 コースはこんなものです。
(1)セクター1(スタート〜ターン7)
直線と90度コーナーを組み合わせた典型的なストリートコース。ターン6〜7間の直線は防護壁を隔ててターン19〜20間の直線と対面走行するような格好になります。
(2)セクター2(ターン7〜ターン16)
ユネスコの世界遺産に認定されている旧市街地「イチェリ・シェヘル」の城壁の周囲を巡ります。北側のシェマハ門付近にあるターン8から11にかけてのスラロームセクションは、車1台がやっと通れるほどの狭さ(道幅7.6m)しかありません。またここは石畳なのですが、臨時にアスファルトを敷いています。(当然レースが終われば、そのアスファルトは撤去します。)ターン14から先は下り坂となり、ターン15の出口はアウト側の壁に当てがちです。
(3)セクター3(ターン16〜フィニッシュ)
海岸沿いの道 (Baku Boulevard) に沿って走る高速セクションで、約2.2kmに渡って加速区間が続きます。またこの長いストレートゆえに、トップスピードも上がるため、何と公道コースではありえね~という370km/hを叩き出しています。

 という事で今日のお話はここまで。この雨ですが、「車を洗うにはいいわね。」という事で、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、そんなとこで妙な「貧乏根性」だしてんやないんよ、ミーシャ。)

桃源郷

 さて某アイドル・グループの「放送事故」クラスの爆弾発言も、ジャニーズの独立騒ぎと学園ものシリーズに埋もれている中、最近、「キャベツの葉ダイエット」に励んでいる私。今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「(やっぱり無理だらけの)ドラえもん」、今日はそんな連中を手なづけたいと思う方も多いわけで、こんなお話です。
(これ、アンタがキャベツの葉をバリボリ食べてると、「ウサちゃん」に見えて仕方ないんよ、ミーシャ。)
(えっ、「ピーター・ラビット」だって、お姉ちゃん?)
(どこが「ピーター・ラビット」やて、アンタは「パンク」やないの!!)

momotaro-jirushi-no-kibi-dango.png

 年々小芝居が長くなるのは置いといて、今月はこちら。「桃太郎印のきびだんご」です。この団子を食べさせると、どんな動物でも瞬く間に人に懐きます。きわめて食いつきがよく、簡単に食べさせられるのも特色です。用量は1個。効果の持続時間については作中で明示されていませんが、脳の大きさが小さければ小さいほど効果は長持ちします。モチーフはおとぎ話の『桃太郎』ですが、ドラえもんは当初『桃太郎』を知らず、道具の名前を単なるブランド名のようなものと考えていました。主立った用途に「襲って来た猛獣の類に食べさせ大人しくさせる」という緊急事態のものがあるため、慌ててなかなか出せない(決しえ、別のものが出てくるわけではありません。そして時にこの道具自体は間に合わず、代替手段がとられることも多い)場面の多い道具でもあります。

 映画の中では第1作「のび太の恐竜」、第3作「のび太の大魔境」、第8作「のび太の竜の騎士」などに登場します。またこの変形で「おしり印のきびだんご」なるものがあり、第30作「ドラえもん のび太の南海大冒険」に登場します。桃太郎印のきびだんごのパッケージにある葉っぱ付きの桃の果実の絵が、ヒトのお尻の絵になっています。桃太郎印のきびだんごとは違い、動物を従わせる効果はないが、即効性の下剤であり、服用後数秒で下痢が発症します。(お食事中の方、ごめんなさい。)要はただの下剤であり、名前とイメージ絵からのネタ的な道具です。

CY-2U_8UsAA_BdU_convert_20170620070535.jpg

 という事で今日のお話はここまで。なお、お姉ちゃんがミーシャを評して「パンク」というのは漫画「パンク・ポンク」に出てくる巨大ウサギ「パンク」の事です。今日はちょっとあれこれ出ていく部分がありますが、段取りよく済ませましょ。
(こら、ミーシャ。アンタはもう、昔は私の後ろにず~っとおったけど、何がアンタをそないにさせたんかね~?)

コスメの蝶

 さて昨日は「乳の日」じゃなかった「父の日」(最近「爆乳」とか妙に乳がらみの事が出てまいりますな。)、今週末の名古屋行きの段取りを考えつつ、その内容がウルトラ強行軍なことにちと頭をひねる「貧乏根性丸出しの」私。とは言うものの、イージス艦が貨物船にぶつけられての海難事故に「ミサイルは回避できるけど、周りの船は回避できなかった」のに首をひねる今日は月曜日、プールのお話。3枠目の今週は「選手」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタはホンマに「欲張りさん」やね~、ミーシャ。)

Australian Olympic Swimming Trials Day 6 LBft9_RznFex_convert_20170619065320

 今月はこの方。男子の100mバタフライの元世界記録保持者、並びにシドニー五輪のリレーの金メダリスト、マイケル・クリム(Michael Klim オーストラリア)です。1977年8月13日、ポーランド北部、グディニャ生まれ、生後すぐにポーランドからインドに移住、ハンブルク、トロントを経て1989年に11歳でメルボルンに移住しています。(間違っても、実家が焼き肉屋の元プロ野球選手ではありません。)

 世に出たのは1995年、25mプールでの50mバタフライの国内チャンピオンになったことから始まりました。そしてその2年後の1997年、100mバタフライで世界新記録、2000年のシドニー五輪では金メダル2個、銀メダル2個を獲得、第1泳者で出場した4×100mフリーリレーではアレクサンドル・ポポフの持つ世界記録を更新しました。(リレーの場合、第1泳者に限り、そのタイムが各種記録を上回っていた場合は「新記録」として公認されます。)でもそれは「3日坊主」じゃなかった「3日天下」、3日後に再び破られてしまいました。その後は故障もあって2002~2003年は全休、その後2007年に引退下のですが、2011年、ロンドン五輪を目指して現役復帰。しかし、その夢は潰え、再びの引退となりました。

 引退後、彼が始めたのは「化粧品のブランドの立ち上げ」、オーストラリアの化粧品ブランドに「ミルク」なるブランドがあります。バリ(決して「推しメン」じゃなかった「揚げ麺」のことを指しているのではありません。)王室出身で、ナイキやアディダスなどのスポーツブランドのモデルとして活躍している妻のリンディーによって創設されたファミリーカンパニーから誕生しました。MILKというブランド名は、マイケル・クリムの KLIMを逆さまから読んだ言葉で作りました。

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと歯の痛む中ですが、今日も1日、頑張りましょ。
(これ、ちゃ~んと歯は磨いとかんといかんよ、ミーシャ。)

ミントのマント

 さてル・マン24時間も深夜に入ってきまして、今年はトヨタは勝てるのか?という中、昨日もプールで大真面目に恵まれた馬鹿力をさらけ出し、「普通の方より40㎏以上のバラスト積んでいるわけだから、負担もかかる。隣のレーンに40㎏バラスト積んでいかせたら、2度と浮上せ~へんよ。」というと、「その分、パワーが違います。」と660ccの軽自動車の直列3気筒エンジン(最高出力の上限は64psです。)と2200cc、V8ツイン・ターボ(2017年仕様で680~700ps乗るか乗らないか、2013年までの6000cc、V12は実測で900psは出ていました。)を比べて、ヒ~コラしていた「1人重量ハンデ制の」私。今日は日曜日、ミニカーのお話。3枠目の今週は「ミニカー・ブランド大図鑑」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタは昔、テニスの試合に出ることなって、その出るクラスが初心者枠やったから、先生に「市販車のレースにF1マシンを持ってくるのといっしょ」って言うとったね、ミーシャ。)

thSXJ0ALHZ.jpg

 今月はこちら。日曜日の新聞に入っていた「日曜版」、ここで「通販」の広告が入っていることが多いのですが、その中にあるペパーミントじゃなかった「フランクリン・ミント」という西側(アメリカ)のブランドがあります。よく「金貨セット」などが出てくることが多いのですが、元々は民間の「鋳造所」でした。(英語で「ミント」(mint)というと、ペパーミントの「ミント」を指しますが、辞書を引くと「鋳造所」という意味も出てきます。)1964年にアメリカ、ペンシルバニア州でジョセフ・セゲルによって設立されたアメリカのブランドです。

 のちに1980年、 ワーナー・コミュニケーションズ (西側の映画配給会社 現在タイム・ワーナーの一員です。)はフランクリンミントを約2億2500万ドル(当時の日本円に直して510億円、1米ドルは226円とお考えになると目安となるでしょう。)で購入しました。 ワーナーは1985年にフランクリン・ミントをAmerican Protection Industries Inc. (API)に16億7500万ドル(同じく約4000億円、1ドルは238円とお考えになると目安となるでしょう。)で売却しました。 しかしワーナーは、フランクリンミントが1970年代に買収した小売業者、フランクリンミントセンター(Franklin Mint Center)をAPIにリースしたイースタン・マウンテンスポーツを維持していました。 APIは1993年にロールインターナショナルに改称されました。2000年代初め、ロール・インターナショナルはフランクリンミント事業の大部分を撤回しました。 2006年8月31日、ロール・インターナショナルは、フランクリン・ミントの残りの資産を、プライベート・エクイティ投資家およびザ・モルガン・ミントを含むグループに売却しました。 Franklin MintブランドはSequential Brands Groupによって2013年11月に買い取られました。

 また、元々が「貨幣セット」からという事で、コレクター向け商品の製作・販売で世界的に有名です。ロールスロイスに代表される高級車が多く、自国の車が充実しています。クオリティーは徹底したリサーチとハンドビルドによる丁寧な作りで、他とは一線を画する緻密さでコレクターを驚かせてくれます。

 そして運命のルマン24時間、過去にはこんなこともありました。
(1)3つ星の鬼門
1955年、ピットに入ろうとした車を避けようとした車に後ろから来たメルセデスが追突、その反動でそのメルセデスは全損、そしてそのエンジン部分がスタンドへ突っ込み、死者86人、重軽傷者200人以上という大惨事をやらかしてしまいました。この事に鑑み、メルセデスは一切のレース活動を30年近く「封印」することになります。
(2)伝説の始まり
1970年代、ポルシェは917~935、そして1980年代の最強モデル、956で耐久レースの帝王の座をほしいままにしていました。1984年には、FISA(国際モータースポーツ連盟)と燃費規制の件でケンカしたために、ワークス「ポルシェ AG」はキャンセルしたものの、2軍であっさりと勝ってしまいました。
(3)史上唯一
サルト・サーキットの設備が大改装された1991年、マツダは787Bでこの24時間に挑みました。途中、メルセデスがひたひたと緻密なレース戦略で追ってくるわけですが、ここで逆にペースを上げたマツダの策にはまったメルセデスは脱落、日本車としては史上唯一の優勝を果たすことになります。
(4)悪夢の3分
2016年、TS050 HYBRIDへ変更し、ポルシェとはやや優位に立ったものの最後までつばぜり合いを繰り広げるレースを展開する。トヨタ悲願である初の総合優勝もほぼ決まりと思われていましたが、残り3分でマシントラブルによりトップを走っていた5号車がストップ。これで、ポルシェに逆転を許してしまい、トヨタとして、そして初めての「オールジャパン優勝」が露に消えてしまいました。

 ということで今日のお話はここまで。来週はちょっとドタバタすることになりそうですが、その辺は段取りよく進めましょという次第です。
(ほれ、あんましドタバタしたらいかんよ、ミーシャ。)

変えざる皿だ

 さて愛するタイガース、昨日は3代目パッチの1発で鷲を撃ち落とした裏で、昨日はお食事に行っていた私。今日は土曜日、グルメのお話。2枠目の今週は「ミーシャの変態クッキング」、今日は「野菜不足のアナタ」にこんなサラダのお話です。
(これ、アンタはちゃ~んと作れるんかな、ミーシャ?)

l_1279877446_6197.jpg

 今月はこちら。「シーザーサラダ」です。俗にユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の好物とか言われていますが、実際は何の関係もなく、1924年、アメリカ合衆国との国境に接するメキシコの町・ティフアナ (Tijuana) のレストラン、「シーザーズ・プレイス」(Caesar's Place)のオーナーであったイタリア系移民の料理人シーザー(チェーザレ)・カルディーニ(Caesar Cardini)によって調理されたのが最初です。

 レシピはこんなものです。(4人分)
レタス 8枚   8枚切り食パン 1枚
ドレッシング  ◎マヨネーズ  大さじ5  ◎粉チーズ  大さじ2  ◎オリーブオイル 大さじ2
          ◎酢またはレモン汁  大さじ2弱  黒コショウ  お好み

(1)レタスを丁寧にはがしたら、食べやすい大きさにちぎります。さっと洗い、キッチンペーパーなどで水分をしっかり吸い取ってください
(2)8枚切りパンを1センチ角に切り、トースターでかりかりになるまで焼きます。(1000Wで3分ほど)
(3)◎の調味料を混ぜてドレッシングを作ります。
(4)お皿に、レタス、クルトンを盛りドレッシングをかけ、お好みで粉チーズとコショウをかけたら出来上がり。

 なお、この「シーザー」という名前は男性の名前になることがあります。例えば…。
セサル(César)(スペイン語)   セサル・ルイス・メノッティ(サッカーのアルゼンチン代表チームの元監督、1978年の優勝はこの方でした。)など
セザール(César)(フランス語)  セザール・リッツ(スイスの実業家、ヨーロッパの名門ホテル、「リッツ」の創業者です。)など
チェーザレ (Cesare)(イタリア語) チェーザレ・フィオリオ(元フェラーリF1チーム監督)など

 という事で今日のお話はここまで。来週は「受難の」3週目、さて何を持ってこようかと悩む次第です。
(ほれ、別にアンタが何を持ってきても世間様はそんなに気にしてへんから、安心しとき、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム