世紀の大番狂わせ

 さて昨日は一日雨、そんな中で一日、ちょっとお休みした中、おかげさまで大分と良くなりました。しかし、この先がちょっと気になる私。巨は木曜日、テニスのお話。4枠目の今週は「名勝負百選」、今月はこんなお話です。
(これ、治りかけで無理するのが一番、マズいんやからね、ミーシャ。)

 女子プロテニス史上に残る名選手、マルチナ・ナブラチロワ。この方は数々の記録を持っていますが、その中でも年間最高勝率98.9%(86勝1敗)というのがあります。1983年にたたき出したものですが、その唯一の1敗が1983年のフレンチ・オープンの4回戦、結果はこうでした。

 キャシー・ホーバス  6-4   マルチナ・ナブラチロワ
               0-6
               6-3

 まさかまさかの番狂わせ、第1シードのナブラチロワはここまでの3試合を失セットなし、ここまで連勝中の勢いそのままに圧勝に次ぐ圧勝で勝ち上がってきました。一方、ノーシードのホーバス、これで左利きならこの番狂わせはわからなくはないんですが、右利き、バックハンド両手打ちという「ありふれた」選手、3回戦で第15シード、クラウディア・コーデ・キルシュを倒してこの4回戦まで上がってきました。世間は「ナブラチロワ圧勝」と見ていました。

 しかししかし、この試合は何だか妙な雰囲気で始まります。第1セット、ホーバスが6-4で取ります。(この6-4というスコアは1度相手のサーブをブレークしてしまえばいいわけですので、ある意味、運に左右されるともいえます。)これでも観客は「フルセットを見られるだけ儲けものじゃない♡」とかノー天気に考えています。実際、その次のセットはナブラチロワが6-0.観客も「やっぱり、最後はお約束ね♡」と考えていました。しかしここで一発、名を売ろうとした(?)ホーバスは6-3(これは順番にもよりますが、2回ブレークする必要があります。これはちょっと実力の部分が出てきます。)でこのセットを取りまして、世間は「20世紀最大の番狂わせ」と大騒ぎになりました。

 この試合の後ホーバスは次のベスト8で負け、その後もあまりぱっとすることなく1989年に引退することになります。一方ナブラチロワはこの後のウィンブルドンから4大メジャー6連勝、そして最多連勝記録の74連勝、13大会連続のツアー優勝など数々の記録を打ち立てることになります。

 ということで今日のお話はここまで。今年はこの「番狂わせ」ネタを書こうかなと思いますが、いかんせん、マニアックな選手のネタばかりになりますので、ネタを探す次第です。
(ほれ、あんまし無茶せんようにね、ミーシャ。)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミーシャ

Author:ミーシャ
FC2ブログへようこそ!

コアラの時計

by Animal Web Clock
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム