生まれた場所

 このお話を読んでもらっているお兄さん、お姉さんのみなさん、おはようございます。ボク、最近、お休みのブランコです。この間、階段でコケてということで、みんなと遊べなくてねぇということですが、もうそろそろ戻って来るんで、楽しみにしていてねということで、ミーシャが書くお話を読んであげてね~。

 さて愛するタイガース、昨日もキヨシを撃沈で浅井先生が最近テレビに出なくなった(注釈)ために、この「確変状態はいつまで続くの?」と思う私。今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目のお話は「考察」、今月は「製造場所」のお話です。
(そうそう、関口宏があの先生をイジり倒すんが私も楽しみなんやけどね。)

 昔々、ある所におじいさんとおばあさんがいましたということではなく、ミニカーの製造はほとんど日本でした。(トミカもダイヤペットも大森屋も)とはいえ、製造コストの上昇により、国外に移転する例が増えてきました。例えば、こんな所…。
(1)香港    一時は「香港トミカ」とかいうことで結構話題になったところ、比較的人件費は安い事は安かったのですが…。
(2)台湾    パソコン、テニスラケットなどの製造で使う例が多い(エイサーなど)所ですが、ここも結構製造レベルは高いものの、それに比例してコストも上がっています。
(3)中国    今や、世界の工場ともいうべきこの地、およそ何でもという例がありますが、1994年からトミカの製造はここです。またコンビニの京商ミニカーもここ(広東省深セン)で作られています。また最初にここで製造を行ったのは「ミニチャンプス」(ドイツ)です。
(4)ベトナム  2008年からトミカの製造が移ったこの地、この間の「シルシルミチル」でもリカちゃんが解説していましたが、次の「世界の工場」の座を射止められるか?はまだ未定です。(現在、人件費は中国の約6割と言われています。)
(5)イタリア  フェラーリの御用達ミニカー「BBR」、マスプロではなくハンドメイドの超高級品を製造するメーカーですが、この製品はすべてイタリアで行っています。
(6)ドイツ(西ドイツ) メルクリン、初期のシュコーなどがそうですが、鉄道模型などで結構有名です。ちなみにアディダスの名品「コパ・ムンディアル」(サッカーのスパイク)は今もドイツの工場で製造されています。またメルクリンは世界中にコレクターがおり、ロッド・スチュワートやアメリカのロナルド・レーガン元大統領も愛好者だったとされています。元F1ドライバー、リカルド・パトレーゼは自宅に膨大なコレクションを保有しており、世界でも屈指のコレクターとして知られています。(また、ミーシャが「鉄道模型が欲しい」と言って「まだ早すぎる」と却下された時、その時に欲しいといったブランドは「トミックス」ではなく、メルクリンと言って、ビックリされたことがあります。)

 ということで今日のお話はここまで。今日も「生まれた場所」はどこでしょうということで、ゴールデンウィークをどう過ごすかを考える次第です。
(これ、アンタが「鉄道模型が欲しい!」言うてパパに却下されたのは知ってるけど、アンタそんなブランドなんて知ってた?従兄弟のお兄ちゃんとこの影響なんはようわかるんやけどね、ミーシャ。)

(注釈)浅井先生が最近テレビに出なくなった  浅井信雄(元大学教授、現在はジャーナリスト)先生のことですが、この方は自他共に認める横浜DeNAベイスターズの熱狂的ファン。日曜日の鉄板、関口宏のサンデーモーニング(TBS系列)のゲスト・コメンテーターとしてたまに出てきますが、名物「週刊ご意見番」(喝とあっぱれ)で関口宏からベイスターズの好不調について一言コメントを求められるのが恒例となっています。またその熱狂的ファンぶりに「ベイスターズのフロント入りでもしたら?」と大沢親分に勧められたほどです。最近、それがなくてということです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム