メスの入った契約

 さて昨日はドタバタの中で、お善哉をもらって、お風呂に入って、大河を見ていた私。今日は月曜日、プールはお休み故に順番を入れ替えて、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今日から始まる4大メジャーの1つ、オーストラリアン・オープンにかけまして、こんな選手のお話です。
(ほいでまぁ、今月もまたわけのわからん知らん人連れてくるんやろ、ミーシャ。)

bbhart3-DW-Sport-Hartford_convert_20140113091512.jpg

 今月はこの方、1980~90年代のスター選手、ボリス・ベッカー(西ドイツ → ドイツ)です。1967年11月22日、旧西ドイツ、ライメン生まれ、右利き、バックハンド片手打ちのこの方、徹底的なパワーの概念をテニスに持ち込み、コナーズ以上にテニスから優雅さをかき消した選手でした。1985年、ウィンブルドンでノーシードから史上最年少優勝、その後やや低迷するものの、1991年には世界ランク1位になります。その後、1996年に最後の4大メジャー優勝の後、1999年、ウィンブルドン後に現役を引退しました。そして今年からはノヴァク・ジョコヴィッチのコーチに就任しました。

 プレースタイルとしては、そのサーブばかりが注目されがちでしたが、おおよそ「何でもできる」選手です。ただ時代の波に乗りきれなかった部分があり、1980年代の王者、レンドルの凋落の後、この世代にチャンスが回ってきたのですが、それをつかみきれなかったが故に、その後の世代のサンプラスの長期政権の座を許してしまうことになったわけです。(これは同世代のエドバーグらにも言えます。)

 またこの人が珍しかったのはそのサーブ、普通にサーブを打つ場合、着地する脚は「前脚」(やたら馬鹿力のあるとか言ってません。右利きの人の場合は「左足」になります。)なのですが、この人の場合、両足は交差しており、着地は右足で着地していました。昔のオーストラリアの選手に多かったのですが、この打ち方はサービス後のダッシュには向かないものの、より高い打点でボールを打つことができました。またやたらと厚いグリップ(恐らくフォアハンド・イースタンぐらいかと)は、重い球を打つのに効果的でした。

 そしてこの人は画像の通り、1980年代はプーマと契約していました。このプーマ社との契約はスポーツ界でもかなり注目された契約でして、ラケット、ウェア、シューズのすべてを使うお話です。(これを「Head to toe」(頭からつま先までという意味です。)と言います。)当時のベッカーのマネージャー、イオン・お客様感謝デーじゃなかったイオン・ティリアックが経営するマネージメント会社、TV社は1986年、プーマと向こう6年間、総額2850万ドル(当時のレートで日本円に直して約34億円)の契約を結びました。しかしこの契約は業界関係者の間では『理解できない』代物でした。同じドイツのアディダスでもここまで出さないのに、なぜ?というものでしたが、これにはちゃんとした理由がありました。

 それは以前にもお話した『ダスラー兄弟の対立』、元々プーマとアディダスはある意味「喧嘩別れした」間柄でして、プーマにとってはベッカーを引き込むことで世界的に注目され、アディダスを追い抜くことができるということでこの大型契約が生まれたわけです。当初、この契約は「成功」と見られていました。しかし、肝心のアメリカ市場ではあまりうまくいかず、やがて需要を満たしきったところで、その大型契約にメスが入ることになります。

 1988年、プーマ社のCEOにハンス・ボイシェッツケという人物が就任します。この政権当時に各種帳簿を洗ったところ、「いくつかの宣伝契約について、その費用対効果が妥当ではない」という結論に達しました。この結果、プーマ社はベッカーとの契約は「高すぎる」ということでその契約を1988年途中で解約しました。(同様にマルチナ・ナブラチロワ、ディエゴ・マラドーナなどもこの時に見直しにあっています。)その後、ベッカーはプーマ社からラケットの金型を買い取り、某所に製造させていたといわれています。(彼がラケット・メーカーと契約していたのは1992,3年ごろまでです。)

 ということで今日のお話はここまで。今日は「成人の日」ですが、実は私、「成人式」には行ってません。大阪の場合、市全体のものは午前中に、各区ごとのものは昼からやります。(この際に各小学校校区ごとに席を割り当てられ,同窓会状態になるんです。)行っていないために、その後がどうなったのかはわからんわけですが、それからもう20年たつのねと言う中で、時間の流れを実感しています。
(ほれ、ミーシャ。せやからダラダラしとったらいかんわけよ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム