影のとれた貴方

 さて昨日はとりあえず、お仕事を何とかした後で、プールに行って足をつった「大撃沈の」私。その後は話題の「明日ママ」を見ていました。今日は木曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今月はこんなあなたの登場です。
(で、結局ポストは帰ってきたんでしょ、ミーシャ?)

sw.jpg

 今月はこの方。今年のオーストラリアン・オープンの優勝者、スタミナ不足じゃなかったスタニスラス・ワウリンカ(Stanislas Wawrinka)(スイス)という選手です。1985年3月28日、スイス・ローザンヌ生まれの右利き、バックハンド片手打ち、そのバックハンドはかなりきれいな選手です。

 ワウリンカは農場で働くドイツ人の父とスイス人の母の間に、4人兄妹の次男として生まれた。後に同じくプロテニス選手となる兄ジョナサンの手ほどきにより、8歳からテニスを始めます。ジュニア時代には2003年の全仏オープン男子シングルスジュニア部門(18歳以下)で優勝するなど、早くから期待の若手として知られていました。同年にプロ入り。そして2006年7月にクロアチア・オープンでプロ初優勝を果たした後、2010年のカサブランカでの2勝目までしばらく足踏みが続きました。その間にはロジャー・フェデラーと組んだダブルスで2008年の北京五輪での金メダルがあります。

 そんな彼にも運が向いてきました。2013年、年明けのオーストラリアでノヴァク・ジョコヴィッチ相手にフルセット、5時間越えの試合を演じ、全米オープン、年間最終戦ではともにベスト4とそろそろ調子が上がってきました。そして迎えた今年のオーストラリアン・オープン、第8シードで勝ち上がり、準々決勝で第2シードのノバク・ジョコビッチ、準決勝で第7シードのトマーシュ・ベルディハを破り、グランドスラム初の決勝進出を果たしますす。 決勝では、第1シードのラファエル・ナダルと対戦。序盤から攻撃的なテニスを展開し、グランドスラム初優勝を果たしました。これにより、大会後のランキングでは自己最高の3位となり、長年スイス国内ランキング1位であったフェデラーを抜きましした。また4大大会において、第1シードと第2シードの2選手に勝利しての優勝は1993年全仏オープンのセルジ・ブルゲラ以来の快挙でした。(この時も同じく準々決勝で第1シードのサンプラス、決勝で第2シードのクーリエに勝っています。)

 ということで今日のお話はここまで。そろそろ来週の会合に持っていく物の仕上げをしとかんといかん中ですが、さっさと終わらせる部分を終わらせましょという中、今日は雨の一日、無理のないようにという次第です。
(雨の日は気を付けるんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム