FC2ブログ

都の東北

 さて昨日は名古屋から帰ってきて、あれこれして、今年の大河ドラマ「麒麟がくる」を大真面目に見ていた私。なんかようわからんようなイメージでしたが、そこはそれ、大河ドラマの鉄板「戦国時代」をネタにするだけに、そう外しはしないでしょと思いますが、そんなこんなで今日も真面目にお仕事して、プールで搾ってきた月曜日のプールのお話。3枠目の今週は「スイミングスクール・ブランド大図鑑」、今日はその2020年モデルの大河ドラマの主人公、明智光秀からここにしました。
(これ、ま~た無理やりつなげてハイ終わりとかいうネタやろ、ミーシャ?)

tousuikai.png

history-headline-photo_convert_20200120213810.jpg

 千年の古都、京都、その東北の方に左京区という区があります。その区にある聖護院というところ、近くには京都大学、岡崎公園、鴨川を挟んで京都御所がありますが、ここに「(公財)京都踏水会」という京都でもかなり老舗のスイミングがあります。その歴史は1896年(明治29年)に、大日本武徳会遊泳部(いわゆる、「日本古式泳法」というやつですな。)としてスタートしました。戦後に「社団法人」となった踏水会がスイミングスクールに乗り出したのは1968年(昭和43年)、1970年には「財団法人」になります。その後の法改正などで、現在の「公益財団法人」になったのは2013年(平成25年)からです。その120余年の歴史は健康づくりの歴史そのものであり、その中でオリンピックメダリストなど、多くの優秀な選手たちも送り出してきました。栄えある歴史、伝統を確かなバックボーンとして、踏水会は健康づくりに取り組んでいます。

 そしてここの名物に「アーティスティック・スイミング」(シンクロと言ってしまうそこのお父さん、ドン引き間違いなしですよ。)と「水球」があります。どちらも全国区のレベルで、毎年ジュニアオリンピックなどで名前が挙がっています。

 ということで今日のお話はここまで。ちょっと「やっつけ感」がありありな部分はありますが、ないネタを探してくる苦労をお考えいただきましてという次第です。
(これ、ミーシャ。そ~んなさも「大変なんです~!!」とか言うてんやないんよ、全くもう!!)
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム