時は金なり

 さて愛するタイガース、レギュラー二塁手2人の離脱でチトえらいことになりつつある中、再び後退の昨日、そしてこの山の中でひたすらブドウの道をひた走る「こびっと」な私。今日は火曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、今年度のコンセプト、メカのネタから梯子が出てきた今月はこんなお話です。
(これ、それは「メカの素」、ヤッターマンのネタでしょ、ミーシャ?まったくもう、ボケがひどいんやから!)

 ボンドの3種の神器、「車」(ボンドカー)『酒』(ドライ・マティーニ)、そして「銃」(ワルサー)ですが、それ以外にもよく出てくるものに「時計」があります。やれガイガー・カウンターになり、強力磁石になり、ベッドで寝てるあなたを叩き起こすメッセージが出てきたり、レーザー・トーチになったりと色々なものになります。今までで3社の製品を採用しています。(とはいえ、裏のお話をすると、実は積んだ札束の数で決まっていたという説も…。)

ga001-rolex-sean-connery.jpg

(1)サブマリーナ(ロレックス)
第1作『ドクター・ノオ』からしばらく採用されています。一番有名なのは、第3作『ゴールドフィンガー』でウェットスーツを脱いで白いタキシードになりパーティ会場に潜入。一服しようとライターを取り出し、その火で時刻(爆破時刻)を確認、そしてドカーンと大爆発!するくだりです。他にも第8作『死ぬのは奴らだ』で超強力磁石として機能し、この機能を作動させると文字盤のインデックス部分が赤に切り替わる。このすぐ後でも、お約束の「実地研修」、ボンドは女性の服のファスナーをこの時計で引きつけて下ろしています。ただ、結構遠くのものでも引き寄せられるということは、近くの鉄製品全てが自分に向かって飛んでくるわけだから危険極まりないんじゃない?と思うんですが。またこの作品では「のこぎり」機能も出てきます。

img6d3dc911zikczj.jpg

(2)デジボーグ(セイコー)
第13作『オクトパシー』で採用。そのしばらく前、第10作「私を愛したスパイ」からセイコーを採用していたムーア・ボンドですが、ここでは序盤の物語の鍵となる卵型の宝飾品、ファベルジュエッグの場所を突き止めるのに、ボンドの時計(デジボーグのほう)が登場します。卵に仕込んだ発信機に反応するようになっており、液晶がいい感じで探知機のような雰囲気をかもし出しています。その前にもベッドで寝ているあなたを叩き起こしたり(第10作「私を愛したスパイ」)、救急車の走る沿道の広告の看板に出ていたりします。(第11作「ムーンレイカー」)

suisho_o-30.jpg

(3)シーマスター(オメガ)
第17作『ゴールデンアイ』から採用。最近のボンドはこれです。ピアース・ブロスナンもダニエル・クレイグもこれでもかとばかりにCMに登場しています。また・X線映像がオープニング・ロールに登場しています。(第18作『トゥモロー・ネバー・ダイ』)使用例としては、レーザー・トーチ(ゴールデンアイ)、非常灯(ワールド・イズ・ノット・イナフ)、起爆装置(ダイ・アナザー・デイ)などなどがあります。そして極めつけはセリフの中でも…。

ヴェスパー「former SAS types with easy smiles and expensive watches」
(笑顔と高級時計を身に付けた元特殊部隊員?)
 「-Rolex?」(ロレックス?)
ボンド「Omega」(オメガだ)
ヴェスパー「Beautiful」(ステキ)

何のことかというと、このセリフは第21作『カジノ・ロワイヤル』、ボンドとヴェスパーがモンテネグロのカジノに向かう列車の中で食事をしているくだりで出てきます。とはいえこのくだり、ちょっと不自然に思えてしまうくらい露骨に主人公にブランド名を言わせています。それもライバルであるロレックスの名前を引き合いに出して。本作には特殊機能のある時計が出なかったためこのような露出方法となったのだろうが単に時刻を確認する時に文字盤を大写しにしてあげるだけでいいんじゃない?と思ってしまうんですが…。

 最近では当たり前となった“タイアップ”(プロダクト・プレイスメント)ですが、世界規模のスクリーンの中に商品を映すというやり方は、ボンド映画が元祖とも言えます。(以前のお話「買うのは別の日」を参照) まして世界各地でロケを行うボンド映画はその制作費もハンパではないためこうしてタイアップにより資金を調達することは非常に重要であるわけです。

 ということで今日のお話はここまで。今年はちょっと遅いお休みの関係で、後しばらくはこの山の上から文章を書くことになります。私もそろそろブドウから抜け出さんとと思う次第です。
(ほれ、みんなも言うとったよ。「ミーシャに押しつぶされそうなんだ…。」ってさぁ)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム