東西の後

 さてややもするとややこしいお話を抱える中で、今日も真面目にお仕事していた私。今日は火曜日、プールのお話。4枠目の今週は順番入れ替わった関係の「選手」、今月はこんなお話です。
(これ、あんまし気にしたらいかんよ、ミーシャ。)

Franziska_van_Almsick_Online_Fitness_Portal_1m0nJdBb5WIl_convert_20170321195801.jpg

 今月はこの方。女子の200m自由形の元世界記録保持者、フランツィスカ・ファン・アルムジック(Franziska van Almsick)(旧東ドイツ → ドイツ)という方です。1978年4月5日、旧東ドイツ、東ベルリン生まれ、7歳で東ドイツ(当時)の名門、ディナモ・ベルリンでキャリアをスタートさせます。その後、11歳の時にジュニアの国内チャンピオンになり、統一後の1992年、14歳でバルセロナ五輪に初登場することになります。(この時に、同じ14歳の選手として岩崎恭子がいます。)そしてその2年後の1994年、ローマでの世界選手権で200m自由形で1分56秒78の世界新記録、この記録は2002年まで破られませんでした。そしてそれを破ったのも彼女自身、地元ベルリンで1分56秒64の再びの世界新記録、結局彼女は2007年にフェデリカ・ペレグリーニ(イタリア)に破られるまで、都合13年間、世界記録保持者になっていました。

 しかししかし、「天は二物を与えず」とはよく言ったもので、彼女はオリンピックの金メダルとは縁がありませんでした。オリンピックはバルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネと4度出場したものの、銀メダル4つ、銅メダル6つという結果でした。一番エグかったのは1996年のアトランタ五輪、彼女はヨーロッパ選手権2連覇中、おまけに世界記録保持者と金メダルの大本命に挙がっていました。しかし結果は2位、ここから彼女と金メダルとの「仁義なき戦い」が始まるわけです。(間違っても、カタカナ3文字の自由業の方が出てくるわけではありません。)ヨーロッパ選手権は短距離の自由形(50m、100m、200m)3冠など、金メダルに縁がないわけじゃないのに、ここまで勝てなかったのはなぜ?と思う次第です。2004年のアテネ五輪後に現役を引退し、現在は2児の母、また各種スポーツ財団の役員となっています。(ここで、自分ところの財団に友人の政治家を使って献金させたわけではありません。)

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと難儀な部分はまだまだ続きますが、そろそろ4月以降のお話も出てくる頃です。さて、どうなりますかというところも気になる次第です。
(ほれ、あんましあれこれせん方がアンタにはええと思うよ、ミーシャ。)

盛りだくさんの9年目

♪春色の車に乗~って、シャ~チに~行ってきた~の~よ~、ワインの匂いのビ~ンに~、そ~っとよ~りそうか~ら~、な~ぜ、知りあ~った日~か~ら~、9年す~ぎ~て~も~、私って、シング~ルな~の~よ~♪(松田聖子の「赤いスイートピー」のメロディでどうぞ)さて先ほど、名古屋での2泊3日の「会合」から帰ってきた私。今日は月曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、この2泊3日の「暴挙」の一部始終のお話です。
(これ、アンタの車は、どないに見たら「春色」って言えるの、ミーシャ?それに何やの、その無理やり作りました感がありありのネタは、全くもう!)

 土曜日、テニスをさっさと済ませたのですが、この際に担当はまた遅刻しまして、結局私らだけでやったわけですが、ここで超絶プレー連発、バウンド後に真横に滑るドロップ・ショット、サーブ&ボレー、とどめにはジャックナイフ・バックハンド(両手打ちの人がやる例は多いですが、片手でやるのは相当のバランス感覚を要求されます。)、ラストはサービス・エース4連発で締めまして、その後はお昼を食べて、プールに行ってました。ここでも水玉模様の水着(コンセプトは「土ワイ」です。間違っても「卑猥」ではありません。昔の「土曜ワイド劇場」のオープニングはこんな水玉模様が出てくるものでした。)で、トップスピードが上がる、上がる、そしてその後は家に戻って、車で一路、名古屋を目指して、名神高速、新名神高速をひた走り、土山(滋賀県)でおやつにして、夕方、名古屋についた後はイオン金賢姫店(金賢姫とは北朝鮮の元工作員の事です。実際にはこんな店名はありません。この場合は近くに朝鮮総連関係の施設があることから勝手につけています。)の駐車場に入れて、電車でちょっと寄り道。「6番ホーム」で大人の社会見学をして、再び、名古屋に電車で戻り、駐車場のイオンで買い物して、ホテルの部屋でワイン1本あけまして、その日は更けていくのでした。 (電車に乗らなくてもよかったんですが、最終の名古屋へ行く道が一般道のくせに時速130kmオーバーとか言うウルトラ危険ゾーンを通るため、ここだけ電車にしました。) 

 日曜日は、ちょっと遅い晩ごはんのツケが回ったものの、朝はホテルでサラサラと、その後テレビで「喝とあっぱれ」を見ていた「いつもの日曜日の朝」をやった後は、車を引き出して、ちょっと近所をウロチョロ、行った所はこんなものです。

P1020338_convert_20170320134425.jpg

P1020346_convert_20170320134445.jpg

「ETCカードの必要ない」高速道路、国道22号を30分ほど行った所にある川の向こうはもう岐阜県、愛知県一宮市にある「ツインアーチ138」です。線路からは東側に見えるものですが、ちょっと足を延ばしてみました。しかし、ここで私はちと勘違い、このタワーは展望台は回転するものと思っていたのですが、実際は自分が回るものでして、モヤのかかる中で、写真を撮っていました。(そして、この画像は私が停めた駐車場を撮ったのですが、どこに停めたかを探してください。)

 後は名古屋に戻ってお昼を食べた後は、今回の本題の「会合」。この店のオープンからもう9年が過ぎました。最初は地下でお話。ここで記念ミニカーの配布、交換会にビンゴをやったのですが、今回のものはこんなものです。

P1020347_convert_20170320134458.jpg

P1020349_convert_20170320134522.jpg

P1020348_convert_20170320134512.jpg

 配布品は「フォード・マスタング」(6代目、現行)、ある程度以上の年齢の方なら「ムスタング」と呼んでしまいがちです。その次が交換会のもの、イクソの「フェラーリ 575Mマラネロ」(1/43)、ビンゴはサンクスの「スバル BRZ」(1/64)、市販品をちょっといじったカスタム品です。2回目がホットウィールのアストンマーチン DB5でした。

 その後は地上に上がりまして、いつものお食事会、最近地下室ばかりだったので、久々のものになりました。そしてな~ぜかみんな座る位置がほぼほぼ決まっている、そしてワインその他を飲まされた(飲んだ)私は、「婚活エントリー」することになり、震える手でサインして(間違っても国会の証人喚問の宣誓書ではありません。)、その後も飲んで、騒いでのバカ騒ぎを繰り広げたわけです。最後にはチョロッと怒られる始末でして…。その後は何人かで2次会に行って、ホテルに戻ってスヤスヤとよい子は再び、眠りについたのでした。

 月曜日、後は大阪へ帰るだけですが、来た道をそのまま戻り、眠気が出そうなところを、バシバシと頬を叩きながら(誰ですか、「ビシビシとお尻を叩きながら」とか言ってるのは?)、大阪まで帰ってきました。そしてこのお話を書いています。

 今回、ご参加されました皆様にはお疲れ様でございました。また来年もあるといいなと思いつつ、反省をしている次第です。
(せやけど、よかったね。そこできっちりとやっとかんといかんよ、ミーシャ。)

ロングの夜明け

 さて今日から3連休、そして年に1度の「ちょっと短い春休み」、そのためこんな時間から起きている「早起きさんな」私。今日は土曜日、ちょっと詰めて書く都合の映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、その旅行で使うことの多い「タクシー」から、先ごろ亡くなった渡瀬恒彦にかけまして、こんなドラマのお話です。
(これ、ま~た無理やりな入り方してんやないんよ、ミーシャ。)

 渡瀬恒彦の代表作に「十津川警部」「公証人」「おみやさん」「警視庁9係」(この4月に新シリーズが始まりますが、さてどうなりますか?)などがありますが、その中でも長寿シリーズに2時間サスペンスの元祖、「土曜ワイド劇場」のド定番、「タクシードライバーの推理日誌」(1992年~2016年 ANN系列)があります。この24年の間に39作が制作されました。

 〜今日もタクシーは様々な乗客と彼らが抱える様々な事情を載せて街を走る。〜
基本的には元刑事の経歴を持つタクシードライバーの視点を通して、乗客が関わった事件(ほとんどが殺人事件)を解決していくという物。いわゆる『巻き込まれ型』の推理ドラマです。ドラマ『森村誠一のタクシー』は偶然にもこの作品と似通った部分を持ちますが(運転者の苗字が「夜明」ではなく「蛭間(ひるま)」である点など)、基本的には無関係です。

 またこの主人公のアパート「あけぼの荘」で一人暮らしをしている大同交通のタクシードライバー、夜明日出夫(渡瀬恒彦)通称「夜明さん」。警視庁捜査一課強行犯第7係(ここではまだ9係は出てきません。)の警部補だったのですが、ある事件で関わった女性の関係を週刊誌報道による濡れ衣(私もいつも悩まされています。)をかけられ、警視庁を辞職し妻(太地琴恵…声のみの出演〈第2作〉)とも離婚し、タクシードライバーとしてチェッカー無線(車両協力は同無線に所属する大同交通)に再就職しました。「刑事というのは、何事でも自分の足で現地へ運ぶもの」と、元部下に捜査の足として自らのタクシーを半ば強制的に使わせ、ちゃっかり運賃を東山刑事(風見しんご)からもらっていたりします。日頃の売り上げの低下を長距離客(これをタクシー用語で「ロング」と言います。これで高速道路なんて使ってくれたら最高です。)で取り返す事から元部下の東山と会社内の社員から「ロングの夜明」と呼ばれ、会社内外で半ば伝説のドライバーとなっています。毎回の事だが、長距離の移動を頼む乗客の背景には恵まれず、元刑事という経歴をアリバイに巧みに利用されることが多いのですが、最終的にその夜明の推理によって真相が暴かれることがパターンと化しています。ストーリー前半は自分の客は犯人ではないと神谷警部(平田満)に食って掛かるが、その主張が当たっていた事はありません。(ただし、真犯人ではなくても事件に関わっていたりします。)とはいえ1度だけ、当初から事件の関係者を疑っていました。(逆に神谷さんは否定していました。)(第34作(2013年))

 ということで今日のお話はここまで。今日はちょっとタイトなスケジュールになりますが、昼からは名古屋へ車で移動です。「ハンドルはご安全に」ということで、楽しんできましょという次第です。
(これ、みんなと仲良くね、ミーシャ。)

苦くない

 さて例の小学校認可問題、本来であればこのお話は「国有地の不当廉売問題」のはずですが、そこから出る出るの数々の疑惑、一時杉田かおるが「結婚する際、その相手はマスコミが興信所代わりに色々調べてくれる」といったことがありますが、まさにその「興信所」状態で、やらないといっていた国会の証人喚問(参考人招致とは似て非なるものです。)まで話が進んだことに、さてさてと思う「野次馬な」私。今日は金曜日、グルメのお話。3枠目の今週は「ご当地」、今週末、最終回になるNHKの再放送の大河ドラマ「武田信玄」から、こんなお話です。
(これ、アンタも色々と出てくるはずやから調べてもらうか、ミーシャ?)

1cc1ed252a2e127d5b9d57d5fd55f7c5.jpg

 今月はこちら。山梨県の名物、「アワビの煮貝」です。高級食材である鮑を貝殻を外して、丸のまま、醤油ベースの煮汁で煮浸しにした加工食品である。材料をトコブシに換えた類似品もあるのですが、こちらは単に煮貝と呼ばれます。古くからの高級名産品であり、現代においても県内スーパーマーケット・百貨店などで気軽に売ってはいるものの、値は高く(そりゃそうです、大急じゃなかったアワビですから。)一般家庭の食卓に上がることはほぼありません。結婚式などの晴れの日において出てくることが多いほか、県内外のお世話になった人への贈答品として買われることが多い食品です。

 とはいえ、元々、海のない山梨県になぜ?ということですが、駿河湾を有する駿河国(静岡県)に近く、中世後期・近世期には塩・海産物が駿河・相模国(神奈川県)方面から移入されていました。駿河・相模方面の海産物は塩漬けや醤油漬け、干物など保存加工を施された上で、主に駿州往還(河内路)や中道往還など富士山山麓の気候が冷涼な道筋を伝って移入されました。煮貝は駿河湾で獲れたアワビを加工し、醤油漬けにして木の樽に入れ、馬の背に乗せて甲斐に運んだところ、馬の体温と振動によって醤油がアワビに程良く染み込んで、甲府(甲府市)に着く頃にはちょうど良い味に仕上がったと伝えられています。 (やっぱり、お馬さんっていいもんですね~♡(水野晴郎さん風に))

 また、有名なお話「敵に塩を送る」の元にもなりました。武田信玄が嫡男の義信を粛清し、その妻を駿河、今川家へ帰したことで断交状態になり、今川家が「経済封鎖」で甲州への塩の移入を止めた際に、越後(新潟県)の上杉家にも同調することを求めたのですが、これを断ったというお話ですが、実際には「塩の出入り」というものはさほどありませんでした。上杉家は日本海にに抜ける「千曲川」「釜無川」ルートを封鎖しませんでした。 軍事的に警備はしたようですが、物資や人の往来は封鎖しませんでしたから、これを聞いた後の人々は「上杉が塩を送った」と解釈したのだと思います。

 ということで今日のお話はここまで。ちなみに「参考人招致」ですが、証人喚問との違いは出頭や証言はあくまでも「任意」である(つまり、出たくなければ出なくてもいいわけです。)、ウソ(偽証)ついても罰せられない(証人喚問でウソかますと、「偽証罪」になります。)、テレビ撮影は自由(証人喚問では原則禁止です。(議決により認められます。))などの違いがあります。それでは私も「苦い」1日にならないように、今日もドタバタしそうです。
(これ、アンタはホンマに「野次馬」なんやから、しまいにえらいことになるよ、ミーシャ。)

傾向と対策(4)

 さてそろそろ今週末の名古屋行の段取りをする中で、ホワイトデーのお返しを考えている私。中身はごくフツーのものですが、包装紙はちょっと凝ったものにしてみました。ということで今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、コート別のお話も今回が最終回、今日はこんなお話です。
(これ、アンタもそういう方面だけは凝り性なんやから、しまいに肩こりにならんようにしときや、ミーシャ。)

 世界のプロ・ツアーで最も多い大会はハード・コートの大会です。この時期、プロ・ツアーはアメリカでのハード・コートでの大会がメインになってきます。インディアンウェルズ、キー・ビスケイン(マイアミ)など、それなりの規模の大会も数多くあります。この後、ヨーロッパでのクレー、芝生シーズンを過ぎるとまた夏場から初秋にかけてはまたハード・コートの大会が続きます。今回はこのハード・コートについて語ってみたいと思います。

 いわずと知れたハード・コートとはアスファルトの上にコートの上塗り(決して、「恥の上塗り」ではありません。)を重ねたコートです。この上塗りの中身次第でボールのバウンド、速さなどはいかようにも変えられます。クレー(土)とグラス(芝)の中間に位置するコートであり、ストローカーにもネットプレイヤーにも有効なコートとされます。ただし、バウンドはどのコートよりも高く、表面が硬いため足への負担が大きいなどハード特有の効果があるのも事実です。しかし、ほぼ全選手に平等なコートという評価は一致しており、現在ではハードを制するものがテニスを制すると言っても言い過ぎではありません。クセがない上に最も多いコートなので、慣れの関係もありハードが一番得意という選手は多いんです。クレーもグラスも苦手だがハードだけは得意という選手さえいるほどです。(代表例はロディック、トッド・マーティンなどアメリカ人の選手に多い例です。)多くのクレー巧者が芝コートで勝てないのは特に問題視されないのですが、ハードコートでも勝てないのであれば実力に劣ると解釈されてしまうこともしばしばです。

 しかし、平均的なコートとはいえ、その高く弾むバウンドはハード固有の戦い方も生み出します。フォアに回り込んでの強打や上から叩きつけるショットなど攻撃的なショットの多用が可能になり、またバウンド後に大きく変化する特性を活かして、回転をかけたサーブなども有効となります。(特にスピン・サーブ(縦回転)はバウンド後にえげつなく跳ね上がります。)また上から叩くことで体重も乗る分、バウンド後にボールが伸びるということから、それに追いつく強靭な脚力が必要とされます。(この辺はダベンポート、ウィリアムズ姉妹、カプリアティなどのアメリカ人選手をイメージしてください。)

 ということで今日のお話はここまで。WBCも決勝ラウンドに進みます。その前に名古屋に行って、みんなでバカ騒ぎしてきましょということで、今週はちょっと詰めて書きますんで、読んでやってくださいまし。
(これ、浮かれてばっかりではいかんよ、ミーシャ。)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム