お皿の色

 さて昨日は職場の歓迎会、年甲斐もなく若手と飲んだ後、電車の駅を降りると、テニスの関係者とバッタリ、「週刊誌ネタだ~!!」とか思っている「プレミアム・フライデー」な私。今日は土曜日、グルメのお話。4枠目の今週は「食べること」、今日はこんなお話です。
(これ、どこがプレミアム・フライデーやの、アンタのネタは「映す価値なし」やと思うんやけど、ミーシャ。)

 最近、テレビでもよく出てくる「お料理の盛り付け」、才能あり、なしを批評しているわけですが、それぞれの効用を見てみましょう。
(1)お皿の材質
a)陶磁器  陶器はホンワカ、磁器はシャープに見えます。  
b)ガラス  ガラスのお皿も光を通したり光を反射して料理が明るく見える傾向にあるそうです。夏は涼しげに見える効果もあります
c)木     木のお皿は優しく温かみのある雰囲気になります。

(2)お皿の色
a)白    無地の白いお皿は、どんな料理にも合い、料理が映え美味しそうに見える代表カラーと言われています。彩りが際立ってキレイに見えます。
b)黒    黒のお皿も料理が美しく見える色と言われています。料理の色とお皿の黒のコントラストが印象的に映ります。また、黒のお皿は料理を高級に見せる効果もあるそうです。
c)その他 青いお皿は盛り付けたものをくっきり浮き立たせる様な印象に。特に紺の様な濃い青のお皿では、コントラストがはっきりするので、お料理が主役の一皿が仕上がります。(よくあるのが吉田類じゃなかったパスタ類です。)また和食でよく出てくるのは「緑色」、笹の葉などのバランと同じ効果が期待出来ます。

 料理を生かすも殺すもお皿次第ということで、落として割ったお皿を予備のものと取り換えて、ごまかそうとしたのを誰かにチクられて大激怒の果てにその皿を叩き割った(映画「続 西太后」にこのくだりがあります。)なんて例もあります。今日の締めは「選ぶのは慎重に」ということでいかがなもんでしょうか?
(これ、ミーシャ。アンタの場合は「人生の選択は慎重に」でしょ、全くもう!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム