FC2ブログ

上様の成敗

 さて最近、お仕事は「蚊帳の外」の私。何やら『異動』云々のお話も聞こえる中、今日は火曜日、映画のお話。4枠目の今週は「ドラマ」、今週はこんなお話です。
(これ、ミーシャ。今日もまたこういう感じで、お話は進んでいくわけやね。)

 たま~に「お休み」になる平日、お昼の再放送ネタでよくある2つの線、「時代劇」(もう1つは「サスペンス」)、色々とやっていますが、今日はその中でも「私も『成敗』されてみたい♡」、松平健の「暴れん坊将軍」(1978~2002)のお話です。

 元々、この番組は「土曜日の晩」にやっていました。「土曜日の晩」と言えばTBSの「8時だョ!全員集合」がファミリー層、日本テレビの全日本プロレス中継が高年齢層から人気を得る一方、テレビ朝日は土曜時代劇枠の人形佐七捕物帳が視聴率一桁に低迷したため、新人を起用することになり、勝プロダクションから売り込みがあった松平が選ばれました。新人ということで新たなものが企画され、将軍徳川吉宗が江戸市中を徘徊し大立ち回りを演じるという内容は局内でも物議を醸しましたが、視聴率はスタート時の9%から徐々に数字を伸ばし1年後には15%を超える人気番組となりました。シリーズ12作と最終回スペシャル・復活スペシャル・2008年末のスペシャルの3本を合わせた放映回数は計832回と、同じ俳優が演じた単一ドラマとしては大川橋蔵の『銭形平次』888回に次ぐ長寿番組です。レギュラー放送は終了して久しいが、地上波やCS放送などで頻繁に再放送が実施されていることもあり、今も知名度は衰えていません。お話の基本は「江戸幕府の八代将軍・徳川吉宗が、町火消“め組”に居候する貧乏旗本の三男坊・徳田新之助に姿を変え、市井(しせい)へ出て江戸町民と交流しながら、世にはびこる悪を斬る勧善懲悪もの」です。

 パターンとしてはこの流れです。
(1)事件の発端  
物語は、江戸や諸藩における諸問題について、南町奉行・大岡忠相や高級幕臣(この高級幕臣が事件の黒幕であることが多い)などから報告を受けた吉宗が、事態の深刻さに憂慮することから始まります。
(2)そこで街に出ます。 
ストーリーの中心人物が悪人の手下に襲われている現場に遭遇、その優れた剣術で手下たちを撃退する。その後被害者から襲われた事情や身の上話を聞き出し、め組の頭や若い衆をはじめ、南町奉行・大岡忠相、公儀御様御用(後に浪人)・山田朝右衛門らと協力して問題解決にあたることとなります。
(3)黒幕はだ~れ?
吉宗に撃退された手下たちは現場から逃走し、周囲に十分な注意を払わぬまま商人や要人の屋敷へと逃げ込む。しかし彼らは吉宗のお庭番によって尾行されており、屋敷の主が事件の黒幕として特定されます。また、回によっては波止場で待つ黒幕が手下の口を封じて船で逃亡することもあり、遺留品などをもとに地道な捜査を余儀なくされることもあります。
(4)突然の訪問
黒幕とその取り巻きが一杯ひっかけている中で、エコーのかかったセリフが流れ、障子をあけるとそこには何と「上様」が…。慌てふためく悪役相手に大立ち回りを演じて、最後は『成敗』(でも自分ではやりません。)してしまいます。
(5)その後
悪が成敗された後のシーンは、江戸城内の庭園(または江戸の町中)で爺や忠相らと散策しながら、以下のような要素を含んだハッピー・エンドで締められることが多いが、悲しみが残るバッド・エンド、怪談物や彗星落下の話、吉原で遊び狂ったり二日酔いで苦しむオチまで、バラエティに富んだものになっています。

 また史実とは若干違う脚色がされており(ドラマでは独身ですが、史実では将軍時にはすでに子がいたとか)、その当たりも「バラエティ」的な要素のあるものです。という所で、そんな「ふさぎ込んだ」私も「ズバン!」と気分転換をという事で、今日の所はここまでに…。
(ほんでまぁ、アンタは「夜も暴れん坊将軍」だとか言うつもり?朝からそんな間抜けなネタかましとるんやないんよ、全くもう!!)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム