ココにいるわよ

 さて今日のお話を書く分でネタを探していると、なんとなんとあの「爆乳根性娘」ハレプが今秋、世界ランク1位になったことに思わず椅子から滑り落ちそうになった「転落の」私。今日は土曜日、テニスのお話。2枠目の今週は「選手」、今日はこんなお話です。
(これ、アンタはオッ×イの大きい人を見ると、なんでそんなに鼻の下が伸びるんかね~、アンタのとこの担任の先生もそうでしょ、ミーシャ。)

ten17012418260008-p2.jpg

 今月はこちら。ココ・デ・パスタ(鉄板ミラカンパスタを社会見学の前に汗だくでLサイズを完食したのは私です。)でも、ココ・山岡(これで「ポロリの芸能人水泳大会」を連想するのは私だけではないはずです。)でもなかったココ・バンダウェイ(Coco Vandeweghe)(アメリカ)という方です。1991年12月6日、アメリカ・ニューヨーク生まれ、右打ち、バックハンド両手打ちのこの方、母親は水泳とバレーボールの両方で五輪代表として活躍したアスリート、祖父アーニー・バンダウェイは1950年代のNBAのニューヨーク・ニックスの選手、叔父アーネスト(キキ)・バンダウェイもまた有名な元バスケットボール選手というスポーツ一家に生まれたこともあって、ジュニア時代からアメリカ・テニス界がかなり大きな期待を寄せられてきました。2008年にプロ入り、主催者推薦枠で登場したUSオープンでは元世界ランク1位のエレナ・ヤンコヴィッチに敗れたものの、ジュニア(18歳以下)の部では優勝しています。

 サービスでは180~190km以上をコンスタントに出し、強烈なフォアハンドを武器とするパワー系プレーヤー。(どことな~く、リンゼイ・ダベンポートにタイプが似ているようにも見えます。)デビュー当初は体格の割にややフィジカルに未完成な要素が大きかったのですが、徐々に完成しつつあり、これでバックサイドにも攻撃力がついてくると、さらなる活躍も期待できるだろうといわれています。

 という事で今日のお話はここまで。今日もお仕事です。最近、救助に走り回っているため、ちょっと疲労もたまる今日この頃です。
(ほれ、ええことしとったら、どこかでええ事あるよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム