あなたの出は?

 さて今日から始まる、プロ野球の「タイガースとはあんまし縁のない」日本シリーズ、何とマー君は「2戦目」に登場と予想をちょっと裏切られたような気もする中、今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、最近話題の「ホテルのレストランの産地偽装」からこんなお話です。
(確かに、あれはないわね~って言う感じやね、ミーシャ。)

 EU(欧州連合)法の1つに「原産地名称保護制度」(Geographical indications and traditional specialities in the European Union(英語))なるものがあります。読んで字のごとく伝統や地域に根ざした特有の食品などの品質認証のために1992年に制定され、多様な農業生産を奨励し、原産地名称を誤用や盗用から保護し消費者に正しい情報を提供することを目的としています。

 主な対象は、ワイン、チーズ、ハム、ソーセージ、オリーブ、ビール、パン、果物、野菜などである。「青かびチーズとしては最も食べやすいと思う」ゴルゴンゾーラ(イタリア、ゴルゴンゾーラ産)、「イタリアの至宝」パルミジャーノ・レッジャーノ(イタリア、パルマ等産)、「ヴァン・ド・ロワイヤル」シャンパン(フランス、シャンパーニュ産)など、それぞれの地域原産のものでないとそう名乗れません。ロックフォール(フランス、ロックフォール=シュール=スールゾン産)のように、その地域原産で加えて伝統製法まで守らないとそう名乗れないものもあります。(そのため、デンマーク産の「ダナ・ブルー」(青かびチーズ)は、一時「ダルビッシュ」じゃなかった「ダニッシュ・ロックフォール」と名乗ろうとしたものの、この制度のためにボツになりました。)

 この制度は、早くから存在した各国独自の認定制度、すなわち、フランスのアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(原産地呼称統制制度、Appellation d'Origine Contrôlée AOC)や、イタリアのデノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ(保証つき原産地呼称統制、Denominazione di Origine Controllata e Garantita DOCG)などの制度と同目的のものであり、現在ではそれら各国の独自制度を統括する制度として、それらと並列しています。

 また全然関係ないお話ですが、その日本シリーズ、毎年楽しみにしていますが、以前は「昼間の」試合でした。そのため仕事、学校をサボった方も多いかと思います。私が見始めたのは1982年(昭和57年)以降ですが、それからチョロッと選んでみました。

(5) 1988年(昭和63年) 中日 - 西武  第1戦(ナゴヤ球場)
 当時3年目の清原が小野からぶっ放した左中間、場外「新幹線の防音壁直撃」のホームラン。この試合は当時、車のディーラーのテレビで見ていたんですが、このホームランで一発で目が覚めちゃいました。

(4) 1989年(平成元年) 近鉄 - 巨人  第7戦(藤井寺球場)
 第3戦までで3-0、「近鉄絶対有利』の中で、チョロっと漏らした一言「巨人の打線は(当時ビリの)ロッテの打線よりか怖い事ない』とやったためにそこから逆転負けを食らった試合、この最後の試合で巨人の中畑清(巨人の選手で唯一、好きでした。)が打ったホームランはとっても美しかったんです。

(3) 1990年(平成2年)  巨人 - 西武  第1戦(東京ドーム)
 この年、リーグを圧勝した巨人の先発は「完全試合男」槇原、しかし1回、2アウト1,3塁でカウント3ボール、ノーストライクでデストラーデに投げた球からすべてが音を立てて崩れ果てた。ライトスタンド中段に3ランを叩きこまれて、ここから屈辱の4タテとなるんです。この試合は、当時学校のクラブ活動の休憩中に、体育教官室のテレビで見てました。

 (2) 1993年(平成5年) ヤクルト - 西武 第4戦(神宮球場)
 前年に西武ライオンズを崖っぷちで追い詰めたヤクルトのセンター・飯田哲也がセンター前ヒットを処理し、2塁ランナーの笘篠誠治を本塁でタッチアウトにした返球は、日本シリーズ史上に残るビッグプレーといわれています。この年を以て「常勝ライオンズ』の時代にやや落日が…。

 (1) 1986年(昭和61年) 西武 - 広島  第5戦(西武球場)
 この年は全試合『指名打者制度』なし、ピッチャーも打席に立つために起こった珍事、ピッチャーの工藤公康が、「炎のストッパー』津田から放ったサヨナラ安打。またこのシリーズは史上唯一の「第8戦」までやったシリーズでもある。この当時、私は中学生でしたが「水暴走」(失礼、変換ミスです。正しくは「水疱瘡」。決してプールの中で「暴君」と化しているわけではありません。)にかかりしばらく休んでいたため、ずーっと見ていられたんです。

 他にも「山井、目の前で完全試合剥奪」(2007年)、「松坂、悪夢の一撃(東京ドームで清原に浴びた看板直撃の大ホームラン)(2002年)など多数あります。ということで今日のお話のシメは「偽装はすぐバレる」ということで、真面目に書いてみました。来週は「谷間」になるため、さて何を持って来ようかと悩んでます。
(あらへんのなら、「お休み」にしたらどないやの?アンタの文章をず~っと読まされるんのもどうかと思うんやけどね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム