FC2ブログ

1年終わりまして…。

 さて昨日はけしからん某全国紙、延長で「お約束の」落球からサヨナラ負けかましたことにクスクス、でも今日はあれあれという中、このお話を書いている私。今日は木曜日、テニスのお話。今週は「番外」という事で、そろそろシーズンも終わりつつある中で、その後に行われるツアーにおける表彰のお話です。
(これ、アンタはこないだな~んももらえんかったからって、この場で当てこすりかましとるんやないんよ、ミーシャ。)

 日本のプロ野球でも各種タイトルその他がありますが、テニスにも似たようなものがあります。男子はATPツアー、女子はWTAツアーが選考するものですが、このようなものがあります。
(1)Player of the year(プレイヤー・オブ・ザ・イヤー)
 言わずと知れた「MVP」のことです。最多は男子の場合、ピート・サンプラス(アメリカ)の6度、女子はシュテフィ・グラフ(西ドイツ/ドイツ)の8度が記録になっています。同様のものはITF(国際テニス連盟)にもあり、「世界チャンピオン」として翌年の1月に発表されます。

(2)Doubles team of the year(ダブルス・チーム・オブ・ザ・イヤー)
 同じくダブルスの「年間最優秀ペア」のことです。最多は男子の場合、ボブ・ブライアン/マイク・ブライアン兄弟(アメリカ)の7度、女子はマルチナ・ナブラチロワ・パム・シュライバー(アメリカ)の7度が記録になっています。(ただし、個人で言うとナブラチロワは10回、受賞しています。(相手を変えて))

(3)Most improved player(モースト・インプルーヴド・プレイヤー)
 何のことかと言うと「最も上達した選手」に贈られる賞です。最多は男子はアンドレ・アガシ(アメリカ)、ノヴァク・ジョコヴィッチ(セルビア)の2回、女子はアランチャ・サンチェス-ビカリオ(スペイン)、アナ・イヴァノヴィッチ(セルビア)の同じく2回です。普通「伸びる」のは1回だけというのがほとんどですので、複数回の受賞はあまり例がありません。

(4)Newcomer of the year(ニューカマー・オブ・ザ・イヤー)
 読んで字のごとく、日本でいうところの「新人賞」です。

(5)Comeback player of the year(カムバック・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー)
 読んで字のごとく、復帰して、顕著な活躍をした選手に与えられる賞です。最多は男子はセルジ・ブルゲラ(スペイン)の2回、女子も同じくキム・クライシュテルス(ベルギー)の2回です。

(6)Sportsmanship award(スポーツマンシップ・アワード)
 ツアーにおいてその年に最もスポーツマンシップに則ったプレーをした「模範となる」選手に与えられます。男女とも往年の名選手の名が被せられており、男子は「ステファン・エドバーグ・スポーツマンシップ・アワード」、女子は「カレン・クランケ・スポーツマンシップ・アワード」と呼ばれています。最多は男子はロジャー・フェデラー(スイス)の7度、女子はキム・クライシュテルスの6度です。

(7)Humanitarian of the year(ヒューマニタリアン・オブ・ザ・イヤー)
 その年に慈善活動や人道支援活動等に最も貢献した選手を表彰する部門です。男子の場合、エイズで亡くなった往年の名選手、アーサー・アッシュ(アメリカ)の名が被せられています。

ここまでは個人の表彰ですが、団体の表彰もあります。
(8)Tournament of the year(トーナメント・オブ・ザ・イヤー)
 選手に対するホスピタリティの高さや大会運営が滞りなかったか等を総合的に判断し、最も素晴らしいトーナメントを開催した大会に贈られる賞です。男子は2001年より3つのカテゴリー(規模)でそれぞれ、女子は旧ツアー制度の2007年まではティア1・ティア2大会のみが選考対象、新ツアー制度移行後の2008年からはプレミア大会部門とインターナショナル大会部門を新たに設け、それぞれ最優秀大会が選定されています。

最近ではネットの進展に伴って、こんなものも
(9)Fan favorite singles player/doubles team
(ファン・フェイバリット・シングルス・プレイヤー/ダブルス・チーム)
それぞれのツアーのサイトで『お気に入り』の選手/ペアを登録して、その数が一番多かった(つまりは「ファン投票1位」)選手/ペアに与えられます。

 という事でプロのツアーでもいろいろな賞があります。来週の男子の年間最終戦「バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナル」(イギリス・ロンドン)が終わると、短いながらもシーズン・オフに入ります。とはいえ、表彰式その他に出るのも結構大変なものです。他にも「テニスの殿堂」というものがありますが、そのお話は後ほどの機会にという所で、今日の所はここまでに…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム