龍の新居

 このお話を読んでもらっているお兄さん、お姉さんのみなさん、おはようございます。ボク、昨日逆転グランドスラムのブランコです。昨日から新学期ということで、いや~、あのノッポちゃんのあま~く入ってきた球を打ったら入っちゃったということで、これからミーシャが書くお話を読んであげてください。

 さて愛するタイガース、昨日はそのブランコにバック・スクリーンへグランドスラムを叩きこまれて、逆転負け、最後に追い詰めたもののということでちと寝起きの悪い私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、そのブランコからこんな球場のお話です。
(これ、ま~た無理やりにネタ組むんやから、ミーシャ。)

060502_6.jpg

29名古屋ドーム

 今月はこちら。現在の中日ドラゴンズの本拠、名古屋市東区にある「ナゴヤドーム」です。収容人員4万人、1997年開場のこのドーム球場です。1994年8月8日より、三菱重工業名古屋工場の跡地で建設を着工(8月23日に起工)。1997年2月18日に完工し、同年3月12日に、同市中川区露橋にあるナゴヤ球場(旧:中日スタヂアム/中日球場)に代わる中日ドラゴンズの本拠地として開場しました。球場名はナゴヤ球場の表記に倣いカタカナの「ナゴヤドーム」となりました。プロ野球以外では高校野球や、大規模室内コンサート・イベント会場として使用されています。

 両翼100m、中堅122m、左右中間116mと、日本国内で近年に建設されている球場としては一般的な大きさです。他のセ・リーグの本拠地球場に比べ、その広さと外野フェンスの高さによってホームランが出にくく投手が有利な球場となっており、ここをホームグラウンドとしている中日ドラゴンズはこのドームに移転したのちは投手力を前面に出したチーム編成としています。ファウルグラウンドは円形球場としては標準的な広さですが、スタンドの設計の都合による弓形の出っ張りが特徴となっています。

 内外野ともに三層式であるが、外野が二層以上の球場は同じ時期に開場の京セラドーム大阪に次いで日本では初であった。下段席は1 - 3階、中段席は4階、上段席は5階に当たる。中段席は「プライム・シート」と呼ばれ、他とは違ったシートが設置されています。また、各種イベントに使えるように一部のスタンドは可動式になっています。

 ただ東京ドームなどに比べればやはり全般的にスタンドが高すぎると指摘されており、落下の危険性の他、自分の席に近い塀際が見えず、バックネットに近い内野席ではホームベースが、一塁(三塁)側内野席の一部では一塁(三塁)が見えにくいという意見も多いんです。屋根は三角形の骨組み(一辺の長さ:10m、個数:792個)を格子状(ラチス)・単層に組み合わせた「単層ラチスドーム構造」です。ジオデシック・ドームの一種。高さは最高部で60m強であり他のドームと同じ位ですが、傾斜が緩やかなため打球を天井に当てた打者は3人ほどしかいません。その一人がお話のト二・ブランコです。打球が天井に当たった場合は基本的にボール・イン・プレイ(プレーは中断しません。落ちてきたボールを直接取れば、バッターは「アウト」になります。)ですが、サブ・クラスター(スピーカー)のうち外野側の9ヶ所のものに当たった場合のみ認定ホームランとなっています。2009年5月7日の中日対広島6回戦では、中日のトニ・ブランコが打った推定飛距離は160mの打球がレフト側にあるサブ・クラスターを直撃し、ドーム初の認定ホームランとなりました。

24-3-220nagoyadome.jpg

 そしてこの球場の2階、1番ゲートにある総合案内所の近所の壁にはこんなレリーフがはめ込まれています。何と書いてあるかはこちら。

「平和への礎となられた人々を忘れません

 ナゴヤドームが建つこの地は、かつて三菱重工業名古屋発動機製作所大幸工場があり、第二次世界大戦下の1944年(昭和19年)12月13日に米空軍B29爆撃機70機の空襲を受け、工場で働く人たち、挺身隊の女性たち、学徒動員の生徒ら300余人の尊い命が奪われました。

 この大戦では、名古屋軍(現中日ドラゴンズ)石丸進一投手(当時24歳)も特攻隊員として出撃、野球への熱い想いを胸に抱いたまま空の彼方へ消えていきました。

 私たちは今日、平和への礎となられた人々を決して忘れず、野球やコンサートなどを通して感動を味わうことができることに深く感謝し、ここにご冥福をお祈りいたします。

 2004年4月2日    株式会社 ナゴヤドーム」

 元々この場所は三菱重工業 大幸工場という巨大な工場でして、第2次大戦中は「ゼロ戦」を製造していました。現在もその名残で三菱重工業の宇宙工学部門はここからちょっと行った愛知県小牧市にあります。そのため、第2次大戦中の空襲により多数の死傷者が出てしまいました。(ちなみに「厚生年金保険」の制度はこの時期に登場しました。)その際に名古屋城その他も炎上、市内は焼け野原となってしまったため、現在の市街地は戦後、その更地の上に作られたものです。

 ということで今日のお話はここまで。今日はちょっとゆっくりのお仕事です。とはいえ、転勤してきてまだ結果がないというのは焦る所でして…。今日も一日、がんばりましょという次第です。
(これ、あんまし無理したらいかんよ、ミーシャ。)

 



 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム