こんな相手は嫌だ

 さて今日は雨に降られずにやれやれと思う中、私の補助についている方が「女性」という事で、ミスると「このハ×~!!」と言われそうな気もする、「小心者の」私。今日は木曜日、テニスのお話。3枠目の今週は「戦術」、最近、結構面白いと思うヤクルト・スワローズのマスコット、つば九郎がやる「こんなホニャララはいやだ」にひっかけて、今日はこんなお話です。
(確かにあれは面白いけどね、ミーシャ。)

 テニスの試合、基本的には時間の制限はありません。ただし、ポイントとポイントの間、ゲームとゲームの間、セットとセットの間は時間が決められており、それぞれ20秒、1分30秒、2分と決められています。特にポイントとポイントの間の20秒は意外に色々ありまして、意外に短いものです。(ただし、テレビ放映の上ではトッププレーヤーは20秒以上かかっています。)よくある例で、ボールを20回もついていたら、20秒なんてあっという間です。 さらに前のポイントを取られていたら、20秒で気持ちを整理する必要があります。と言うか、反省するよりも、サービス前は、次のポイントに集中することです。自分のサービスが入ると信じて、サービスの入る立体的イメージを持つことです。

 そこで「こんな相手はいやだ」という事でちょっと考えてみました。
(1)やたらと間延びする方
それしかやるネタがないのか、ポイントとポイントの間を目一杯とって、そのポイントをプレーしようとする方のことですが、こっちが勝っている時にこうされると結構嫌なものです。ただ、負けている場合はこれは結構使えます。少し時間を稼ぐためですが、リラックスする余裕が欲しいのです。 (いわゆる「タイムアウト」というものですな。テニスの試合では奇数ゲームが終わるとチェンジ・オーバーで一度椅子に座ります。この時にあれこれ考えるわけです。)

(2)やたらとセカセカする方
この後、デートにでも行く予定なのか、やたらとサッサとプレーしようとする方のことですが、これもこっちが負けている時にこうされるとついつい「相手のペースに合わせてしまう」ため、気持ちの整理がつかずに一気に突っ走られる危険があります。 (ここで慌てて手を打つと、余計に傷口を広げるきらいがあります。そこで「お茶でも飲んで、考えよう」という余裕が欲しいわけですが、決して、このお茶に睡眠導入剤が仕込んであるわけではありません。)

 それでは今日の締めはこんなところで…。
「リードしている時は、そのままのリズムで、リードされたら時間稼ぎをしましょう。」
という事で、夏休みも始まりましたが、またもやドタバタとしそうです。
(ほれ、暑いから無理せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム