FC2ブログ

縦と横

 さて只今、台風がこっちに来るのを待っている私。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、今日はこんなお話です。
(これ、あの長~い入りはどないしたん、ミーシャ?)

 男性、女性で得手、不得手があります。例えば、こんなものが…。
(1)ボールのスピード
速ければ速いほどいいというものの、男性と一緒に練習している女性の場合、逆にそのスピードに慣れてしまっているため、「はじき返す」というより、「当てて、そのボールの力を逆用する」という例が多々あります。またこれは、今日日のラケットの進化にも助けられている点は多分にあります。
(2)落ち幅、逃げ幅
人間の目は左右の変化よりも上下の変化に対応しにくいという点があります。そのため、野球でもスライダーやツーシームといった「横へ逃げる」球よりもスプリット、チェンジアップといった「縦に落ちる」球の方が手が出やすい(イメージとしては田中将大(ヤンキース)を考えてみましょう。真ん中低めにスプリットを投げると大概のバッターは必ず空振りします。)わけです。

 私も得てして、「カウンターをくらいやすい」タイプです。そのため、女性とやる場合は下手にスピードのあるボールを打つことはあまりありません。バックハンドが両手打ちの方が多いため、バックスピンをかけて、相手のバック側に短いボールを打って(これがまた「恐ろしく滑ってる」といわれています。)、前へ引きずり出した後に出てくるトップスピン・ロブ、上背がない相手という特徴にモロに乗っかった「エゲツない」手です。さらにこの変形として、ひたすら跳ね上がる球を打ち倒すという方法もあります。これは上背がない相手にてきめんに効くのですが、力の入りにくい「高い打点」で打たせるため、脚力、スタミナを奪うという「地味~な」やり方です。そこで「ガス欠」状態にして、そろそろとどめか?と思うアナタはまだ甘い。この最初に跳ね上がるボールを打ち続け、そして滑る球で相手を引きずり出して、ロブで元に戻して追いやる」というエゲツない戦法をドストライクにやっていたんです。情け容赦なしにクレーコートで小学生1人、半殺しにしたこともあります。(ホントに終わった後にコートでぶっ倒れたんです。)

 ということで今日のお話はここまで。さて雨はまだ降っていませんが、土曜日はちょっと短い「夏休み」です。とりあえず、明日のお仕事をピシッと終わらせましょ。
(これ、アンタはそんなことしとったんかな?全くもう、アンタが案外「器用」なのはようわかるけど、それで無茶したらいかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム