FC2ブログ

ダイブ一発

 さて昨日は講習に行って、ビルの中で危うく迷子になりかけた私。(間違っても館内放送で呼ばれたわけではありません。またこの不安からか、この建物を爆破してもいけません。)今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「お城」、この間の大河ドラマから、あんな飛び技一発で倒された今川義元から、今日はここのお話です。
(これ、その爆破は妹がやりましたっていうんやろ、ミーシャ。)

pic_001_02.jpg

sunputyo.jpg

 今川義元は静岡を本城としていましたが、今日はそこから、「駿府(静岡)城」(静岡県)というお城があります。今から約650年前の室町時代、今川範国が駿府守護職に任じられて以降、駿河国は今川氏によって治められました。9代義元の今川氏全盛の頃、徳川家康は7歳から18歳までの間、人質として駿府に暮らしました。1560年(永禄3年)今川義元が桶狭間で織田信長に討たれた後、今川氏は急速に衰退し、1568年(永禄11年)武田氏により駿府を追われました。徳川家康は、駿府の武田氏を1582年(天正10年)に追放した後、1585年(天正13年)には駿府城の築城を開始し、浜松城から移りました。しかし徳川家康は、1590年(天正18年)に豊臣秀吉により関東八国、250万石に移封され、豊臣系の中村一氏が駿府城の城主になりました。その後、徳川家康は、関ヶ原の戦いに勝利し、1603年(慶長8年)に征夷大将軍に任じられ江戸幕府を開きます。隠居後の1607年(慶長12年)には大御所として三たび駿府に入りました。この時に天正期の城が拡張修築され、駿府城は壮大な新城として生まれ変わりました。城には三重の堀が廻り、堀に囲まれた曲輪を内側かえあ「本丸」、「二ノ丸」、「三ノ丸」とする典型的な輪郭式の縄張りとしています。大御所の城にふさわしく、築城に際して「天下普請」として全国の大名が助役を命じられ、各地から優秀な技術者や多量の資材が集められました。また、安倍川(「安倍川餅」の元です。)の堤の改修や城下町の整備なども行われ、現在の静岡市街地の原形が造られました。

 その後、家康の子、徳川頼宣が駿河50万石の藩主になり、一度天領(直轄領)を経て、3代家光の実弟、徳川忠長が駿河大納言としてこの地に入り、その後の所業不行き届き(大井川に橋をかけた、みだりに殺戮を繰り返したなど)のために改易された後は再び「駿府城代」を置く天領になり、明治に至ります。この間に何度か火災に遭い、そのたびに修復を繰り返しています。明治になった際に「駿府」は「静岡」と改められ、戦後は公園となり、三の丸部分には県庁などの官庁街になっています。

 ということで今日のお話はここまで。今日も元気にお仕事に行ってきましょ。
(ほれ、コケんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム