FC2ブログ

投げたらいかん

♪ラケット投げ~れ~ば~、ちょ~っと、怒~ら~れ~る~、なおみは~勝~った~、どう~か~、コケな~い~で~、試合~が~終わ~る~、次の~相手は~、だ~れ~♪(Superflyの「フレア」のメロディでどうぞ 現在の朝ドラ「スカーレット」の主題歌です。)さて今日は雨、とはいえ帰りはやんでいた今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今日は昨日の「なおみのラケット投げ」からこんなお話です。
(これ、ま~た妙な替え歌考えてんやないんよ、ミーシャ。)

 ラケットを投げたり、ボールを叩きつけたりなどの行為で警告を受ける場面は皆さんも時々、ご覧になると思います。これは「ラケットや用具の乱用」という違反です。(ただ、「道具を大事にせん奴」にロクな奴はいません。)もちろん、ラケットを折ったり投げたりするのは褒められたことではありません。ただ、選手は日常では決して起こりえない精神状態で試合をしています。ただ、警告をとられたくないので、折れないように、たたき方や投げる角度を考えながらやっているのは面白いところです。選手によっては、「やってまった?」と気づいているのに、1回使ってから交換する人もいます。すぐに交換すると、ラケットを折ったとして警告を取られる可能性が高いので、壊れていないように装うアナタもいます。

 そこでやってる相手がこのようになった場合、「今がやりごろ♡」とやってしまうと、のちにえらい事になったりします。つまり、相手が打ち気満々で来ているのに、こっちもそれに対抗して打ち合ったりするなどです。この場合はそうしてしまうと試合中に修正されるなど、ちょっと危険性の高い部分があります。相手のペースに乗ったりせず、逆に相手のミスを誘うようにボールを動かして、相手が崩れるのを待ちましょう。とどめを刺しに行くのはその後でも十分です。

 またほとんどのメーカーが採用している「暗黙のルール」があります。それは「ラケットをへし折ると違約金(罰金)をとる」というものです。錦織圭のラケット破壊騒動でちょっとニュースにもなりましたが、世界のトップ選手になると用具提供する以外に年間のスポンサー契約料を受け取ってラケットを使用しているので、「ラケットを故意に破壊した場合は違約金として契約料の10%(パーセンテージはメーカーや選手によって異なる可能性はありますが)を違約金として支払う」という取り決めがあります。錦織圭もラケットを破壊してしまった試合の直後にラケットを提供しているウィルソンへ謝罪の電話をしたそうです。(ただし、ウィルソンは「ラケットを投げるような選手とは契約しない。」と言ってます。この理由は「自分たちが一生懸命作ったものをあんな扱いされるのは…。」というプライドから来ています。そのため、ミーシャは今までラケットを投げたことはありません。)

 ということで今日のお話はここまで。明日が「除夕」、春節のお休みになりますが、この新型肺炎騒ぎも何とかならない?と思う次第です。
(せやね~、でもアンタは大丈夫やね、ミーシャ。)


 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム