FC2ブログ

強い足腰

 さて昨日は大真面目に見ていた女子バレー、まさかの大逆転勝ちに腰を抜かし、さらには今日もまた、大真面目に見ている「お姉ちゃんはいい!」の私。今日は木曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタの目が物欲に歪み切り倒してんのが、傍目で見てたらおぞましいんやわ、ミーシャ。)

o0600042811410470039_convert_20181011210246.jpg

 今月はこの方。サーブ・アンド・ボレーを主体とする選手としては最後かもしれないパトリック・ラフター(Patrick Michael Rafter オーストラリア)です。1972年12月28日、オーストラリア、クイーンズランド州マウント・相座生まれの右利き、バックハンド片手打ちのこの方、9人兄弟の7番目の子供として生まれ、1991年に19歳でプロ入りしました。1994年から男子テニス国別対抗戦デビスカップのオーストラリア代表選手になります。普通、サーブ・アンド・ボレーの選手は比較的「早熟」な方は多いのですが、彼は遅咲きの選手で、現役生活の後半にこそ「世界最高のサーブ・アンド・ボレーヤー」として名実ともにオーストラリアの第一人者となりました。

 プレースタイルはこれぞオーストラリアとも言うべき、サーブ・アンド・ボレー主体です。現代テニスではサーブ、アプローチ・ショットなどで優位を築いて前に詰める(つまり、ボレーを打つ時には勝負はほとんど決まっているわけですな。)のが主流ですが、オーストラリアの場合、伝統的にネットへ詰めることを重視し、勝負はボレーでするという傾向が強く出てきます。このお話は来週やりますが、これをやるには下半身の強さが必要です。(誰ですか?×ットの上とか言ってるのは?)

 ということで今日のお話はここまで。なんとなんと女子バレーは3‐0で勝てば1位通過まで転がり込んでくるという状況になりました。それでは私も残りを見てきましょ。
(これ、ミーシャ。鼻の下伸ばし倒してみてんやないんよ、全くもう!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム