マニアの糸

 さて今日はお休み、そしてとっても寒い朝、でもミーシャはみんなを起こして、このお話を書いています。今日は木曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「道具」、ちょっとマニアなこんなストリング・ブランドのお話です。
(アンタがマニアなんは今に始まったことやないんやわ、ミーシャ。)

brand_15.jpg

 今月はこちら。オーストリアのストリング・ブランド、イソスポーツ(iSO-SPEED)社は、オーストリアの大手化学製品メーカーのスポーツ部門商品の製造を担当する会社でスキー・スノーボードのソールメーカーとしても有名。その他、高級ドイツ車用プラスティック成型品の製造もおこなっています。

 イソスピード・ストリングスの最大の特徴は、ポリエステル製では唯一のマルチフィラメント・ストリングス(芯糸が複数あるもの、これによって柔らかい打ち味になります。ただし伸びやすくなります。)であること。これにより、シンセティックの中では最もナチュラルガットに近い反応をするガットに仕上がっています。テンションの強さ、引っ張り時間の長さによる性能の低下が見られず、かつナチュラルガットよりも耐久性があるという、テニスプレーヤーにとって理想のストリングスです。

ここの3大テクノロジーがこちら。

【iSO SPEED Tecnology】
●プレストレッチ
ストリング製造直後に張力をかけて一旦ストリンギングされた様な力を加えるものです。
これにより実際にラケットに張り上げた時や時間経過後のテンションロスをミニマイズします。
(これは他のストリングでもやる事があります。(特にナチュラル)また、途中で一方が手を放してはいけないわけではありません。)
●パワーリボン
ポリプロフィレンとポリアミドで作られた極薄フラットテープ状の素材を複数層に重ねマルチフィラメントにした構造を言います。 この構造は、そのナチュラルガットに似た構造によりマイルドな打感と衝撃吸収性をストリングにもたらします。 (ナチュラル・ストリングはこの方法とほぼ同じ製法を取ります。)

●マルチプルヒーティング
製造過程でストリングに複数回の熱を加えるもので、素材の密度などを統一化し製品のばらつきを抑えるものです。
これにより、ストリングはストレスから開放され製品の均一化がもたらされます。

●リキッドワックス
ストリング表面にリキッドワックス加工を施すもので、ストレスの無いスムースなストリンギングを実現します。 また、ノッチング(糸の摩擦でくぼみができること、ここから切れることは多いものです。)もミニマイズしプレー時にストリング性能そのものを維持・発揮する事ができます。(一部のポリエステル・ストリングは糸を通す際に「カリカリ」と妙~に気になるイヤ~な音が出ることも)

 使っていた選手は代表例ではトーマス・ムスター(オーストリア)、その他結構「シバキ倒す」選手が使うイメージがあります。ということで今日のお話はここまで。そろそろこのお話も修正しとかんといかんかなと思う中、今日、明日はお休みでして、色々とやっとかんといかん次第です。

 そして全然関係ないお話ですが、今年から私が使用するラケットはこちら。

P1010957_convert_20140206071952.jpg

(11)プロスタッフ 90(ウィルソン)(2014-)
フェイス面積、ウエイト、バランス、フレーム厚といったスペックは先代からまったく変わらず、素材にケブラー(R)を新たに加えたこと。防弾チョッキにも使われるぐらい振動吸収性が高いケブラーは初代プロスタッフ・ミッドの時から採用され、それが「独特の持ちがある」「打球感が柔らかいのにしっかりしている」といった"プロスタッフ独特の打球感"という評価となってきていました。しかし、5代目のBLXテクノロジー(2010年)で新素材のバサルト・ファイバーを採用。インパクト時の情報がより鮮明に使い手に伝わってくるモデルとなったが、ケブラーの持つ粘り感がなくなったため『プロスタッフ独特の打球感』という意味では持ち味が少し薄れたことも否めませんでした。そこで"原点回帰"という意味もこめて、ケブラーを加えた素材をもう一回復活。『プロスタッフならではの打球感』を復活させることに成功しました。

素材 グラファイト、カロファイト・ブラック、バサルト・ファイバー、ケブラー フェース・サイズ 90平方インチ
フレーム厚 17mm 重量 355g ストリング・パターン 16×19
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム