ニョロ、チョロ、ふんわり

 さてようやく1週間が終わり、ちょっとは慣れたかなと思うお仕事、そして昨日は鱧を食べていた私。今日は土曜日、グルメのお話。2枠目の今週は「ミーシャの変態お料理教室」、今日はその鱧から、同じような細長い魚を使ったこんな料理のお話です。
(これ、アンタが「変態」って言うとホンマの事になるんやわ、ミーシャ。)

P016914837_480.jpg

 今月はこちら。この時期の「土用の丑」(決して今日は土曜日だからと言って当て込んだわけではありません。)にもかんできます、簀巻きじゃなかった「う巻き」です。(決して南港、神戸あたりで水死体になっているわけではありません。)お弁当のド定番の卵焼きと鰻をドッキングさせたもの、でも卵焼きってなかなかふんわりと仕上げるのは結構難しいものです。また、真ん中にピシッと入れるのはこれも難しいものです。レシピはこんなものです。

 うなぎの蒲焼  1/4   卵  2個   だし汁   大さじ2
 薄口醤油     小さじ1/4  塩  少々  うなぎのタレ 少々  サラダ油  適量

(1)うなぎは皮をむき縦半分に切り、耐熱皿にうなぎを並べタレを少しかけて600wで20秒加熱します。

(2) ボウルに卵を割りときほぐし だし汁 薄口醤油 塩を入れ混ぜます。 卵焼き器を熱し温まったら油を吸わせたキッチンペーパーで薄く油をひき卵液を少量流し入れ、表面が乾きだしたら火を止めます。

(3)焼き色がついている面を下にして、外へ出して(ここ、ポイントです。)まな板の上に置きます。(1)の工程で2等分にしたうなぎの1本を裏が上に向くように卵の上にのせます。 その上にもう1本を今度は表が上を向くようにのせ、(うなぎの端が片方は細く、もう片方は太いので、上下の細い部分 太い部分が重ならないよう互い違いにのせてください。) うなぎを芯にして手前からしっかりクルクル巻きましょう。

(4)巻き終わりを下にして卵焼き器の向こう側に置きあいた所に薄くサラダ油をキッチンペーパーでひいて、火をつけ温まってきたら卵液を少量流し入れ、表面が乾き始めたら手前にクルクル巻いてのくだりを卵液がなくなるまで何度か繰り返します。 まな板の上に置き少し冷めたら5等分に切って出来上がり。

 という事で今日のお話はここまで。今日はちょっと実家に行く用がありまして、お部屋のこぐまちゃんたちはちょっとおうちでお留守番です。もうすぐ夏休み、「山のおうち」は今日もトトロのおじさんがみんなが来るのを待っています。
(ほれ、トトロのおじさんが「ミーシャはいつ来るんだい?」っていうとってやったよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム