FC2ブログ

プレミアム

 さて今日は早起きで出ていく都合があるために、この時間から文章書いている「早寝早起き」の私。そのため、昨日のラグビー、よもや、ニュージーランドが負けたというのもさっき新聞見て知ったという今日は日曜日、ミニカーのお話。4枠目の今週は「考察」、最近、私が手を出し始めたこんなもののお話です。
(これ、アンタちゃんと寝てんかな、ミーシャ?)

 元々のメインは私の場合、京商のコンビニ・ネタでした。それが2016年いっぱいでほぼなくなり、後は「落穂ひろい」のように、あれこれとない物を作っていたわけですが、最近は「トミカ」、それも「トミカ・プレミアム」なるものがあります。その前は2001年から、2013年までタカラトミーが発売していたトミカシリーズの一つ、「トミカ・リミテッド」「トミカ・リミテッド・ヴィンテージ」という名前でしたが、現在は2015年からの新シリーズ「トミカ・プレミアム」です。

 「リミテッド」のコンセプトは、実車マニアが見ても納得できるリアリティを追求したトミカだそうです。基本的にはトミカの通常品をベースに彩色やパーツ数を増やしてリアルにした大人のトミカコレクター向け商品、リミテッドヴィンテージは、トミカで製品化されなかった旧車を64サイズで新規金型を起こしたミニカーコレクター向け商品です。お値段はリミテッドで700~800円ほど、プレミアムで900円前後、リミテッド・ヴィンテージが一番高く、2000円前後します。またこのヴィンテージには「ネオ」なるものもあり、元々のヴィンテージが1970年以前の車、ネオが1970年以降の車という位置づけになっています。また製造元の違いがあり、トミカはタカラトミー本体が、リミテッド、ヴィンテージは子会社のトミーテック(元々はトミー(タカラトミーになる前)の一部だったのですが、1996年に分離しました。鉄道模型「TOMIX」で有名です。)が製造しています。

 当然のことながら、通常のトミカよりもコストがかかっています。リミテッドは一部塗分けがあったり、ライトのレンズが別パーツだったり、その他いろいろとあるのですが、一番の違いは「ミラーのあるなし」、通常のトミカにはミラー部分の突起はありません。これは「小さい子供が遊ぶが故に、危険防止のため」という理由からです。そのため、通常のトミカでここをパテその他で後から付け足す方もいます。

 ということで今日のお話はここまで。後から手を出したために「これ、どこまで続くんでしょ?」という手探り状態になっているわけです。収集と収納をうまい事バランスを取らんといかんところですが、今日1日、きっちりと終わらせてきましょ。
(ほれ、今日も頑張りや、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム