爆~速の公道

 さてお外は雨、そんな中、今日も真面目にこのお話を書いている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。3枠目の今週は「サーキット」、今週末に行われるF1からこんなコースのお話です。
(これ、ま~た無理やり埋めるんやろ、ミーシャ。)

XPB_820496_HiRes-941x529_convert_20170621065917.jpg

67de072e_convert_20170621065928.png

 今月はこちら。原油で世界的に有名なアゼルバイジャンのバクーにある「バクー・シティ・サーキット」(バクー市街地コース)です。近年のバクーはユーロビジョン・ソング・コンテスト2012、2015年ユーロオリンピック、サッカーのUEFA ユーロ2020などの国際的イベントの誘致に熱心な姿勢を見せています。また次の次、2018‐19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグの決勝の開催地に立候補しています。(ちなみに2017‐18シーズンはそれぞれキエフ(ウクライナ)、リヨン(フランス)で行われます。またこの開催地は9月のUEFAの理事会で決まります。)そんなカスピ海に面するバクーの新旧市街地を舞台にした左回りのコース。1周約6003mは、F1開催コースの中ではベルギーGPが行われるスパ・フランコルシャン(7004m)に次ぐ長さです。当初の予想は平均速度211km/h、最高速度340km/hを記録すると予想されたが、それよりもっと速い370km/hを叩き出しています。(ちなみに市街地コースの代名詞、モナコ、モンテカルロ市街では160km/hほどです。)本来、市街地コースではダウンフォースを稼ぐ空力セッティング(やたらとバカでかいウイング、数の多いフラップなどをハリネズミのようにおったてるなどがあります。)を施すのですが、バクーは直線区間が長いため、ドラッグを減らす妥協点を見つける必要があります。

 コースはこんなものです。
(1)セクター1(スタート〜ターン7)
直線と90度コーナーを組み合わせた典型的なストリートコース。ターン6〜7間の直線は防護壁を隔ててターン19〜20間の直線と対面走行するような格好になります。
(2)セクター2(ターン7〜ターン16)
ユネスコの世界遺産に認定されている旧市街地「イチェリ・シェヘル」の城壁の周囲を巡ります。北側のシェマハ門付近にあるターン8から11にかけてのスラロームセクションは、車1台がやっと通れるほどの狭さ(道幅7.6m)しかありません。またここは石畳なのですが、臨時にアスファルトを敷いています。(当然レースが終われば、そのアスファルトは撤去します。)ターン14から先は下り坂となり、ターン15の出口はアウト側の壁に当てがちです。
(3)セクター3(ターン16〜フィニッシュ)
海岸沿いの道 (Baku Boulevard) に沿って走る高速セクションで、約2.2kmに渡って加速区間が続きます。またこの長いストレートゆえに、トップスピードも上がるため、何と公道コースではありえね~という370km/hを叩き出しています。

 という事で今日のお話はここまで。この雨ですが、「車を洗うにはいいわね。」という事で、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、そんなとこで妙な「貧乏根性」だしてんやないんよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム