FC2ブログ

2色の今昔

 ♪はぁ~、野球はねぇ、サッカーねぇ、F1なん~てどこ行った?、マスクはねぇ、液もねぇ、今日もクスリ屋並んでる、朝起きて、チャリ乗って、隣の県まで一走り、お財布ねぇ、ライブもねぇ、あるのはコロナとリスクだけ、おらこんな所いやだ~、おらこんな所いやだ~、コロナが来るぞ~、コロナが来た~なら~、うがいと手洗い~、欠かさずやるんだわ~♪(吉幾三の名曲「おら東京さ行くだ」のメロディでどうぞ)さて昨日は車を洗って、何だかんだとしていると、あら、もうこんな時間ということでグフフと笑いをかみ殺しながら、「しずかちゃん」ネタを書いていた私。今日は土曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、本来ならば、「名古屋へ行って何とやら」というお話の予定でしたが、それが今年はキャンセルになったということで、最近よく見るこんなお話です。
(これ、ま~た怪しいネタをまことしやかにやってんやないんよ、ミーシャ。)

28_l.jpg

Toyota_Crown_S130_Hardtop_convert_20150129203821.jpg

 最近よく見る、こんな車。屋根だけが別の色の車ですが、これも「2トーン・カラー」という言い方をします。そもそも2トーンカラーとはひと昔前までは高級車の証でした。トヨタのクラウンやソアラ、日産のレパードなど、高級セダンや高級クーペに採用されることが多かったんです。ただ、この時代の2トーンカラーは、ボディの腰下、つまり下半分を異なる色にすることが多く、今のように屋根の色を変えるという手法はそれほど多くなかったんです。(ちなみにミーシャの前の車、「暴虐の怪物セダン」レクサス GS300(トヨタ・アリスト)も2トーンでした。)

 一方、今のような屋根の色を変えた2トーンカラーのハシリともいえるのが、2002年に登場したスズキ・アルトラパン(初代)です。元々は実用車であるアルトをベースに、外観に個性的な丸みのある箱型フォルムを採用し、低めの車体高ながら広い室内空間を確保した新しいパッケージングを採用したモデル。家電や家具、雑貨などとイメージを重ねた生活感のある親しみやすいデザインを取り入れたことで、自分の部屋にいるようなくつろぎと心地よさを実現したモデルでした。 

 とはいえ、2トーンのメリット、デメリットを考えますと
(メリット)
選択肢を広げられる
軽自動車に多かったパターンですが、白、黒、シルバーといったモノトーンカラーが人気の中心となっている普通車に比べ、ポップなカラーを選ぶユーザーが多いために、さらに遊び心を持ったツートーンカラーが登場したことで、選択肢の幅が広がったというワケです。

見た目のウケがいい
また普通車でもスポーティに見せる効果もあります。この場合はほとんど「屋根は黒色、もしくはカーボン調」になりますが、かなりしまった見え方をします。(メルセデス、BMWなど。)

(デメリット)
結構高くつく
当然塗り分けが入る関係で、その分コストも上がります。軽自動車では割増なしという例もありますが、普通車の場合は最低でも30000円、そのため、ほとんどの場合、メーカー・オプション(ご注文時に申し受けます。受注後は変更できませんというやつです。)になります。トヨタ・カムリ(10代目(現行))に設定されている「WS」(米国市場向け XSE)は色にもよりますが、80000~100000円増しです。またミーシャの前の車、レクサス GS300(初代)(トヨタ・アリスト)もダークグリーンマイカ・PIOトーニングG(6N9)という60000円増しの色でした。(この色は1989年に登場した「掟破りの逆黒船」初代トヨタ・セルシオ(レクサス・LS400)で初めて登場しました。当時はこの色ば~っかりでした。)

修正がちょっとややこしい
昔の2トーンは、ドア上とドア下で色が違いました。そこで、仮にこすったとかいう場合、その修正をするのに再塗装云々をする際に、色あせその他を計算して合わせることになるのですが、その合わせるのにちょっと難儀するきらいがあります。(事実、前の車の時に近所の子供の集団にいたずらされた時に、「かなりややこしい色ですな、これ。」と言われたことがあります。でもきれいに治りました。本来であれば、その子供らとその保護者達を呼び出して、捜査云々やってもよかったんですが…。)

 ということで今日のお話はここまで。今日も1日、あれこれとしてそうな部分はありますが、「おしん」の最終回を見てましょ。
(ほれ、あんまし無茶せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

2色の今昔

こんにちは~

ツートンカラー!懐かしい!
昔は流行りましたよね~。
ブログに載っているクラウンも、当時メチャカッコイイと思いましたし
欲しかったですもの。

私もですね、初代ハリアーを乗りまして、
ホワイト・ゴールドのツートンでした。

(夢はかないませんでしたが)
シルビアS13のホワイト・ゴールドのツートンも欲しかったものです (*^_^*)

tomパパさん、コメントありがとうございました。

今と昔でその定義が違うものですが、クラウンは「これしかない!」というものでした。(トヨタカラーコード 2FQ)周りを見ると、あら、みんなこの色だわということで、2トーンというと「屋根の色が違うだけで2トーンというのは間違っとる!」と思うことしきりです。

ハリアーやシルビアにそんな色があったとは意外でした。ハリアーはゴールド、シルビアはエメラルドグリーンとガンメタのイメージしかないもので…。
 
ディーラーでもカムリのWS、色は赤黒の2トーンでいいかい?とず~っと言われています。一番高い10万円増しのため、またよ~く目立つ色でもあるので、ちょっとお悩み中です。
プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム