FC2ブログ

一度書いたもの

 さて愛するタイガース、昨日はあのノッポちゃんがまたまた勝ちましたよということで、奇跡の下克上に向けての綱渡りの日々の中で、台風がこっちに向かっている、また留置場から脱走したアナタが350km離れた所で見つかるなどのドタバタの中でこのお話を書いている私。今日は日曜日、ミニカーのお話。1枠目の今週は「市販車」、今日はこんなお話です。
(これ、台風が来るんやから、パパのお手伝いしとってね、ミーシャ。)

P1010683_convert_20120729073601.jpg

P1010684_convert_20120729073618.jpg

P1010685_convert_20120729073633.jpg

 先月のお話、メルセデスの「190E 2.5-16」はその後にレースに出走することになりました。そのレース仕様「190E C1」(1993年)が今日のお話です。一度出たものですが、チョロッと書いてみましょ。

 メルセデスは1993年シーズンからCクラス(初代 W202型)をベースとしたクラス1マシンをDTM(Deutsche Tourenwagen Meisterschaft ドイツ・ツーリングカー選手権 現在のDTM(Deutsche Tourenwagen Masters)とは別物です。)で使用する予定でした。しかし、1992年シーズン途中でアウディが撤退、シーズン終了後にはBMWもDTMからの撤退を決めました。主要エントラントの撤退によって1993年については、その開催が中止になる危険性があったため、メルセデスは次期型モデル、DTM仕様のCクラスの開発を凍結していました。しかしその後、アルファロメオがDTM参戦を発表し、メルセデスも参戦継続を決めました。この結果、DTM仕様のCクラスの開発は1993年シーズンには間に合わず、メルセデスは前年モデルをクラス1仕様にモディファイした190E/C1で1993年シーズンを戦うことになりました。(結局、本命の完全クラス1仕様のCクラス DTMは1994年から登場します。)

  エボ2との違いはまず、巨大なリヤスポイラーが外れたこと、この代わりにリヤウイングがついています。そのほかの修正により、車幅が5cmほど広くなりました。エンジンは前作と同じものですが、マスの集中化のため搭載位置をマシン中央部に寄せ、アルファロメオとは異なり予選用エンジンも用意されました。 ABS、ステアリング、ブレーキのパワーアシスト、エアバッグが装備されたステアリングなどは前作から引き継いでいます。

 しかし、付焼刃的なモデルになってしまったために、完全クラス1仕様のアルファロメオにはかなり不利な戦いを強いられることになります。結局20戦7勝とちょっと不本意なシーズンになってしまい、翌1994年から「本気の」Cクラスを登場させることになります。そのため、C1はプライベート・チームに「型落ち」として回っていました。

 ワークス仕様として6台が用意されましたが、そのうちの2台、車番「1」と「2」はベルリン2000というカラーリングでした。(画像は1992年モデルですが)、2000年のオリンピックをベルリンに招致する企画で車体全面に有名スポーツ選手のサインをちりばめたデザインです。例えば…。

フランツ・ベッケンバウアー(サッカー)
ウルリケ・マイファルト(陸上 走り高跳びの五輪金メダリスト)
ウーベイェンス・メイ(スピードスケート 500m、1000mの金メダリスト)
オラフ・ルードウィッヒ(自転車 ロードの金メダリスト)
ミヒャエル・シューマッハ(F1ドライバー)などなど

ドイツ人以外にも
イアン・ウーズナム(イングランド プロゴルフ)
ジョン・マッケンロー(アメリカ テニス)
ニキ・ラウダ(オーストリア F1)などなどがいます。

ミニカーはミニチャンプスのもの、そして出てくるんだわの諸元はこんなものです。

車名          190E C1

デビュー        1993年
製造          1993年
全長          4562mm
全高          1300mm
全幅          1757mm
ホイール・ベース    2665mm
トレッド(前)     1590mm
    (後)     1555mm
車重          1000kg

エンジン        メルセデス M102 E25/2
形式          水冷レシプロ 直列4気筒 DOHC 4バルブ
総排気量        2463cc
ボア×ストローク    Φ97.3×82.8(mm)
最大出力        375馬力/9,000rpm
最大トルク       30.6kg-m/7,500rpm
圧縮比         10.5
燃料噴射システム    ボッシュ社製 電子制御(KEジェトロニック)
点火システム      電子制御

駆動方式        後輪駆動方式(FR)
変速機         前進6速 マニュアル縦置き(+後退1速)
差動システム      リミテッド・スリップ・デファレンシャル

シャシー        鋼管モノコック
サスペンション(前)  独立懸架 ダブル・ウィッシュボーン式
       (後)  独立懸架 マルチリンク式
ブレーキ   (前)  ベンチレーテッド・ディスク
       (後)  ディスク
ステアリング      リサーキュレーティング・ボール(+パワー・ステアリング)
タイヤ+ホイール(前) 
        (後) 
燃料タンク容量     

ボディ・スタイル    4ドア・セダン
乗車定員        1名

ドライバー       クラウス・ルドウィグ(1)/エレン・ロール(2)(AMGメルセデス)
             ベルント・シュナイダー(11)/ローランド・アッシュ(12)(AMGメルセデス)
             クルト・ティーム(3)/ヨルグ・ファンオーメン(4)(ザクスピード)

 ということで今日のお話はここまで。台風はさてどうなるのか、私も気になる次第です。
(これ、今日は静かにしときや、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム