おひ「な」さま

 さてもう3月の半ば、昨日の夕方、下校途中の小学生が持って帰るものを持っていたその量に「もう年度末ですね…。」と思う私。(誰ですか?言葉巧みに近寄って手を出したんだろとか言ってるのは?)今日は土曜日、グルメのお話。2枠目の今週は「間違いだらけの変態クッキング」、今月はこんなお話です。
(これ、ミーシャ。今日日そんなんやったら、お巡りさん飛んで来とってやからね。せやけど、困ってる人がいてはったら助けてあげんといかんよ。)

sushi-4219c.jpg

 今月はこちら。3月ということで「ちらし寿司」です。ちらし寿司(散らしずし)は、器に入れた寿司飯(酢飯)の上に具を散らせて作る寿司の一種でして、「ちらし寿司」の語源は、寿司飯(酢飯)の上に様々な具を「散らし(ちらし)」て作る事であり、単に「ちらし」と呼ばれる事もあります。添えられる汁物は通常は吸い物ですが、味噌汁の場合もあります。雛祭りなど、祝い事の際に食べられる事も多いものです。

レシピはこちら。(4人分)

ご飯  2合  いくら  1パック 絹さや  1パック 干し椎茸  3個  エビ 8尾
かんぴょう  25g位 錦糸卵  1袋(市販) 人参  3分の1本 蓮根 1/2本 菜の花

(寿司酢):酢 50cc  砂糖  大さじ2 塩  小さじ1
(合わせだし):だし汁 100ml 椎茸のもどし汁  100ml 砂糖  大さじ2
        みりん  大さじ2 醤油  大さじ2

(1)米を炊く。絹さやは筋をとって塩茹でし水気をとります。干し椎茸は湯で戻し、軸を取って薄切り。(戻し汁はとっておきましょう)人参は、皮をむいてせん切りにします。エビは軽く塩ゆでしておきます。

(2)かんぴょうは洗って塩揉みし、鍋にたっぷりの水を入れて中火で7~8分煮る。再度水洗いして水気を切り、5㎜幅に切る。

(3)(2)を鍋に入れ、しいたけ・かんぴょうも加え、落とし蓋をして10分煮る。そこに人参も加えて、煮汁がほとんどなくなるまで煮て、冷ましておく。

(4)炊きあがったご飯にあわせおいた寿司酢を、2回に分けてまわしかけ、ごはんをほぐしからめるように混ぜる。

(5)寿司飯が人肌くらいまで冷めたら、しいたけ・かんぴょう・錦糸卵・絹さや・エビ、蓮根、菜の花等を載せて頂く。

 ということで今日のお話はここまで。そろそろウチとこも朝ごはんのお時間です。今日もガブリと『いただきま~す!』ということでオチのないお話ですが、来週が一番受難の3週目になります。それに向けてネタを探す日々です。
(そないにしたんは、アンタ自身なんやけどね、ミーシャ!)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム