FC2ブログ

康介の里

 さて結局、この木曜日は「お休み」扱いになったことで、ちょっとゆっくりできるなと思った中、最後に降った雨にやられた私。そして昨日はこのお話の総括のためのデータを拾っていたわけですが、今日は月曜日、プールのお話。3枠目の今週は「スイミングスクール・ブランド大図鑑」、今日はこの時期のド定番と言うべきこんなところのお話です。
(これ、アンタはまたな~にをさもありなんなお話に「捏造」しとってかな、ミーシャ?)

00_convert_20191118213626.gif

Tokyo_Swimmimg_Center_01_convert_20191118213534.jpg

850e9f59923c25833728d736848361d9.jpg

 例年の11月の「勤労感謝の日」前後は、スイミングの選手コースはあれこれと忙しい時期です。それもそのはず、全国レベルの大会がほぼ同時期に東西で行われるからです。1つは「イトマン招待」、大阪、東大阪で行われるイトマンの大会、そしてもう1つが「東京スイミングセンター招待」、東京、豊島区の「東京スイミングセンター」で行われるものですが、今日はここのお話を書いてみましょ。

 以前に何度か書いたことがありましたが、このスイミングの運営元は「東京天理学館」という不動産会社ですが、実質上、天理教の運営です。そのため、ジャージの色も「紫色」です。元々その歴史は1966年(昭和41年)11月に日本水泳連盟が奈良県内で全国コーチ研修会を開催した際、日本水泳連盟名誉会長の田畑政治(「大河ドラマ」をご覧の皆さん、出てきましたな。)と日本水泳連盟会長の奥野良ら関係者が天理教の2代真柱(教団のトップです。)中山正善(東京スイミングセンターの設立者)と会い懇談した中で、田畑は「水泳日本の再建には、選手強化に使えるプールが東京に必要だ」と中山氏に訴え、中山氏は田畑氏に水泳日本復活の為に協力する事を約束しました。 このような経緯で設立が決まり、1968年に東京都豊島区駒込にここが誕生しました。

 単独クラブとしては珍しい公認規格の長水路50mプール(オリンピックサイズ)を屋内に備えています。縦50m×横25mという設計で、多くの選手が同時に練習できるようになっており、校内記録会や公認記録会も頻繁に開催されています。また一般成人向けの屋内25mプールやフィットネスクラブ施設も併設されています。なお、50mプールは施設老朽化のため。現在改修工事中です。そのため、今年、2019年の東京スイミングセンター招待は行われません。

 ということで今日のお話はここまで。最近、だし汁でご飯を炊くことに結構ハマっています。意外にイケるネタは多いものでして、今日もお食事してましょ。
(これ、アンタのその「セコい」考えは何とかならんの、ミーシャ?) 

 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム