FC2ブログ

一度きりの美女

 さて昨日は実家に行っての「勤労奉仕」という名の「強制労働」、人里離れた山奥で30Kg近いタイヤを上げ下げしていた「歩く起重機」の私。間違ってもその山奥にあるのは「15号管理所」(注釈)とかいうわけでありませんが、今日は月曜日、順番入れ替わっての映画のお話。1枠目の今週は「ボンド」、今日はこんなお話です。
(これ、「15号管理所」って言うけど、この間は「北戴河の山荘」とかいうてへんかったかな、ミーシャ?)

 ボンド映画に必ず出てくる「ボンドガール」、ボンドとは「コインの表裏」のような関係にあるわけですが、そこから今日はこんなもの。

 「一度出た女優は、二度と戻ってこない」

 歴代のボンドガールを並べますと、こんなところで…。

第1作 「ドクター・ノオ」(Dr.No.)                   ウルスラ・アンドレス
第2作 「ロシアより愛をこめて」(From Russia with love)    ダニエラ・ビアンキ
第3作 「ゴールドフィンガー」(Goldfinger)             オナー・ブラックマン
第4作「サンダーボール作戦」(Thunderball)            クロディーヌ・オージェ
第5作 「007は二度死ぬ」(You live only twice)         若林映子
第6作「女王陛下の007」(On her majesty's secret service) ダイアナ・リグ
第7作「ダイヤモンドは永遠に」(Diamonds are forever)     ジル・セント・ジョン
第8作 「死ぬのは奴らだ」(Live and let die)            ジェーン・シーモア 
第9作 「黄金銃を持つ男」(The man with the golden gun)   ブリッド・エクランド/モード・アダムス
第10作「私を愛したスパイ」(The spy who loved me)      バーバラ・バック/キャロライン・マンロー
第11作「ムーンレイカー」(Moonlaker)               ロイス・チャイルズ/コリンヌ・クレリー
第12作「ユア・アイズ・オンリー」(For your eyes only)     キャロル・ブーケ/リン・ホリー・ジョンソン
第13作「オクトパシー」(Octopussy)                モード・アダムス/クリスティーナ・ウェイボーン
第14作「美しき獲物たち」(A view to a kill)            タニア・ロバーツ/グレイス・ジョーンズ
第15作「リビング・デイライツ」(The living daylights)      マリアム・ダボ
第16作「消されたライセンス」(License to kill)          キャリー・ローウェル
第17作「ゴールデンアイ」(Goldeneye)               イザベラ・スコルプコ/ファムケ・ヤンセン
第18作「トゥモロー・ネバー・ダイ」(Tomorrow never dies)   ミシェル・ヨー/テリー・ハッチャー
第19作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(The world is not enough) ソフィー・マルソー/デニス・リチャーズ
第20作「ダイ・アナザー・デイ」(Die another day)           ハル・ベリー/ロザムンド・パイク
第21作「カジノ・ロワイヤル」(Casino Royale)            エヴァ・グリーン/カテリーナ・ムリーノ
第22作「慰めの報酬」(Quantum of solace)             オルガ・キュリレンコ/ジェマ・アータートン
第23作「スカイフォール」(Skyfall)                  ベレニス・マーロウ/ナオミ・ハリス 
第24作「スペクター」(Spectre)                   モニカ・ベルッチ/レア・セドゥ
第25作「ノータイム・トゥ・ダイ」(No time to die)         

 と一作限りで出てくる例が結構あります。ただし、例外もありまして、唯一2作同じ役で出たのはユーニス・ゲイソン、第1作「ドクター・ノオ」と第2作「ロシアより愛をこめて」の2作に同じシルビア・トレンチ役で登場します。また別の役でも主役級のボンドガールを2回演じたのはモード・アダムス、第9作「黄金銃を持つ男」のアンドレア・アンダース(悪役スカラマンガの愛人です。)、第13作「オクトパシー」のオクトパシー役で登場した例はあります。(また第14作「美しき獲物たち」にも、カメオ出演しています。これはアダムスをロジャー・ムーアがかなり気に入っていたからです。)

 今度の第25作もレア・セドゥが2度目を演じるといわれていますが、さてどういう配役になりますか?ちょっと気になる次第です。
(ほれ、今日は早めに寝るんよ、ミーシャ。)

(注釈)15号管理所   北朝鮮、咸鏡南道永興郡耀徳面一帯、耀徳に所在する政治犯収容所のことです。対外的にもっともよく知られている収容所ですが、収容人員5万人ほど、その罪状はチュチェ思想に合わない話や、金日成一族について少しでも否定的に論じたりするなどですが、韓国のドラマをこっそり見たりするなどですが、意外な理由に「金日成の首の後ろにはコブがある」(これはホントのお話、ただし、そんなに厄介なものでもなく「脂肪腫」と言われています。)と言ってここに送られたという例もあります。収容者はおおむね政治犯の家族と大韓民国に家族がいる者、あるいはエリート層、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)の幹部と縁の深い在日朝鮮人帰国者、およびその家族です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム