マスオさんのお友達

 さて愛するタイガース、昨日はとりあえず配達員のおじさんがピシャリと押さえたものの、前との間がなかなか詰まらないことに、ちょっと秋風も漂う私。今日は土曜日、グルメのお話。1枠目の今週は「食材」、今日はこんなお話です。
(これ、秋風ってそんなロマンチックなもんやったかな、ミーシャ?)

pic_aut8.jpg

 今月はこちら。「アナゴ」です。決してお隣の席のでいつもボヤいている恐妻家のアナタのことではありませんが、ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を多く含んでいます。多くの種類がありますが、日本で「アナゴ」といえば浅い海の砂泥底に生息し、食用に多く漁獲されるマアナゴを指すことが多いんです。

 料理法としては、ウナギと同様に開き、天ぷら、蒲焼、煮穴子、寿司種、八幡巻(牛蒡をアナゴの身で巻いたもの)などで食べられている。一本丸ごと揚げた天ぷらは天丼や天ぷらそばなどに乗せると丼からはみ出す様が見栄えがし、価格も手ごろなため、名物としている店も数多くあります。江戸時代から東京湾の羽田沖で捕れたものが江戸前の本場物(この辺のくだりはテレビ番組「鉄腕DASH」の「DASH海岸」を見てください。)とされ、現在でも東京湾岸各地で漁場となっています。また、瀬戸内海で捕れたものなども地元や関西地方で珍重されています。(有名なものに兵庫県高砂市(姫路の東隣です。)の焼きアナゴがあります。) 

 また、似て非なるものに「鰻」がありますが、アナゴの違いはこんなものです。
(1)住んでいる場所
アナゴは一生を海で過ごす海水魚ですが、鰻は海で産卵し、ふ化した後に淡水域にさかのぼり、河川や湖沼で成長します。(それ故に四万十川(高知県)などは有名ですな。)
(2)見た目
色はほぼほぼ同じ灰色ですが、アナゴはうろこがなく、白い斑点が一直線に並んでいます。また下っ腹じゃなかった下あごが出ています。逆に鰻は上顎が出ています。尾びれもアナゴはとがり、鰻は丸くなっています。

 という事で今日のお話はここまで。私もスタミナ切れを起こさないように、ニョロっと食べちゃいましょ。
(これ、夏場は食欲が落ちるとは言うものの、きっちり食べとかんといかんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム