発祥の地

 さて最近、やや不規則な生活になってしまっている私。そのため、お肌も傷みがち。さらには昨日から始まった「跳ね馬狂騒曲」も参入できてません。(宅配ボックスがないものでして。一人身は辛いよ…。)今日は水曜日、マニアな方は読んでいる「巨大建造物」、3枠目の今週は「サーキット」、今月はこんなお話です。
(せやね~、そんな時って結構難儀やわね~、ミーシャ。)

 F1グランプリが始まったのは1950年(昭和25年)、その最初のレースはイギリス、シルバーストーンでした。今日はこの「シルバーストーン」について語ってみたいと思います。

440352224_7be64ac074.jpg

564.jpg

 元々、第二次世界大戦中にイギリス空軍の爆撃機の飛行場として使用されていた土地で、現在もトラック内側に3本の滑走路の名残りがあります。1947年に地元住民が最初のレースを行い、遊牧していた羊を撥ねてしまったことから「マトン・グランプリ」と呼ばれた事もあります。1948年には王立自動車クラブ (RAC) が敷地を借り受けて本格的なサーキットを敷設し、10月2日にオープニングイベントのRACグランプリが開催されました。現在ではF1、MotoGPなど各種のカテゴリーのレースが行われています。またF1チームの本拠地に比較的近いことから、ある程度暖かくなったころにやるテストの会場に使うことも多いんです。

町中からはちょっと離れているため、サーキットへのアクセスは自動車利用が主となるが、周辺道路の整備が遅れたため、レースウィーク中の大渋滞が名物でした。広大な敷地を利用してキャンプ施設もあります。そのため、お隣さんと意気投合して、バーベキューを食わせてもらったりなんてのもありました。

 コースはアリーナ・レイアウトとも呼ばれ、2010年以降メインコースとしてF1、MotoGPのイギリスGPで使用されている。ほぼ平坦な土地にあるため、走行中に風の影響を受けやすい。イギリス特有の不安定な気候と相まって、過去にさまざまな名勝負が見られました。また、かつては6本のストレートを緩いコーナーで繋いだ五角形に近いレイアウトで、ホッケンハイム・リンク(ドイツ)やエステルライヒリンク(現レッドブル・リンク オーストリア)、モンツァ・サーキット(イタリア)らと並ぶ超高速コースとして知られました。1985年イギリスGPの予選では、ウィリアムズのケケ・ロズベルグが平均時速258キロを超えるラップタイムを記録しました。

 1991年に大改修が施され、複合コーナーが多数配置された高速テクニカル・サーキットに生まれ変わりました。その後も1997年や2000年などにもレイアウトに小変更が加えられました。現在のコース・レイアウトは2010年より使用されています。2011年以降のコントロールラインはクラブ (Club) コーナー立ち上がりのストレートに置かれます。(かつてはコーナーの先にあったため、スターティング・グリッドが曲がった状態からスタートしていました。)アビー (Abbey)、ファーム (Farm) の低速シケインが高速S字に変更され、ここから新アリーナセクションが始まります。ヴィレッジ (Village) コーナーで減速し、ザ・ループ (The Loop) を左に回りこみ、ウェリントン (Wellington) ストレートへ。ブルックランズ (Brooklands) コーナーより旧コースのインフィールド区間に合流し、ルフィード (Luffield) コーナーから旧ホームストレートへと加速します。

 旧1コーナーのコプス (Copse) は度胸試しの超高速コーナー。これを抜けるとシルバーストン名物のマゴッツ (Maggotts) - ベケッツ (Becketts) - チャペル (Chapel) の高速S字へ。左右にマシンを振りながら正確なライン取りが要求されるため、非常に難易度が高いものです。続くハンガー (Hanger) ストレートはコース幅が広く、ストウ (Stowe) コーナーにかけてがオーバーテイクポイントとなります。ストウコーナー出口からやや下ってベール (Vale) を通過し、クラブコーナーをタイトに回りこむとホームストレートに戻ります。

 ここで強かったのは「暴れん坊将軍」「愛すべき息子」ナイジェル・マンセルでした。残り30周で28秒差、ここから1周1秒近いペースで差を縮め、ラスト3周でトップに立った(1987年)とか、全セッショントップ、コースになだれ込んだ観客(間違ってもドラちゃんを追い求めたわけではありません。)にもみくちゃにされたり(1992年)と数々のネタがありました。

 ということで今日のお話はここまで。参入は木曜日になりますが、さてどうなるのか、私もちょっと楽しみです。
(ほれ、身体だけは気を付けとかんといかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム