え~っと

 さて昨日はお仕事、2日分を片付けてきた「ゲリラな」私。今日は日曜日、ミニカーのお話、3枠目の今週は「ミニカー・ブランド大図鑑」、今日はこんなお話です。
(これ、その「ゲリラ」というのは「下痢ラ」のことやろ、全くもう、パパと2人でビールば~っかりゴクゴク飲んでんやないんよ、ミーシャ!)

logo_welly.jpg

 今月はこちら。今や「世界の工場」ともいわれる中国ですが、ミニカーも製造ラインがここにあることも多く、またそこから生まれたブランドも多々あります。そこから「ウェリー」(Welly)というブランドがあります。1979年に創業されました。工場は中国、広東省にあり、3000人以上の労働者を雇用しています。乱立する中国系ブランドの中でも着実な内容を伴ったブランドです。1/18、1/24、/1/43、1/64と幅広いスケール展開が特徴です。近年のヨーロッパ車をメインとする手堅いな商品展開をしています。最近はクオリティーも向上し魅力的なモデルになっています。最初は1/64サイズから始まったのですが、1990年代には1/24のスケールモデルを開発し、 1/18のスケールモデルを追加しました。また、最近ではラジコンカーなども製造しています。

 そして、只今私が来ている「北戴河」、中国の場合、西暦の末尾が「2」と「7」の付く年はちょっと重要な年になります。理由はその年の秋に5年に1度の共産党の「党大会」(全国代表者会議)が行われ、そしてその直後の第1回党中央委員会全体会議(俗に一中全会と呼ばれます。)において、その後の新指導部のメンバーが決まるからです。また、その最高指導部である政治局常務委員のメンバーは「党大会の時点で68歳以下」という慣例があります。現在のトップ、党総書記、国家主席、中央軍事委員会主席の習近平(1953年生まれ)は今年の党大会の時点では64歳ですので、2022年の次の次の党大会の時点では「引退」しなくてはならないことになります。そこで生まれるのがドロドロの「権力闘争劇」、明日、ここにはウチとこの一門が集まるわけですが、その面子も現当主の実弟、現当主の後見(私の父親)、そしてこの私とちょっと隠然たる勢力を持っている(間違っても台風のことではありません。)わけで、南の現当主にはちょっと「けしからん」というイメージがあるような気もします。(ちなみに私は2002年当時、江沢民の「3つの代表」論になぞらえて、「ここに3つの椅子があります。以前は先代と父親(先代の弟)とその後見が座っていました。そして現在は先代の座っていた椅子に現当主が座り、父親の座っていた椅子には現当主の実弟が座り、その後見の座っていた椅子には父親が座るようになりました。さて、そうしたら私はどの椅子に座ればいいんでしょうか?」とある種の「爆弾発言」をしたことがあります。)

 ということで今日のお話はここまで。今日はこれからドタバタになりそうですが、休めるうちに休んでおきましょ。
(これ、そんな権力欲むき出しでガッツいてんやないんよ、ミーシャ。しまいに「粛清」されるよ、全くもう!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム