登って、下って

 さて休みと休みの間の月曜日、得てして『ダレやすい』日になりがちな中、今日も真面目に生活していた私。今日は月曜日、プールのお話。2枠目の今週も「馬性に問題のあるが故に、罵声を喰らう」この馬の調教日記、今週はこんなお話です。
(これ、そのやたらと「同音異義語」を並べて、知性をひけらかし倒す「自意識過剰」はどないかならんの、ミーシャ?)

 水泳の練習に「ピラミッド」なるものがあります。泳ぐ距離を決めておき、最初は短距離を複数回から始めて中間で決めた距離を一本で泳ぐ。その後また本数を増やしていく練習メニューです。スピードとスタミナの両方を要求されるため、ちょっと内容の濃いものになります。

例)400mピラミッド
50×8→100×4→200×2→400×1→200×2→100×4→50×8 
(時間は50m/1’00”とやる例が多いんですが。)

また先に長い距離からスタートする逆ピラミッドや片道(上り、または下り)のみを行なう練習もあります。あるいは途中で伸ばして、縮めてを繰り返すパターン(これをウチらの間では「マウンテン」と言っていました。)など色々な変形がありますが、総じて言えるのは「押し並べて、結構きつい練習です。」と言えるものです。

 そして持ってきたのはこんなものでした。
50+100+150+200+150+100+50
(50m/1’00”という計算です。つまり100mなら2’00”、200mなら4’00”となります。)

 まあ本物のピラミッドに比べたら知れたものですが、この馬は最初の1本目、左足をつりかけた、そのためある程度壁を蹴る力(ここがホントの「馬力」ですな。)も抑え目でした。あとはその足の異常をボロが出ないように(これがホントの「馬脚」ですな。)して、手と足がバラバラながらも何とかその『身体能力』で無理やり収めた中身でした。

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと最近、またもやうまくいっていないお仕事を含めて「さて、どうしましょう?」と悩む次第です。
(ほいで、「馬力」と「馬脚」の次は「馬鹿」とかいうオチでまた終わるんやろ、ミーシャ。全くもう、ウケへんネタば~っかり使い倒すんやから、この大バカ者!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム