FC2ブログ

長い長い直線

 さて今日は突然、降ってわいたビラまき、どの時点で片づけるかで大騒ぎの果てに、終わらす分を終わらせてからやるということで、日暮れとのチキンレースをやってきた私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今日はこんなお話です。
(これ、チキンレースってアンタは「チキンラーメン」の方がええんやろ、ミーシャ。)

o0456027111567617973.jpg

130121144441_ni_15_KOR_convert_20181017204126.jpg

 今月はこちら。韓国、全羅南道霊岩にある「韓国インターナショナル・サーキット」です。全長5615m、2010年に開場し、F1の韓国GPが行われていましたが、2013年を最後にF1は採算性の問題を理由に撤退(他にも色々理由はありますが…。)、とはいえ、韓国でのモータースポーツのメッカとなっています。

 コースは今日日のお約束のヘルマン・ティルケのデザイン、しかしアジア最長の1120mのストレート(ちなみに鈴鹿のホームストレートは約800m、西ストレートで1200mありますが、西ストレートはスプーン・コーナーの立ち上がりの関係上、完全な直線にはなっていないため、ここが一番長いということになっています。)があり、各種のスピードで回るコーナーを散りばめたレイアウトは評価が高く、ティルケがデザインしたトラックの中では最高レベルの出来とされています。序盤はストレートが続く高速セクション。中盤は中速コーナーが続き、後半はウォールが近いテクニカルセクションとなります。

 またそのドタバタぶりは許認可でも出てまして、普通、F1レベルの開催を承認する場合はレース開催の90日以前にすべての査察を終了させておかなければなりませんが(根拠規定としてFIAが制定する新サーキット建設及びレースの開催についてのレギュレーション第3条の4項があります。これによると、最終的な立入検査は90日以内に行う必要があるとされ、60日以内には路面に関する全ての作業を終えてなければならないとされています。)、最終が伸びに伸びまして、なんとレース開催10日前に通したというドタバタぶりでした。

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれからちょっとお食事です。今日も1日よく頑張りましたよということで、がっつりと食べましょ。
(これ、それで「終わりはまだまだ先~」とか言うてんやないんよ、ミーシャ。)

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム