FC2ブログ

市販車もF1も

 さて昨日はテニスにプールに髪切りに、そしてとどめに中古車の物件を見に行って、「これ、当たりじゃない?」と思った「フィーバー」な私。なぜかというと、内装はベージュ(これは注文時に言うとかんといけません。)、外板は赤(これもメーカーオプションです。)、各種安全装備もてんこ盛り、見れば見るほど「当たり感」が強いわけですが、そんな今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、今日はこんなお話です。
(これ、「当たり」というても、事故った「当たり」がないようにね、ミーシャ。)

P1020494_convert_20191103071249.jpg

P1020495_convert_20191103071353.jpg

 F1の名門チーム、マクラーレン、過去ホンダ、プジョー、メルセデスなど各社のエンジンを使ってきましたが、現在はルノーです。(1990年代にマクラーレンは当時の最強エンジンと言われたルノーと組むことが取りざたされましたが、ルノーの「エルフ社(現 トタル)以外のガソリンを使うことは不可」という条件に対して、当時のガソリンのサプライヤーのシェルに配慮して、この話をボツにした経緯があります。)とはいえ、一番長かったのはメルセデス、1995年から2014年まで20年間、ともにF1を戦ってきたわけですが、その両者が市販車でタッグを組んだ「SLR マクラーレン」(2003年)というモデルがあります。

 メルセデス・ベンツが「SLR」という記号を世に問うのは、実は今回が初めてではありません。初代のメルセデス・ベンツ300SLでの経験と1950年代のF1マシンであるW196の技術の融合によって生み出された「300SLR」が「1950年代に最も成功をしたレーシング・モデル」として、誕生から半世紀を経た今になってもその名を世界に残しているからですが、その一方でそうした「SLR」の文字が、メルセデスとモータースポーツとの関係を語る上で忘れる事の出来ない暗い影を投げ掛けるのを知る人も多いだろう。(このお話の中でも何度か出てきますが、1955年のル・マン24時間レースでメルセデスがやらかした大クラッシュで、多数の死傷者をもたらす大惨事のことです。このためにメルセデスはモータースポーツへの参加をその後、長い期間に渡って休止せざるを得なくなりました。)そんななかで、2003年のフランクフルトショーで登場しました。

 エンジンはAMGがこの車のためだけに開発したスーパー・チャージャー付きの5400cc V8で、100km/hまでは3.8秒、これは、フロントエンジンながら、ランボルギーニ・ムルシエラゴやポルシェ・カレラGTに匹敵する値です。 でもトランスミッションは、競合車種がマニュアルヤセミAT(DCTなど)であるのに対して、メルセデスの他の車種にも搭載されている5速ATを採用している。これは競合車種よりもイージードライブが可能であることを表し、普段からSクラス向けなどで大トルクに対応するATを開発しているメルセデスならではの特徴ともいえます。(むしろ、メルセデスはトルク重視のエンジンを作る側面があります。これは比較的車体寸法が大きいモデルが多いからともいえます。)ボディは軽量化と高い剛性を満たすカーボン・コンポジットを主体としたモノコックです。また、エアブレーキ機能を採用しており、120km/h以上からのブレーキング時にリアウイングを跳ね上げることで、空気抵抗とダウンフォースを高め、車両の安定性とブレーキ性能を向上させています。

 そしてこの車のオーナーの1人が、当時のマクラーレンのチーム代表、「F1界のドリー・ファンク・ジュニア」ロン・デニスです。元々F1のメカニックだった彼は「プロジェクト4」というF2チームを率いていましたが、1980年に成績低迷のマクラーレンに対して、マールボロの意向で両者が合併、デニスは旧マクラーレンの経営陣を追い出し、自身がトップに座ることになりました。その後2017年までデニスはチームの株を保有していましたが、現在はマクラーレンからは離れています。デニスはこの車を通勤に使っていたのですが、事務所までの間に池があり、車が通ると下から橋がせり上がるというかなり凝った仕掛けがされていました。また偏屈そうに見えますが、案外人情家の一面があり、トランスポーターの運転手を採用する際、面接でデニスは「いつから来られる?」と問うたところ、そのスタッフが「週末に結婚式を挙げるので、来週からにして欲しい」と答えました。デニスは続けざま「じゃあ新婚旅行はどうするんだ?」と聞き、スタッフが「これまで失業中だったから、お金がないので行かないつもりです」と答えると、ロンは「この仕事についたら休日に家を空けることが多くなるから」と、自身のポケットマネーで週末のハネムーンをプレゼントしたtというエピソードがあります。

 ミニカーはサンクス(京商)のもの(2005年)、そして今日も出ちゃいましたゴチピタリ賞じゃなかった諸元はこちら。

車名          SLR マクラーレン

デビュー        2003年
製造          2003~2009年
全長          4656mm
全高          1261mm
全幅          1908mm
ホイール・ベース    2700mm
トレッド(前)     1638mm
    (後)     1569mm
車重          1768kg

エンジン        メルセデス M155 SLR
形式          水冷レシプロ V型8気筒 SOHC3バルブ +スーパー・チャージャー
総排気量        5439cc
ボア×ストローク    97×92.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        626馬力/6,500rpm 
最大トルク       79.5kg-m/3,250rpm  
圧縮比         9.0
燃料噴射システム    ボッシュ社製 電子制御
点火システム      ボッシュ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         メルセデス社製 前進5速 オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      ZF社製 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        カーボンファイバー・モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 ダブルウィッシュボーン式
       (後)  独立懸架 ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ        4輪ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ         (前)245/40ZR18(後)295/35ZR18
燃料タンク容量     98リットル
ボディ・スタイル    2ドア・ロードスター
乗車定員       2名

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれから実家に勤労奉仕(決して、肉体奉仕ではありません。)に行ってきます。
(ほれ、アンタが来んとパパもママも大変なんやわ、ミーシャ。)

プレミアム

 さて今日は早起きで出ていく都合があるために、この時間から文章書いている「早寝早起き」の私。そのため、昨日のラグビー、よもや、ニュージーランドが負けたというのもさっき新聞見て知ったという今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、最近、私が手を出し始めたこんなもののお話です。
(これ、アンタちゃんと寝てんかな、ミーシャ?)

 元々のメインは私の場合、京商のコンビニ・ネタでした。それが2016年いっぱいでほぼなくなり、後は「落穂ひろい」のように、あれこれとない物を作っていたわけですが、最近は「トミカ」、それも「トミカ・プレミアム」なるものがあります。その前は2001年から、2013年までタカラトミーが発売していたトミカシリーズの一つ、「トミカ・リミテッド」「トミカ・リミテッド・ヴィンテージ」という名前でしたが、現在は2015年からの新シリーズ「トミカ・プレミアム」です。

 「リミテッド」のコンセプトは、実車マニアが見ても納得できるリアリティを追求したトミカだそうです。基本的にはトミカの通常品をベースに彩色やパーツ数を増やしてリアルにした大人のトミカコレクター向け商品、リミテッドヴィンテージは、トミカで製品化されなかった旧車を64サイズで新規金型を起こしたミニカーコレクター向け商品です。お値段はリミテッドで700~800円ほど、プレミアムで900円前後、リミテッド・ヴィンテージが一番高く、2000円前後します。またこのヴィンテージには「ネオ」なるものもあり、元々のヴィンテージが1970年以前の車、ネオが1970年以降の車という位置づけになっています。また製造元の違いがあり、トミカはタカラトミー本体が、リミテッド、ヴィンテージは子会社のトミーテック(元々はトミー(タカラトミーになる前)の一部だったのですが、1996年に分離しました。鉄道模型「TOMIX」で有名です。)が製造しています。

 当然のことながら、通常のトミカよりもコストがかかっています。リミテッドは一部塗分けがあったり、ライトのレンズが別パーツだったり、その他いろいろとあるのですが、一番の違いは「ミラーのあるなし」、通常のトミカにはミラー部分の突起はありません。これは「小さい子供が遊ぶが故に、危険防止のため」という理由からです。そのため、通常のトミカでここをパテその他で後から付け足す方もいます。

 ということで今日のお話はここまで。後から手を出したために「これ、どこまで続くんでしょ?」という手探り状態になっているわけです。収集と収納をうまい事バランスを取らんといかんところですが、今日1日、きっちりと終わらせてきましょ。
(ほれ、今日も頑張りや、ミーシャ。)

感謝祭

 さて昨日は「講習会」に1日、その帰りにプールの関係者と電車で出会って、そのまま「拉致」されて一杯ひっかけた後はおうちでラグビーと野球を「ハシゴ見」していた「未成年者」の私。今日は日曜日、ミニカーのお話。3枠目の今週は「フェラーリ あるある」。今日はもうすぐ始まる、こんなお話です。
(これ、「未成年者」は飲んだらいかんのやないの、ミーシャ?)

 今日のあるあるはこちら。

「フェラーリは『ファン感謝祭』をやる」 

 日本のプロ野球は11月の末(大体「勤労感謝の日」前後の週末が多いんですが)に各チーム、「ファン感謝祭」イベントをやることが多いんですが、フェラーリも毎年10月の末から11月にかけてのどこかの週末4日間、「フィナーリ・モンディアーリ」(Finali Mondiali)というイベントをやります。今年は来週の末、10月24~27日に行います。場所はフィアットが所有する「ムジェッロ・サーキット」、ここでフェラーリ好きにとってはたまらんネタをやるわけです。(なお、開催地はムジェッロがほとんどですが、他にもモンツァや、イタリア国外のバレンシア(スペイン)、変わり種ではデイトナビーチ(アメリカ フロリダ州 2016年)、アブダビ(UAE 2014年)という例もあります。

 日本のプロ野球は「紅白戦」とかモノマネネタとかが多いのですが、この「フィナーリ・モンディアーリ」はお遊び気分は一切なし。ヨーロッパとアジア・パシフィック、北アメリカで開催されているフェラーリ・チャレンジ各選手権の最終戦と世界一決定戦、XXプログラムとF1クリエンティの公開走行が行われるほか、新型車の発表や初走行などその他にも色々なイベントが組まれます。(ちゃんと「予選」もやります。またF1は普通ならテスト用のチーム(いわゆる2軍)でやりそうですが、シーズン中にもかかわらず、世界中を転戦している1軍をフル動員しています。当然シューマッハやヴェッテル、ライコネンも登場します。)

 なお各レースやプログラムの参加者とその家族やフェラーリ・オーナーとその家族、同伴者にはパドックパスやパドックパーキングパス、ガラ・パーティーへの参加が販売、もしくは配布される他、一般のファンに対しても観戦チケットが販売され、イタリア各地のスクーデリア・フェラーリのファンクラブ会員をはじめ数万人の観客が訪れます。 またサーキット外ではガラ・パーティー(懇親会)や、意外に知られていないのですが、世界各国のフェラーリ公認オーナーズクラブの年次総会と、正規販売代理店の年次総会もこの時にここでやります。

 日本で似たようなものを探すと、毎年3月に「モータースポーツ ファン感謝デー」というものが鈴鹿サーキット(三重県)で行われますが、こてはトヨタ自動車、ホンダ、鈴鹿サーキットの3者の共催のために、まともに1者で全部やるものではありません。とはいえ、このイベントは一度、行ってみたい気はします。

 ということで今日のお話はここまで。今日はテニスに行って、タイヤを拾ってですが、その前に、お食事しましょ。
(ほれ、「皇室アルバム」始まるよ、ミーシャ。)

銀のや

 さて昨日は台風一過、丸一日、テレビを見ながら、お勉強していた私。そのテレビも台風がらみばかりで、周りはえらい事になっている今日は日曜日、ミニカーのお話。2枠目の今週は「F1」、今日はこんなお話です。
(これ、静かにはかどったんやないの、ミーシャ?)

P1020373_convert_20191013075532.jpg

 現在のF1を牛耳る「銀の矢」、メルセデスですが、その中でも「W06 ハイブリッド」(2015年)というモデルがあります。前年モデル「W05」の正常進化版として登場しました。レギュレーション変更に合わせたローノーズは、前作よりも細いシェイプになったのですが、先端に突起物を持たないシンブルな形状は維持しています。(「先端の突起」と聞いて、妙なことを妄想してはいけません。)いまや空力を優先してデザインされると言われる前後のサスペンションも前年モデルからのコンセプトを引き継いでいます。したがってW06は完全な新車というよりも、W05が成長した兄弟のようなマシンで、ノーズ以外は見分けがつきにくいほど似ています。つまり、メルセデスAMGはすでに持っている貯金で博打を打つようなギャンブルはせず、今年はその貯金を賢く使おうと考えたわけです。

 そして迎えた2015年シーズンは、ドライバー2人はそのまま続投、シーズン前から好調で、「今年も本命」感ありありでシーズンに突入しました。第2戦、マレーシアでフェラーリに星を落とした後、開発ペースを上げましてハミルトンが第6戦モナコGPから第12戦イタリアGPまで7戦連続でポールポジションを獲得するなど速さを見せました。一方で、同じ時期にチームはスタートという新たな問題を抱え、第9戦イギリスGPや第10戦ハンガリーGPなどで順位を下げるケースが目立ち、ハンガリーでははじめて2人とも表彰台を逃してしまいました。また、第13戦シンガポールGPでは突如失速したものの、その後は再び調子を取り戻してロズベルグが6戦連続でポールポジションを獲得し、5戦で1-2フィニッシュを飾って第15戦ロシアGPでコンストラクターズタイトルを、そして第16戦アメリカGPでハミルトンがドライバーズタイトル2連覇を達成、結果的には19戦中16勝、うち12回がワンツーフィニッシュで、ワンツーフィニッシュの回数は前年を上回る結果となったものの、予選での差がちょっと縮まった感があったシーズンでした。

 またこのメルセデスGPというチームはその系譜をたどっていくと、ブラウンGP → ホンダ → BAR、そしてその元々は「ティレル」にたどり着きます。現在の体制になったのは2010年からですが、メルセデス自体は3度目のF1になります。1950年代の1度目、1990年代のエンジン供給時代に続いてのF1ですが、2021年から再びマクラーレンと組む予定です。

 ミニカーはスパークのもの、最近このサイズはなかなかないものでして…。そして今日も蔵出し、諸元はこちら。

車名          W06 Hybrid

デビュー        2015年
全長          5000mm
全高           950mm
全幅          1800mm
ホイール・ベース    
トレッド(前)     
    (後)     
車重           702kg(燃料、ドライバー含む)

エンジン        メルセデス・ベンツ PU106B
形式          水冷レシプロ V型6気筒直噴 DOHC4バルブ + ターボ  
総排気量        1600cc
ボア×ストローク    
Vバンク角       90度
最大出力        600馬力以上/15,000rpm(推定)
圧縮比         
燃料噴射システム    マクラーレン・エレクトリック・システム(MES)社製 デジタル電子制御
点火システム      マクラーレン・エレクトリック・システム(MES)社製 電子制御
エネルギー回生システム モーター・ジェネレーター・ユニットによるハイブリッド・エネルギー回生。MGU-Kはクランクシャフトに、MGU-Hはターボチャージャーに接続(リチウムイオン・バッテリー使用)

燃料          ペトロナス Primax
オイル         ペトロナス Syntium & Tutela

駆動方式        後輪駆動方式
変速機         前進8速 セミ・オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      ZF社製 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        カーボン・コンポジット・モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式プッシュ・ロッド
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式プル・ロッド
ブレーキ        4輪ベンチレーテッド・ディスク(カーボン製ディスク)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ         ピレリ
ホイール        O.Z 13インチ
燃料タンク容量     

デザイナー       アルド・コスタ/パティ・ロウ/ジェフ・ウィリス
ドライバー       ルイス・ハミルトン/ニコ・ロズベルグ

 ということで今日のお話はここまで。台風一過で町内会の廃品回収を終わらせた後は車の点検その他とちょっとドタバタになりそうです。
(ほれ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

羊の皮

 さて愛するタイガース、昨日は「こりゃ負けたわ。」と思いつつ、ふたを開ければ何となんとの大逆転勝ち、そしてラグビーもまさかの3タテという中、昨日はお仕事。「ちょっといろいろ気になるんだわ」という私。今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、今日はこんなお話です。
(ほれ、することはしとかんといかんよ、ミーシャ。)

P1020492_convert_20191006074220.jpg

P1020493_convert_20191006074351.jpg

 メルセデスの中でも最も歴史のあるのはSLクラス、というのは以前にも書きましたが、そのSLの中でも2001年に登場した5代目、R230型の中に「SL55 AMG」(2002年)というモデルがあります。このモデルからスチール製の折りたたみ式トップ(「バリオルーフ」と言います。電動格納式のものです。)を備え、初代モデルが築いた伝統を想わせる優れたスポーツ性能を実現していました。また「痒い所に手が届く」、ルーフがトランクに収納されている状態でも荷物を出し入れしやすいよう、トランク内のボタンを押すと折り畳まれたルーフが浮き上がるようになっています。(日本車ではなかなかこんな装備はありません。)

 またこの車は2001年、2002年にF1のセーフティカーに指名されました。そのため2004年にそのセーフティカーの技術をフィードバックした「パフォーマンス・パッケージ」が追加されました。その後、2006年にエンジン出力の向上などのマイナーチェンジを経て。2008年に「SL65」に置き換わるまで、製造されました。

 F1のセーフティカーは1992年にレギュレーションで規定され、1993年に初めて登場しましたが、当時、セーフティカーは各サーキットが用意していたものを使用していました。しかし、サーキットによって保有する車両の性能がまちまちであるため、セーフティカーの性能が低い場合に、後続のF1マシンに乗るドライバーは遅いセーフティカーのペースに付き合わされることで、タイヤの温度低下を少なく保つことに苦労するなどの問題が生じました。(現在では、多くのカテゴリにおいて「レースで走っているフォーミュラカーよりセーフティカーのほうが速い」ということが珍しくない状況となっています。事実、2010年のF1日本GPでは大雨のために土曜日の予定がすべてキャンセルされた際、一部のドライバーから「この雨の中で来ていただいた観客のために、「セーフティカーでタイムアタックでもやろうか?」という声も上がりました。)

 そうしたセーフティカーに関わる種々の問題に頭を悩ませていた主催者の国際自動車連盟(FIA)に対して、セーフティカー車両のテレビへの露出度の高さに着目したメルセデス・ベンツは、FIAに対してセーフティカーの供給を申し出ました。これにより1996年以降、AMG製の車両が整備費用などの維持費も含めてタダ(俗に「タダほど高いものはない」とは言われますな。)で提供され、公式セーフティカーとしてF1で利用されるようになりました。ドライバーは1999年までは1995年のイギリスF3チャンピオンのオリバー・ギャビン、2000年以降はDTM,ニュルブルグリンク24時間などでこの手の車に乗っていたベルント・マイレンダーが務めています。なお、同じ名前の市販車とは、外観は同じでも中身は基本的に別物です。特に、バリオルーフ採用モデル(SL、SLK)は開閉ユニットを外し、固定ルーフとしているため、車体構造から根本的に異なります。ただし、AMGはセーフティカーと同一性能の車両の販売も特注という形でEU(欧州連合)域内に限り、受け付けています。

 ミニカーはサンクスのもの(2005年)、そして今日も出るのよ、諸元はこちら。

車名          SL55 AMG

デビュー        2002年
製造          2002~2008年
全長          4535mm
全高          1295mm
全幅          1830mm
ホイール・ベース    2560mm
トレッド(前)     1570mm
    (後)     1550mm
車重          1970kg

エンジン        メルセデス 113M55
形式          水冷レシプロ V型8気筒 SOHC3バルブ +スーパー・チャージャー
総排気量        5438cc
ボア×ストローク    97×92.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        500馬力/6,100rpm 
最大トルク       71.4kg-m/4,000rpm  
圧縮比         9.0
燃料噴射システム    ボッシュ社製 電子制御
点火システム      ボッシュ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         メルセデス社製 前進5速 オートマチック縦置き(+後退1速)
差動システム      ZF社製 リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        スチール・モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 ダブルウィッシュボーン式
       (後)  独立懸架 マルチリンク式
ブレーキ        4輪ベンチレーテッド・ディスク
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ         (前)255/40ZR18(後)285/35ZR18
燃料タンク容量     80リットル
ボディ・スタイル    2ドア・ロードスター
乗車定員       2名

 ということで今日のお話はここまで。今日も「皇室アルバム」はお休み、ちょっとテニスに行ってきましょ。
(これ、な~んか車のお話よりも別の文章の方が長いんやないの、ミーシャ?)
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム