向かった先は?

 さて今日も早起きでこのお話を書いている「お部屋の」私。今日は火曜日、映画のお話。2枠目の今週は「ミーシャのマニアック映画劇場」、今週は連チャンの「大統領選挙」、その第1ラウンドのエマニュエル夫人じゃなかったエマニュエル・マクロンフランス新大統領から今日はこんなお話です。
(これ、ま~たそんなマニアックなネタを持ってきてんやないんよ、ミーシャ。)

 「フランス史上、最も有名な大統領は?」と言われるとポンと出てくるこの2人、シャルル・ド・ゴール(1890-1970)とフランソワ・ミッテラン(1916-1996)ですが、フランス大統領官邸(エリゼ宮)史上初の女性料理人としてそのミッテランに仕えたダニエル・デルプシュをモデルにした「大統領の料理人」(原題 Les Saveurs du palais)(2012年 フランス)という作品があります。

 あらすじはこんなところで…。
取材に訪れた南極基地で、オーストラリアのTVクルーが遭遇したのは一人の女性シェフだった。彼女は何者で、どこから来たのか。興味を持った取材班たちの前で、少しずつ彼女の素性が明らかになっていく……。自然豊かな田園風景が広がるフランスの片田舎。小さなレストランを営むごく普通の女性オルタンス・ラボリ(カトリーヌ・フロ)を、フランス政府公用車(この当時はルノー・25という車です。)が迎えに来た。オルタンスが連れていかれたのはパリ中心部にあるエリゼ宮殿。彼女はミッテラン大統領(ジャン・ドルメッソン)からの直々の指名で、彼のプライベートシェフに抜擢されたのだ。ところが、官邸は独特の儀礼や規律の世界。厨房も料理を美味しくつくることは二の次で、数々の細かい約束事で縛られていた。さらには代々、男たちだけで営まれてきたシェフたちのヒエラルキーの中、オルタンスは完全に“招かれざる客”なのであった。だがそれでもオルタンスは料理のこと以外は目もくれない。彼らの嫉妬や専横に構わず、美味しい料理をつくることだけに真摯に豪快に突き進んでいく。そんな彼女が唯一気にしていたのは、自分の料理が大統領をハッピーにしているかどうかということだったが、なかなか大統領の声は聞こえてこないし、秘書官たちは大統領が料理のことに割く時間はないといわんばかり。今まで官邸では、食べる人の気持ちを確かめながら料理をつくる料理人はいなかったのだ。オルタンスは、食事の後の皿の様子、給仕たちの観察、そしていくつものメモを書き、あらゆる方法で大統領の気持ちを直接確かめようとする。当初は値踏みするような目で遠巻きに眺めていた同僚たちも、いつしか彼女の料理の熱意と腕前に刺激され、官邸の厨房に少しずつ新風が吹き始める。だが実は、オルタンスのまっすぐで新鮮な料理は大統領の心の中に確かな絆をつくっていた。そんなある日、オルタンスは、ミッテランから直接声をかけられる……。

 なお、このミッテランですが、1981年から1995年までの2期14年(この当時は任期7年でしたが、現在は5年に短縮されています。)の大統領になったわけですが、当初は死刑の廃止、企業の国有化などの社会主義的な政策をとっていました。しかし2度のコアビタシオン(フランス語で「同居」、「同棲」を意味する名詞。転じて、フランス第五共和政において、所属勢力の異なる大統領と首相が共存する状態を指します。1986年、1993年)の後、若干、その路線が右寄りになりました。またこの方は意外にスキャンダラス(間違っても、私の事ではありません。)な一面があり、愛人と隠し子がいた(ここで「ゲス不倫」と言ってはいけません。)とか、1993~94年に相次ぐ側近の死亡(自殺)が実は「ミッテランの意図で行われた口封じ」ではないか?という疑惑などがあります。(ここで「妹の死の真相を話すから」と崖の上に呼び出された兄が、自分の彼女に突き落とされて、手の甲を踏まれているわけではありません。)また2005年に行われた世論調査でも任期14年に対する評価を問うたところ、63%の人が「評価できる」と答え、「評価できない」と答えたのは26%でした。戦後の大統領で最も偉大な人物をあげよという設問では、35%がシャルル・ド・ゴールの名を挙げ、ミッテランと回答したのは30%で2位でした。(EU(欧州連合)の創立に際し、その条約であるマーストリヒト条約をまとめ上げたのはこの方の業績です。)

 ということで今日のお話はここまで。今日の第2ラウンド、韓国はどうなりますか、私も「内憂外患」の中、今日も1日、頑張りましょ。
(ほれ、そんな2時間サスペンスみたいなネタをやってんやないんよ、せやけど、そのモヤはいつか晴れるよ、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム