増える鏡

 さて昨日はこのお話を書いて、1杯ひっかけながら、ウツラウツラしていた「寝る子は育つ シーズン3」の私。そしてそして、昨日ちょっと出た運命の試合、FIFAワールドカップ ロシア行きのヨーロッパ予選のプレーオフ、よもやイタリアがホームでスコアレスの引き分けで60年ぶりにコケたという事に腰を抜かしている今日は火曜日、映画のお話。3枠目の今週は「ドラえもん」、今日はこんなお話です。
(これ、転寝しとったらいかんよ、ミーシャ。)

fueru-mirror.png

 今月はこちら。長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」のスポンサーといえば、アルバムのナカバヤシでしたが(2013年まで)、そのアルバムの代名詞「フエルアルバム」から「フエルミラー」という鏡があります。漫画作品の「かがみの中ののび太」(てんとう虫コミックス5巻収録)に登場します。

 縦長の鏡台状の道具。この道具を使うと、物を2つに増やすことができます。使い方はまず台座にあるスイッチを入れ、増やしたい物をこの鏡に映し、鏡の中に手を入れて増やしたい物を取り出すという手順。ただし、鏡なので左右反転した状態で物が出ます。そのため、貨幣は増やしても使いものにはなりません。(紙幣の場合は通し番号が書かれている為、どのみち使用できませんな。)他にも野球のグローブや時計など、左右逆では不具合のある品物をコピーする場面があります。(という事は、素人考えではコピーした物をまたコピーすればオリジナルと同じ向きになるはずだと思うんですが、それが可能かは不明です。)

 また、ちょっと厄介な点がありまして、それは「必ず使った後はスイッチを切ること」なんです。スイッチが入ったままでは鏡はずっと映ったままになってしまいます。作中では鏡の中ののび太が鏡から勝手に出てきてしまいました。その際に本物ののび太は鏡の中に追いやられてしまい、スイッチを切られて鏡の中に閉じ込められてしまった。鏡の中の世界は真っ暗。鏡の中ののび太は、本物とは性格も利き手も正反対だったが、玉子に頭が上がらない所は本物とは変わっていません。(似たような例は「影切りハサミ」にもありましたな。)

 現実的に、3Dスキャナを使用して立体物を三次元データとして読み取り、これを3Dプリンタで出力することで立体コピーが可能です。材質は出力機械によって決まってしまうのですが、同じ形、色、大きさで物を複製するという意味では実現できたといえます。

 映画の中では道具をコピーする例が多く出てきます。第2作「のび太の宇宙漂流記」では宇宙船が惑星に衝突する危険から、ひらりマントを巨大化させるために、ビッグライトを7つコピーするくだりが出てきます。また第16作「のび太の創世日記」ではこれのコンパクト版「フエルミラー・コンパクトタイプ」も登場しました。

 という事で今日のお話はここまで。今日はお休みなのですが、お外は雨です。たまっている録画その他を見ながらという事になりそうです。
(ほれ、することはしとかんといかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム