桜とデイジー

 さて例の議員秘書の掛け持ち騒ぎ、これはどう考えても当の本人が釈明しないと収まりがつかないような気もする中、昨日は京都、五山の送り火をテレビで見ていた私。今日は木曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今日はこんなお話です。
(これ、静かに見とったの、ミーシャ?)

Misano_World_Circuit_Marco_Simoncelli.jpg

2012MotoGP_rd13_Misano_CI_convert_20170813163401.jpg

 今月はこちら。イタリア、ミサノにある「ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ」(Misano World Circuit Marco Simoncelli)というサーキットです。イタリア東海岸、アドリア海沿岸のミサノという町にあります。2007年より、ロードレース世界選手権(MotoGP)の一戦であるサンマリノ・グランプリを毎年の9月に開催しています。(4輪のサンマリノ・グランプリはここから150kmほど内陸に入ったイモラで2006年まで行われていました。)全長4064m、高速コーナーが設置された前半セクションとテクニカルな後半セクションからなるコースで、どちらの特性にも対応できるセッティングとライディング技術が求められます。海風の影響で絶えず変化する路面コンディションも特徴です。

 1970年から1972年にかけて建設され、同年開業しました。ただし、当時は「左回り」(時計と逆向き、有名どころではイモラ(イタリア)、インテルラゴス(ブラジル)などがあります。)のコースでした。初期の距離は 3488mであり、小さなオープンピットエリアしかありませんでした。この距離の時代、1985年から87年までにサンマリノグランプリを開催しています。1993年に初めての改修が行われ、距離は 4060mまで延長されました。この改修により新しいロングコースと古いショートコースが使用できるようになり、新たな施設およびピットガレージが建設されました。しかし、回収後のこけら落としとなったイタリア・グランプリではディフェンディングチャンピオンのウェイン・レイニーが転倒して背骨を骨折、そのキャリアを終えることになってしまいました。1996年から2001年にかけてピットおよびスタンドが増設され、全ての施設がさらに改良されました。2004年にサーキットへのアクセス道が新設されましたが、2003年に鈴鹿で事故死した加藤大治郎を追悼して、「加藤大治郎通り」(Viale Daijiro Kato) の名が付けられています。2006年には2度目の改修が行われ、この際に現在の右回りになりました。また、マルコ・シモンチェリとは人名で2011年10月にマレーシア、セパンでレース中に事故死した元250㏄クラスの世界チャンピオンです。2011年11月、現在のサーキット名になりました。

 ということで今日のお話はここまで。今日はおうちに帰る日です。たまりにたまったものが気になるところですが、ちょっと楽しみにしてましょという次第です。
(これ、ドア開けたら爆発するから、開けるのは慎重にね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム