FC2ブログ

ドイツの白

 さて高校野球も終わり、そろそろ夏も終わりですねと思う中、昨日もラストは大豪雨、そして何をトチ狂ったか「タピオカ・ミックスジュース」を飲んで帰ってきた「タピ喝」の私。今日は土曜日、グルメのお話。3枠目の今週は「ワイン」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタに必要なんは「タピ活」やなくて「生活」と違うか、ミーシャ?)

1438764129wt4TD_convert_20190824044149.jpg


 今月はこちら。「リースリング」(Riesling)というブドウです。ワイン用ブドウの中で古い歴史を持つリースリング種は、ドイツのラインガウ地方が原産地。世界の栽培面積のおよそ半分がドイツ国内にあるほど、現在もドイツを代表する白ワイン用ブドウ品種です。しっかりとした酸味と上質な香りを持ち、爽やかな辛口から甘口のワインまで造られます。また比較的涼しい(寒い)地域で栽培されています。

 粒は小粒な実で小さな房が特徴です。冷涼な気候を好み、比較的寒さに強く、収穫時期がやや遅めな晩熟タイプです。よくシャルドネ種と対抗種的な存在としてあげられますが、世界各地で栽培されるシャルドネに対し、リースリングは栽培地を選ぶデリケートさを持っています。一方で、その土地の特長を如実に表す多様性はリースリングもシャルドネも同じ。どちらも栽培地や生産者の個性を知るには最適のブドウ品種です。リースリングは、シャープかつ豊かな酸とミネラル感があり、フルーティーな味わいのワインに仕上がります。甘口から辛口まで、様々なバリエーションを造り出せることもあって、世界各国の料理と合わせやすいのが大きな魅力です。(「ただ甘いだけ」とかいうイメージを持っている方が多いのもまた事実です。)また熟成されると「ペトロール(石油っぽい香り)」が特長としてあげられます。(とはいえ、決して携行缶に入れて持ち歩いてはいけません。)

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれから、あっちゃこっちゃに行ってくる用向きがありまして、車には気をつけましょうという次第です。
(ほれ、あんましあれもこれもと欲張ったらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム