進撃と惨劇

♪身~の毛もよだつ~、悪~夢の連敗~、巨人の選手に~迫る惨劇~、コ~ネと~FA、機~能してない~、ランナーたまる、四球の重~圧が~、「助~けてくれ」と叫~んでいるの~さ~♪(聖飢魔Ⅱ「蝋人形の館」のメロディでどうぞ)さてけしからん某全国紙、ついについに球団ワースト記録の11連敗、それも押し出しで勝ち越し点を献上という、また「ホントの」11連敗にゲラゲラ、しかし愛するタイガースはな~ぜか鯉との差がつまらない中で、この♪ネタを考えている私。今日は水曜日、巨大建造物のお話。1枠目の今週は「野球場」、その巨人からこんな球場のお話です。
(これ、アンタもこういう時に考えるネタはな~んか生き生きとしとるね、ミーシャ。)

CJPQAQ0UMAAn4Fx_convert_20170607061602.jpg

img3ca32503zikdzj_convert_20170607061628.jpg

 巨人の球場と言えば「からくりドーム」じゃなかった「東京ドーム」、来年で開場30周年を迎えますが、その前は「後楽園球場」という球場でした。1937年(昭和12年)に開場、両翼89.7m、センター120.8m、収容人員42300人(最終)の球場です。

 元々自前の球場を持たなかったプロ野球が、球場の確保ということで砲兵工廠の跡地を譲り受け、株式会社後楽園スタヂアム(現 株式会社東京ドーム)を設立、そこに内野2階建てスタンドを持つ野球場が建設され、1937年(昭和12年)9月に開場しました。その後戦時中に、軍に接収されましたが、戦後の1950年(昭和25年)にはナイター設備を設置。1958年(昭和33年)には両翼を78mから90mに拡張するなど施設の整備に努めました。

 1952年(昭和27年)にプロ野球では正式にフランチャイズ制度が導入されましたが、後楽園は巨人、国鉄スワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)、東急フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)、毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、大映ユニオンズ(千葉ロッテマリーンズの前身球団のひとつ)の5球団が本拠地として構えるなど日本一の球場の名をほしいままにしていましたが、1964年(昭和39年)にスワローズが神宮球場に移転すると、残ったのは巨人と東急だけになりました。(東急(日本ハム)がフランチャイズを北海道へ移したのは2004年からです。)施設整備も進み、1966年(昭和41年)には内野に天然芝を敷設し、1970年(昭和45年)にはスコアボードを電光掲示化。1976年(昭和51年)には人工芝を敷設しました。(後ろの2つは日本の野球場としては初めてです。)そして1981年(昭和56年)、巨人と日本ハムという同じ球場を使うチームがで日本シリーズをやったことでも有名になりました。また日本プロ野球(日本野球連盟・日本野球機構)史上、後楽園球場での開催試合数7172試合、本塁打10416本は現在でも球場別ランキングの第1位です。

 そして巨人をず~っと見つめてきたこの球場は、競輪場跡に東京ドームが建設されたことや、施設の老朽化により球場としての役割を東京ドームに譲り、1987年(昭和62年)11月8日に開催された巨人ファン感謝デーのイベントを最後に閉鎖・解体されました。このイベント終了後、スタンドの椅子などを取り外して持ち帰ったファンもいたと言われています。跡地は駐車場として用いられた後、プリズムホールや東京ドームホテルが建設されました。

 プロ野球以外では、都市対抗野球大会の開催地として、1938年(昭和13年)から1987年(昭和62年)まで使用された。コンサートでも数多く利用され、日本初のスタジアム・ライブとなった1968年(昭和43年)8月12日のザ・タイガース公演を端緒として、西城秀樹、矢沢永吉、アリス、キャンディーズ(普通の子に戻りたいと引退、解散コンサートをやったのは有名ですな。)、ピンク・レディー、たのきんトリオなどの国内アーティストの他、エマーソン・レイク・アンド・パーマー、フリー、グランド・ファンク・レイルロード、サイモン&ガーファンクル、マイケル・ジャクソン、マドンナ、スティーヴィー・ワンダー、デュラン・デュラン、ライオネル・リッチー、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなどの欧米のスーパースターが大規模コンサートを行ない、コンサート以外でも日本テレビの「アメリカ横断ウルトラクイズ」などの巨大イベントで使用されました。

 阪神ファンの方にとっては「ランディ・バースが江川からぶっ放した場外ホームラン」(1986年6月26日)で有名です。未だに巣食う「バース原理主義」、去年日本ハムにいたアンソニー・バースの名前を聞いた時、「バースの子供?」と思ったほどです。現在でも往年の阪神ファンからは絶大な人気を誇り、バースの活躍以降、関西のメディアでは阪神の新外国人打者がキャンプやオープン戦で好調な場合「バースの再来」と報じることが恒例になっています。(とはいえ、それで騒がれた選手は、結局ロクなことにならないのがほとんどです。)

 ということで今日のお話はここまで。さてこの連敗劇はいつまで続くのか?頭の中を巨人ファンの知人がぐるぐる回っていますが、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、そんな悪乗りしとったら、しまいにえらいことになるよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム