FC2ブログ

2つの階層

さてただいま、プールからの帰りにピザを拾いに行った中で、焼き上がるのを待っている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「お城」、今日はここにしましょ。
(これ、今日はどんな捏造ネタかな、ミーシャ?)

1716.jpg

fukan-map_convert_20191120220037.gif

今月はこちら。現存12天守の一つ、高知県高知市にある高知城です。土佐山内家24万石の本城として、1601年(慶長6年)、山内一豊によって着工され、息子・忠義が土佐藩主を務めていた1611年(慶長16年)に、ほぼ全ての建物が完成しました。天守や本丸御殿(なお、天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみです。)、追手門等が現存し(天守と追手門が両方現存している城は全国で弘前城・丸亀城・高知城の3ヶ所)、城跡は国の史跡に指定されています。1727年(享保12年)には、城下町の大火で追手門以外の建造物を焼失しましたが、1753年(宝暦3年)までに創建当時の姿に再建。その後、廃城令により本丸と周辺の建造物、追手門のみが残され、1874年(明治7年)に高知公園として生まれ変わりました。現在は城の周辺には高知市役所、高知県庁、地方裁判所、地方検察庁などの行政機関や司法機関が立ち並び、高知県の行政の中心地となっています。

 またこの山内一豊という人物は、2006年のNHKの大河ドラマ「功名が辻」にも出てきますが、戦国時代末期の長宗我部家の統治の後、長宗我部盛親は「関ヶ原の戦い」において西軍に与して改易となりました。そこで徳川家に味方した遠江(静岡県西部)掛川城主・山内一豊が、新たに土佐国20万2600石を与えられ、以降、明治時代初頭まで山内家が治めました。この際、領国統治のために元々の山内の家来の一門を「上士」、長宗我部家の家来の一門を「下士」とし、かなりきっちりとした区分けを行っていました。ちなみに下士の中からは坂本龍馬、中岡慎太郎などが生まれ、上士の中からも板垣退助、後藤象二郎などが生まれました。また意外に「見栄っ張り」の一面があり、石高を高い目に申告して、「見かけ上」四国一の大名になろうとするのですが、そうすると、「お手伝い普請」などの「金のかかる」仕事を振られ、藩財政が窮乏するというオチが付くことになります。さらに歴代藩主の中でも一番有名なのが、15代山内豊信(容堂)、幕末のフィクサーとしても有名です。

ということで今日のお話はここまで。明日は書面その他を集めて回っての1日です。今日はこれから、給油してきましょ。
(これ、あんまし飲んでば~っかりではいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム