FC2ブログ

ありがちな…。

 さてコロナ騒ぎ、よもやあの「ノッポちゃん」に陽性反応が出たことにびっくり、そして愛するタイガースはただいま「隔離中」、そして昨日は大雨、そんな中で再び「手伝い」に行くことになった中、今日も真面目に書いている私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日は最近、売り上げもガタ落ちのお店も多いこんなお話です。
(ほれ、今日もまた無理やりネタ押し込んで、ハイ終わりとかいうオチになるようにこのお話は始まっていくわけやね、ミーシャ。)

 レストランの店名、この料理ならこういう名前という例は結構あります。例えば…。

中華料理   「~軒」「~飯店」(ただし、中国語で「飯店」というと「ホテル」のことを指します。)「天安門」「長城」など中国がらみの名前

フランス料理 「エスポワール」(Espoir)(フランス語で「希望」という意味です。)「エトワール」(Etoir)(フランス語で「星」という意味です。)など

イタリア料理 「イル・ホニャララ」「ラ・ホニャララ」(il/la)(il、laはイタリア語の定冠詞、英語ではTheに当たります。この後にはilならば「男性名詞」、laならば「女性名詞」が入ります。例として、「il leone」(leone(レオーネ) ライオンの意味)、「la piazza」(piazza(ピアッツァ) 広場という意味です。)

そしてド定番のように出てくるインド料理には「マハラジャ」「タージ・マハル」、ネパール料理「エベレスト」などがあります。ちなみに「インド料理 タージマハル」と入れてネットをググってみますと、結構な数のお店が全国各地にあります。この理由は「とりあえず、インドらしいもの」=「タージ・マハル」という恐ろしくアンチョコな発想から来ていると思われます。

 ただ、名前というのは難しいものでして「覚えてもらうためにあえてややこしい名前にする」という例があります。ミーシャの勤務地である「枚方」(これで「ひらかた」と読みます。 大阪の北東部にある府内5番目の人口の市です。)にあるこんなパン屋さんがあります。その名前はこちら。

 「わたし入籍します」

 最初見た時、その外観から「こりゃ結婚相談所かなんかでしょ?」と思っていた私(ここで、「アンタにとってドストライクに必要なネタやないかい?」とツッコまないでください。)、でもその実は「パン屋」だったという、またこの店は結構流行っています。店主曰く、「食パンと結婚したくなる(=毎日食べたくなる)、そんな食パンを作って皆さまに届けたい」という思いが詰まったコンセプトとネーミングからこんな名前になったわけです。同僚と2人で駅までの帰りに寄り道して買いに行って、それを別の同僚に「フライデー」された(ちなみにその日は「金曜日」でした。「これがホントのフライデーだ!」とうまい事丸め込んではいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。今日も1日、雨のようですが、さてこれから朝ごはんにしましょ。
(ほれ、アンタも「結婚」の2文字とはまるっきり「無縁」やからね~、ミーシャ。)

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム