FC2ブログ

落とし穴

 さて今週1週間、真面目にお仕事して、ラストはバイパス道路で大渋滞をくらった私。今日は金曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今日はこんなお話です、
(これ、あんましギャーギャーといわんようにね、ミーシャ。)

 テニスの試合中にやってしまう例として、こんな例があります。

 「相手に触られるのが怖くて、人のいないところに打って、それがアウトしたり、ネットに引っかかったりする。」

 これはよくある例です。なまじ自分の打っているボールに自信があるアナタに多い例ですが、そういう時って得てして頭に血が上っている場合がほとんどですな。そこで、この状況を冷静に考えてみましょう。

 「触られるのが怖い」 → 「逆に触らせてやったらいいわけじゃない?」

 この場合、たとえ触られたとしても、その返球角度をどうにかすれば済むわけです。以前にも「コートの真ん中に返すと、逆に決められるスペースは少なくなる」というお話を書いたかと思いますが、コートの真ん中から決めるというのはよっぽどの腕がいります。ダブルスの場合は2人の間を抜かれるのが一番マズいわけです。真ん中をぶち抜くのが一番楽なわけですが、そうさせないために、2人の間は締めるわけです。それならば、下手に相手を振ってカウンターをくらうより、真ん中を締めて相手がミスるのを待つというのも1つの手です。

 「割り切ってみましょ。」
 
 コートの端へ相手を振ります。その場合、ほとんどはボールを振った方(自分から見て近い側、右打ちの場合は自分から見て左へ振った場合は自分のバックハンド側(左側)、右へ振った場合はフォアハンド側(右側)になります。)に来る例がほとんどですが、極たま~に、ショート・アングルでトップスピンをかけて、振った方と反対側へ打ってくる場合があります。これはかなりリスクの高い芸当のため、そうそう決まるものではありません。仮に決まったとしても「今のは仕方ないわね」と割り切る部分も必要です。

 ということで今日のお話はここまで。少々無理やり感のある文章ですが、明日はちょっとドタバタになります。「もうちょっと詳しく説明してほしいんですけど~」という声がありましたら、きっちり説明しますんで、どしどしとコメントくださいまし。
(これ、アンタはどこを徘徊しとってかな、ミーシャ?)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム