オープンになった仔馬

 さて昨日は雨、でもテニスをやって、相手にラケットを向けて「どっちか選んで。」という意図を読めなかったオネエちゃんにちと首を捻り、情け容赦なしに叩き潰してきた「ヒールな」私。今日は日曜日、ミニカーのお話。またもや元に戻りまして、1枠目の今週は「市販車」、先月のバリエーションのモデルの話です。
(これ、アンタの雰囲気に呑まれてしもうてんやないの、全くもう、そんなビビらすことば~っかりやってるから「人様が寄り付かへん」のよ、ミーシャ。)

P1010351_convert_20140302063902.jpg

P1010352_convert_20140302063926.jpg

 今月はこちら。先月の「348GTB」のオープン・モデル、「348スパイダー」です。実際はこっちの方が2か月早いのですが、1993年3月のロサンゼルス・オートショーで公開されました。なぜロサンゼルスかと言うとロサンゼルスの郊外には「高級住宅地の代名詞」雲雀ヶ丘じゃなかったビバリーヒルズがあることから、ここでの公開となりました。(ちなみに雲雀ヶ丘とはミーシャのおうちからちょっといった兵庫県宝塚市にある高級住宅地のことです。)

 348スパイダーは、スチールとアルミニウム製ボディからなり、キャンバス製ソフトトップは、徹底した風洞実験の成果により、この車輌のボディラインに見事に融和したものとなっています。それは、居住性にも燃料タンクの要領にも影響を与えることなく、シート背後のスペースに折り畳んで収納することができるようになっています。また最大限に心地よくデザインされたインテリアとドライバー・ポジションは、スポーティな仕上がりとなっています。シートとトリムはコノリー・レザー製です。(現在はコノリー社自体が、もうありません。)

 348スパイダーは、エンジンとサスペンション・アッセンブリーを搭載するためのチューブラー式リア・サブフレームを備えています。サスペンションは前後で非等長の独立式ウィッシュボーン。ガス封入式のテレスコピック・ダンパーとコイル・スプリング、スタビライザー・バーを備えています。ステアリングはラック&ピニオン式。ディスク・ブレーキはATEアンチスキッド機構を備えたセルフ冷却式となっています。 外観上の識別点は前後バンパー下部とサイドシル下部がボディ同色に変更されたこと、リップスポイラーが装着されたこと、前後グリルにクローム素材のカヴァッリーノ・ランパンテ(跳ね馬エンブレム)が装着されたこと、フロントグリルが淵付きの物になり縦の格子が9本(348tb/tsは5本。)になったこと、エンジンフードの色が赤になり(348tb/tsは黒。)形状も若干変更されました。内装はドアのデザインの違いとセンターコンソール、シートなどに違いがみられます。

 ミニカーはサンクスのフェラーリ(5)(2007年)から、そして皆さんお待ちかねの「諸元」はこちら。

車名          348 スパイダー  

デビュー        1993年
製造          1993年~95年
全長          4230mm
全高          1170mm
全幅          1894mm
ホイール・ベース    2450mm
トレッド(前)     1500mm
    (後)     1580mm
車重          1487kg

エンジン        フェラーリ ティーポF119H
形式          水冷レシプロ V型8気筒 DOHC4バルブ
総排気量        3405cc
ボア×ストローク    Φ85×75.0(mm)
Vバンク角       90度
最大出力        320馬力/7,200rpm
最大トルク       33.0kg-m/5,000rpm
圧縮比         10.8
燃料噴射システム    ボッシュ社製 モトロニックM2.7 電子制御
点火システム      マニュエッティ・マレッリ社製 電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(MR)
変速機         前進5速 マニュアル横置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管スペース・フレーム
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式 
       (後)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
       (後)  ベンチレーテッド・ディスク(+ABS)
ステアリング      ラック・アンド・ピニオン
タイヤ+ホイール(前) 7.5J×17+215/50ZR17
        (後) 9.0J×17+255/45ZR17
燃料タンク容量     95リットル

ボディ・スタイル    2ドア・スパイダー
乗車定員        2名

 というう事で今日のお話はここまで。今日はこれからカレー鍋に火を入れて、今月末に持っていく物のデカール貼りです。古いもの故にさてどうなるか?結構時間がかかる中で「××××!!」(決して「放送禁止用語」ではありません。)と言わないようにということで、今日もドタバタとしそうです。
(これ、アンタは何でそう、トチ狂ったことば~っかりやの、ミーシャ?)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム