オーバーヘッド

 さて今日はサッサとお仕事片付け、お部屋のこぐまとお話している私。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、テニスである程度の練習が絶対に必要な、こんなショットのお話です。
(これ、アンタは案外これ、上手いこと打つね、ミーシャ。)

 俗に「スマッシュ」と呼ばれることもありますが、テニスのショットの中に「オーバーヘッド」と言われるショットがあります。頭上の高い位置にあるボールを地面に落とす前にサービスのような動作で打つストロークのことです。頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分でもあるため、これが弱いと「致命傷」になることも多々あります。スマッシュが上手いというだけで、安易にロブなどを打てないので相手にプレッシャーを与えることも出来ます。

 イメージ的には、サーブと同じ動きになります。ただ、テークバック(ボールを打つための準備)はいりません。サーブを打つ時のように手を上げて、ラケットは肩の位置に背中にかつぐ感じで準備しておきます。(ちなみにミーシャはサーブは下からラケットの重さを利用してグル~ンと回しますが、オーバーヘッドはそんな時間的な余裕がないので、上からスッと回しています。)高く上がったボールの下に、素早く正確に入ることがポイントになってきます。上げている手(ラケットを持っていない方の手、右打ちの場合であれば左手ですね。)を使って、ボールとの位置、距離をはかると正確な位置を捉えられると思います。ボールの真下ではダメです。打点はサーブの時よりも前でとらえるようにします。ダイレクトに上がった場合でもいいですし、あまりに高く上がった場合は、一度落としてバウンドさせてから打つと打ち易いです。(これをグラウンド・スマッシュと言います。ただし、上背のある人にはあまり向きません。なぜなら、上背のある分打点も高くなる、そこまでボールが跳ね上がるのを待たなくてはいけないからです。188cmの方と158cmの方では当然打点は50cm近く違います。)

 また、もう一つ重要な事は、ボールを捕らえる高さです。ラケットを手を伸ばして上に上げた時に、ラケットの面でボールを捕らえる高さがベストの高さです。その高さを覚えておき、その高さまでボールが落ちてきた時にスマッシュを打つようにして下さい。(ただ、高さを稼ぐために「飛ぶ」場合がありますが、この場合は後ろに向かって飛びます。前へ向かって打つ物(俗にいうところの「ダンク・スマッシュ」、サンプラスやフェデラーがたま~にやってます。)もありますが、この場合はやや演出が入っています。)高さを見誤ると、なかなか威力のあるスマッシュが打てません。ネットにもなりやすいです。

 という事で今日のお話はここまで。今週は祝日が2回ある都合、ちょっと変則的な生活になりますが、バランスよく、乗り切りましょという次第です。
(ほれ、この時期にいっぺんに疲労が出るから、気をつけるんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム