爆心地

 さて愛するタイガース、昨日は某投手Iの背信沙汰にスチール缶を握りつぶし、その裏でプールは1人の「居残りのトラウマ」、そして今日は新しく来たパンダちゃんの一撃でとりあえずは勝っていることにやれやれの私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。2枠目の今週は順番変わっての「野球場」、今日、8月9日が長崎の原爆の日という事でこんな球場のお話です。
(これ、また何を無理やりこじつけて書こうというんかな、ミーシャ。)

ビッグN500

nagasaki_convert_20170806204738.jpg

 今月はこちら。長崎にある「長崎ビッグNスタジアム」(長崎県営球場)です。市内中心部の平和公園の中にある1997年開場、収容人員25000人の球場です。両翼99.1m、センター122mの球場です。元々市営の大橋球場という球場があったのですが、狭い(両翼90m、センター115m)、古い(1951年に完成)、危険(外野のラバーフェンスが1mしかない)という事で施設を県に移管して、建て替えることになりました。

 こうして、スコアボードは九州・山口9県では福岡ドームに次ぐ全面電光式(公営としては九州・山口地方9県初)。九州でも随一の設備を誇る野球場として生まれ変わりました。当球場の愛称である「ビッグNスタジアム」は「長崎県民の夢を大きく育む野球場に育って欲しい」というコンセプトの下で名付けられました。開場以来、高校や社会人などのアマチュア野球公式戦が開催されています。開場以来、プロ野球公式戦が行われるようになり、2000年にはオールスターゲーム第3戦が開催されました。 (2018年以降、4年に1度は地方の球場でやる事を決定しています。このため、来年、2018年のオールスターゲームは第2戦を熊本県営藤崎台球場で行います。)

 そして、今から72年前の8月9日、この球場から400mほど離れたところが原爆の爆心地となりました。現在のここの住所は「「長崎市松山町2-5」ですが、当時の町名は「駒場町」。新しい家族が移り住む、新築の家が多い、皆が子どもたちの遊戯会を心待ちにする、和気あいあいとした町でした。しかし原爆で駒場町の建物はほとんどが全焼。町内で唯一即死を免れた女性も、3日後に息絶えました。その後、駒場町は1964年(昭和39年)に松山町に編入され、地図からその名前は消えました。

 という事で今日のお話はここまで。明日の分をさて、どうしようとネタを繰ることになりそうです。
(ほれ、ないんならやめといてもええんと違う、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム