FC2ブログ

歌のお姉さん

 さて最近、ちょっと日が短くなったせいか、物寂しい気もする私。ウチとこの近所は夕方5時50分になると「夕焼け小焼け」が流れるのですが、それを聴いているとちょっとションボリになる今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「(どう考えてもこの年代が大真面目に語るのは問題のある)ドラえもん」、今日はこんな方のお話です。
(ほれ、みんなもおるんやから、そんなにションボリせんでもええよ、ミーシャ。)

063_03.jpg

 ドラえもんの歌、世代によってポンと出るのは様々ですが、やっぱり「♪こんな事いいな、出来たらいいな~」で始まる「ドラえもんのうた」ですな。1979年(昭和54年)の放送開始以来、2005年(平成17年)まで26年使ったものですが、その2代目のものをやった「山野さと子」という方がいます。1963年(昭和38年)8月2日生まれ、出身は何と大阪、東大阪市です。(ただし、東大阪市となったのは1967年(昭和42年)、その前は河内市、布施市、枚岡(ひらおか)市の3つに分かれていました。)1980年(昭和55年)、コロムビアレコード主催「地球(テラ)へ…」主題歌コンテストでグランプリを獲得し、『ハーイ!生徒諸君』(テレビ朝日系ドラマ『生徒諸君!』オープニングテーマ)で歌手デビューします。1986年から5年間、NHK教育テレビ『ゆかいなコンサート』に司会と歌のお姉さんとしてレギュラー出演。これまでに1000曲以上の童謡・アニメソングをレコーディングし、代表曲に『ドラえもん』の主題歌などがあります。近年は、童謡・アニメソング歌手の第一人者として活躍するほか、保育者向け研修会などの講師も務めています。

 そしてこの「ドラえもんのうた(2代目)」は1992年(平成4年)から2002年(平成14年)までの10年間、使用されました。初代の大杉久美子版との違いは「わずかにテンポが遅くなった」。軽快なテンポの前作とは異なり、少し落ち着いた印象となりました。また、映画の方で先に使われていました。(最初の登場は第10作「のび太の日本誕生」(1989年(平成元年))です。つまり1989年~92年の間はテレビアニメと映画とで曲が違うことになりますな。)

 ということで今日のお話はここまで。私も「かなえてくれる」アナタが欲しいところですが、何ともならん次第です。
(ほれ、あんまし悩んだらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム