FC2ブログ

疑惑のネギ

♪だ~れが、入れたの、有名校、だ~れが、逃がした、兵役を、ダンナはイケメン、補佐官だ~、会見、ながなが、長時間~、K国一のス~キャンダル~、それがチョ・グクだ 天才奇才、何をおっしゃるマスコミさん、あの顔姿 どう見~ても~ 疑惑は確信 まっクロだ~!♪(アニメ「パタリロ!」の「クックロビン音頭」のメロディでどうぞ)さて連日のように出てくるタマネギ・スキャンダル、下手な韓ドラ見てるよりも面白いかもしれない中、昨日は職場の同僚と「しゃぶってきた」私。(決して「薬物」「風俗」の類ではありません。)今日は土曜日、グルメのお話。1枠目の今週は「食材」、この「玉ねぎ男」から、今日はこれしかないでしょうというお話です。
(これ、ま~たアンタもよう考え着くもんやね、全くもう、変な替え歌ば~っかりやってんやないんよ、ミーシャ。)

A525636_2018_001.jpg

 今月はこちら。もうこれしかないでしょう、「玉ねぎ」です。中央アジアが原産とされていますが、日本で栽培されるようになったのは意外に遅く、明治時代に入ってからだそうです。一般にタマネギと呼んでいる部分は根ではなく、葉の根元が養分を蓄えて丸く太った物で鱗茎(りんけい)と言われるものです。ニンニクやラッキョウも同じ鱗茎部分を食べる野菜です。

 一般的な玉ねぎは、収穫後干され、表皮を乾燥させ保存性を高めて出荷されます。これに使われるのは黄タマネギの品種です。一方、新タマネギと呼ばれるものがあります。こちらは、主に白タマネギの品種で、この品種は水分が多く、乾燥処理に向いていないので、収穫後すぐに出荷されます。また、黄タマネギを乾燥処理せずに収穫後すぐに出荷されたものも新タマネギと呼ばれたりします。また、玉ねぎの鱗茎部分だけでなく、春先に葉月のまま出荷される若い玉ねぎも「葉玉ねぎ」または「新玉ねぎ」と呼ばれています。

 使い方は生(サラダなど)、炒め物(酢豚など)、煮物(カレー、肉じゃがなど)、およそ使えないものはないともいえるようなものです。選び方としてはしっかりと乾燥して、持って「重い」ものを選びましょう。

 ということで今日のお話はここまで。今日はお休みですが、なかなかゆっくりできる間もない中です。台風も気になりますが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、アンタも「食べても、食べても『ごはんまだ~?』言うてる」言うて、ママが呆れとったよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム