最強の女

 さて何やらこの週末はお仕事になりそうな中、それに向けて段取りその他を調整している「テキパキの」私。今日は火曜日、映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、今年1年の年度の終わりはこの方ですというこんな女性のお話です。
(ほいで、今度は誰を呼び出したんよ、ミーシャ。)

 ボンドの3種の神器、「酒」(ドライ・マティーニ)、「銃」(ワルサー)、そして『女性』(ボンド・ガール)の3つですが、この中でもお約束のように毎回毎回手の込んだ仕掛けで登場するボンド・ガール、基本的には1作2人ですが、その中でも私が選んだのはこの方です。(誰ですか?「私も締められてみたい♡」とかいう事で出てくるあの人だろ?とか言ってるのは?)

o0494020510624052912.jpg

 第18作「トゥモロー・ネバー・ダイ」に登場するミシェル・ヨー(楊 紫瓊、Michelle Yeoh Choo-Kheng)という人物がいます。1962年8月6日、マレーシア、イボー生まれ。華僑の家系に生まれました。バレリーナになるため、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスでプリマ・バレリーナを目指していましたが、怪我が元で断念し、振付を学んで卒業した後、マレーシアに戻り、ミス・マレーシアに選ばれました。その後、サモ・ハン・キンポーに見出されて1984年に映画デビューしました。当時の芸名はミシェール・キング。1988年に映画製作会社『D&B』社長で宝石商のディクソン・プーンと結婚したのを機に女優を引退しましたが、3年後に離婚。『ポリス・ストーリー3』で復帰。アクション映画で活躍しています。そして1997年公開の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』では中国の情報部員役でボンドガールを務め、ハリウッドデビューを果たしました。以後、ハリウッド作品の出演も増えてきています。

401px-Jean_Todt_Michelle_Yeoh.jpg

 プライベートでは2005年、当時のフェラーリ社のCEOで、現在国際自動車連盟(FIA)会長を務める「男の中の小男」ジャン・トッドと再婚。蚤の夫婦を地で行く絵面ですが、結構いいこともあったりします。2013年にはマレーシア国王より最高勲章「タンスリ」を授与されました。ただこの方身長165cmと言ってますが、旦那と並ぶとダンナがいかにも背が低く見えて仕方ない気もします。(旦那は一番左、本人は真ん中です。)

 映画の中では、新華社通信のウェイ・リンと名乗って登場してくるわけですけど、もう登場したときから、「貴女、絶対中国の諜報部員でしょ?」な感じがもろあり。アクション・シーンでも歴代トップだと思います。(これに勝てそうだったのは、第20作「ダイ・アナザー・デイ」のハル・ベリーでした。)キレのあるカンフーはお得意。ボンドと手錠を繋がれたまま2人羽織まがいで街中を走りまわるバイク・アクションも新鮮でよろしい。自らアクションをこなし、ボンドと同じ立場でそのミッションを助けるという位置づけのキャラはボンドガールとしては初では?いやいやいいではないのと思うんですが…。

 ということで今日のお話はここまで。あれこれとせんならんことは仰山あるわけで、ちょっとドタバタとしそうです。
(ほれ、あんまし慌てたらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム