大きい、小さい

 さて連日の暑さ、そして大豪雨、とどめにはFMラジオ局の夫婦喧嘩を巡っての週刊誌との大バトルと思わず「諸積のヘッドスライディング」のようにスカッとさせたい気分の私。今日は木曜日、テニスのお話。1枠目の今週は「名品」、今日はただいま行われているウィンブルドン、「ボールスピードの高速化」というところから、こんなボールのお話です。
(これ、ま~たそんな支離滅裂なネタを無理やりつなげてんやないんよ、ミーシャ。)

rally.gif

 4大メジャーなどの男子のゲームは観ていてつまらなくなったという声をよく聞きます。手に汗握るラリーの応酬や華麗なパッシングショットなどのテニスの醍醐味が少なくなったからです。原因のひとつはラケットの性能向上により、サーブが高速化され、サービスが入ればエースかリターン・ミスかという単調なゲームになってしまったからです。(その例はイヴァニセヴィッチとアガシですな。)そこで、このような現状を打開するために色々な策が検討されました。ネットを高くする、サービスを1本にする、サービスエリアを狭くするなどがありました。それら多くの対応策の中の一つに『ラージボール』があります。2000年度よりITF(国際テニス連盟)が導入している通常より6%大きいボール(重さは同じ、もしくはちょっと軽い)のことです。卓球のピンポン玉も以前は38mmでしたが、現在は40mmになりました。これも同じような理由からです。

 とはいえ、テニスのボールに関する規定はと言いますと…。
色は「白」または「黄色」     表面は均一な布地で覆われていること
重量は56.0g以上59.4g以下  直径は6.54cm以上6.86cm以下(このボールはこの規定の枠の中に納まります。)
254cm±0.3cmの高さから強固な平面に落下させた時のバウンドが135cm以上147cm以下でなければならない
という規定があります。

 特徴は3つあります。
(1)6%(約4.3mm)大きくすることで空気抵抗が増し、ボールのスピードが落ちる。(ITFの資料によると80Km/hのラリーボールは77Km/hにまで減速し、飛距離は約6cm短くなります。)
(2) ボールが遅くなることでストロークの準備(構え)をする時間が多く取れる。(80Km/hのラリーボールの場合、往復で約0.09秒余裕が生まれます。)
(3) ボールが大きいため見やすく(焦点およびトラッキングは15%向上)なります。
これら3つの特徴により、ラリーが多く続き、見応えのあるゲームになるのです。

 一般の方でも、スピードが落ち、構えるの余裕ができ、見やすいため、ラリーが長く続き、ミスも減り、テニスが楽しめるようになります。シニアプレイヤー・ジュニアプレイヤー・初心者・初級者には最適です。実際にラリー、ボレーなどの試打をしてみましたが、最初の感想は『重い』でした。サイズが大きくなっても重さは軽くなったのに『重く』感じるのは当たる面積が大きくなり、『抵抗感がある=重い』 と意識してしまうのでしょう。しかし、ボールは見やすいので、2時間もすれば違和感なくプレイできました。

 とはいえ、現在、これはすでに製造、販売を中止しています。やはり、飛ばないという事が違和感があったためか、卓球のように、完全に置き換わるところまではいきませんでした。そして全然関係ないお話、この7月から私が使用するバッグはこちら。

P1020364_convert_20170625131940.jpg

(15)Pro Tour X(10) countervail
既に錦織圭など契約選手はフレンチ・オープンから使用しているもの、ついに私のところにもやってきました。ただ、ちょっとデザイン的には地味目なデザイン、そのため、ちょっと改造しています。この間の名古屋のメーカーの極秘試打会で、これを持っていてビックリされたこともあります。また10代目という事で「X」(未知数という意味も入っています。)の字をデザインしたものになっています。

 という事で今日のお話はここまで。ちなみに、最初の「諸積のヘッドスライディング」とは、最近気になる千葉ロッテ・マリーンズ、往年の名選手、現スカウトの諸積兼司が雨天中止時のホームのダートサークル上の、水の溜まった防水シートにヘッドスライディングするファンの人気を集めていたパフォーマンスの事です。(大体、こういうネタは助っ人外人さんがよくやるんですよね。)一軍コーチとなった2008年は「雨のヘッドスライディング」が球団イベントとして企画され、その日の試合が降雨ノーゲームとなった際に、ファンからの「諸積」コールと「ピンチヒッター、諸積」の場内アナウンスに応え、「もう40前(1969年生まれのため、ちょうど39歳です。)だぞ」と言いつつ防水シートへのヘッドスライディングを披露していました。私もこのクソ暑い中ですが、「ザブ~ン」と行きたいなと思う次第です。
(これ、ま~たそんなマニアックなネタば~っかり、だ~れも知っとってやないんやからね、ミーシャ。)
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム