FC2ブログ

期待してました。

 さて週明けの月曜日、のたうち回るかと思いきや、意外にあっさり終わったお仕事、そこで2週間後に迫った支払いじゃなかったレース(ここで「ジャパンカップ」と言ってはいけません。)に向けて、蹄を研いできた「エッジの」私。今日は月曜日、プールのお話、今週は「番外」ということで、水泳にまつわるこんなテレビのお話です。
(これ、アンタは「エッジ」やなくて、「エッチ」の間違いやないの、ミーシャ?)

 今から20年ほど前までは、夏場になると「アイドル水泳大会」の類のテレビ番組がよく放送されていました。番組タイトルには、「オールスター- 」「アイドル- 」「芸能人- 」「紅白- 」「 -水泳大会」「 -水上(大)運動会」「 -水着美女- 」「 -ビキニで- 」「 -大集合」など類似した名称が多数見られました。といっても、水泳大会とは名ばかりであり、大型プールで芸能人が、発泡スチロールなど浮遊物を舞台とした様々な競技に挑むものです。たま~に、ホントの競泳が出てくることがありますが、どちらかというと、メインは「騎馬戦」とかになりますね。またやたらと「鳴り物」が出てくるのも特徴です。

 この手の番組は、1960年代末に始まったと言われています。フジテレビによる第一回放送は1970年のことで、タイトルは「紅白スター対抗水泳大会」でした。その後、水泳大会はアイドルブームと合わせて放映本数・内容とも高まりを見せたのですが、ここで出てくるお約束の「ポロリ」。 これを狙って、撮影席にはカメラマンが殺到し、人気アイドルはカメラの砲列にさらされてしまいました。(間違っても「電脳写真日記」にのせるためではありません。)(それは「イン×タグ×ム」というんやわ、ミーシャ!)ポロリをテレビ番組や雑誌に公開されたアイドルもいたために、アイドル本人のみならず事務所も慎重になり、水泳大会でも人気アイドルが出演を拒否したり、ビキニをやめてワンピースに移行していきました。こうして水泳大会は本数も激減し、深夜に細々と行われるだけになったのですが、「元祖の」フジテレビだけは昭和の終わりごろから、復権をかけて、年2回放送していました。しかしそれも2003年を最後になくなりまして、一種の自主規制の形で、かつての内容のような水泳大会はもはや放映できなくなってしまいました。

 またその会場は、ほとんどの場合、神奈川県大磯町のプリンスホテル系列の「大磯ロングビーチ」というところで行われていました。『海岸沿いの巨大プール』という堤義明の大学時代の論文を基に1957年(昭和32年)に開業しました。その後、1964年には東京オリンピック(2020年ではありません。)のヨット競技の選手村として「大磯プリンスホテル」が出来まして、この2つが一体となったわけです。

 ということで今日のお話はここまで。こういうネタを書かせたら、朝まで語り倒す勢いですが、今日も静かに吉田類でも見てましょ。
(こら、なんでアンタはこういうネタになると生き生きとするんかね、全くもう、アンタの頭の中をのぞいてみたいんやけどさぁ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム