FC2ブログ

疲労は拾う

 さて先月の検定試験のお話、何とか1発でパスしたことで、この1カ月も報われたような気もする「白無垢な」私。そして昨日はレースに出走、でも全体は2位だった今日は月曜日、そのプールのお話。2枠目の今週は「考察」、その疲労というところから、こんなお話です。
(これ、誰が「白無垢」やの、アンタは「白無垢」やなくて「毛むくじゃら」なんやろ、ミーシャ!)

 疲労の元になる物質に「乳酸」というものがあります。これは「全力ダッシュする過程で糖がエネルギーとして代謝されてできたもの」というわけです。例えば、こんな練習があります。

 50m  × 8本  (3’00”)   8本ともトップスピード
 
 3本目あたりから脚がパンパンになり、5本目あたりからは肩も回らず、動かない身体にムチを打って追い込むドMなネタです。この練習のとき、身体の中で何が起きているのかというと、糖がエネルギーとして代謝されまくった結果、乳酸が生成されまくり、筋肉に蓄積されまくります。その後、筋肉の中が酸性に傾き、筋肉の収縮が妨げられて、「筋肉動かねーっ!肩回んねーっ!」という感覚(これを「未知なる心の叫び」とか言ってはいけません。)との壮絶な戦い(土)が巻き起こっているわけです。これが「乳酸が溜まっている状態」で、これに耐えろ!動かせ!もっとできる!それがおまえの本気か!?本当の本気を出せよ!!!と心の修造を突き動かす練習が、耐乳酸メニューです。

 でも、ここまで言ってしまうと「それじゃ、乳酸っていらんわけじゃない?」とお考えのアナタ、それだったら、こんなクソ長ったらしい尺を取ることはないんです。実は乳酸も、糖質や脂質と同様にエネルギー源になってるんいます。ただし乳酸は、酸素と結びついて、遅筋や心筋を動かすためのエネルギーなんです。そのため、トップスピードに必要な「速筋」を動かすためのエネルギーにはならないんため、(「有酸素運動」で脂肪が燃えるのと同じような理屈ですな。)速筋だけでタイムを出すのは、どうしたって限りがあるんです。

 だから、「最後のふんばり」を効かせるためには、単発の短距離ダッシュ練だけではどうしても足りなくて、耐乳酸メニューを通して「筋肉の酸化に耐える練習」をしたり、VO2max系(Broken)で「持久力を上げる練習」をしたりして、総合的にレベルを上げる必要があるんです。練習が楽しみになってきたね〜!!!グフフのフ。(これからシーズン・オフの冬場に入りますが、この冬場にどんだけ距離を泳ぎ込むかで大きく変わってきますよ、ちびっ子の皆さん。)

 ということで今日のお話はここまで。私もたまりやすいタイプですが、ここから後はじ~っくりと距離を泳ぐネタが続きます。ドタバタになりましたが、また明日から練習です。
(ほれ、ま~た何をもっともらしいネタ語っとってかな、ミーシャ?)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム